いやぁ、天は二物も三物も与えるよね。Esperanza Spalding@BLUENOTEを観てきました。

IMG_4580.JPG

 

彼女のソロアルバムは全部持ってますし、ライブもグラミー受賞後のブルーノート東京JAZZと観ており、今回で3回目。普通にファンです(笑)。何がいいって、まぁ言及を避けては通れないその容姿(笑)。まぁ、かわいい!!顔なんか小っちゃくて、それでいて体の線も細くって、華奢(その辺はタルちゃんとは全然違う)。しかし、演奏を始めるや否や、男性顔負けのグルーヴと、何よりもそのヴォイスが素晴らしい。それと毎回アルバムなどもコンセプトが変わり、全く違う表情を見せるその音楽性の広さ。天才という言葉は彼女のためにあるのかも、と独りごちております。

 

そんな彼女の緊急来日。行かないわけにはいきません。初日の1stを拝見していましたよ。会場は満席。2階もいっぱい。さすがに人気ありますねぇ。いつも通り全く来日メンバーなどの予備知識なしで行ったので、今回はどういう構成なのかと思ってステージを見ますと、意外とスカスカ。いつも結構大人数での来日が多かったのですが、今回はギタートリオの構成なんすね。いや、それもまたビックリ。

 

いつも通り、ステージ導線上のカウンター前にハイチェアを出していただき待っておりますと、彼女が目の前を通ってステージに登壇。衣装は赤と青っぽい上下の柄物でパンツスタイルなんでだけど、スタイル抜群。何なら髪型の横幅より体の方が細い(笑)。そして顔ちっちゃ!間近で見ても本当に美人なの。ほれるわー。

 

演奏内容をネタバレしない程度の言っておきますと、決して分かり易い楽曲ではありません。ギタリストはほぼジョンスコ風だし、コード進行も普通じゃない。しかもアウトしているソロが多いから、聴く側にも音楽リテラシーは必要ですね。

今回は比較的ウッドベースメインの演奏で、エレベを持ったのは2曲程度かな。彼女のライブの見せ場は、楽器演奏というよりはやっぱりヴォーカル。ホント素晴らしい!複雑な4ビートやリズムを刻みながらも、ベースはグルーヴしつつ、ヴォーカルはシンガーのそれ。どうしたら、あんな風に歌いながら弾けるのかしら?ソロも歌いながら弾いてましたけど、ベースとのユニゾンとか、完璧なの。歌うことすら難しいラインなんだけど、ウッドと完璧にシンクロしてるんだよね。

 

今回観てはっきりと認識できたのは、彼女はエレベではなくてウッドの人なんだなぁ、ってこと。演奏しているときの雰囲気なども圧倒的にウッド弾いているときの方が様になってるし、体全体を使ってグルーヴしている。エレベではファンキーなラインを弾いてましたが、運指や使用するポジションもウッドのそれでしたし。

 

ちょっとだけ気になったのはその音色。ウッドの箱鳴りが強くミッドが結構ボワッとしてたかな。エレベは5弦フレットレスなんだけど、ワンマイクなこともあり、ある意味粗野な音。以前見たときもfenderJBの音があんまり良くなかったのですが、その辺はあまり気にしないのかな。

 

IMG_4577.JPG

 

IMG_4576.JPG

 

最後ね、アンコールで、ウッド1本で歌ってくれたんだけど、もうね、それだけで多分1時間半のショウができるね。観てても聞いてても飽きない。最高ですよ。マジで私が若くて才能のあるミュージシャンだったら、絶対口説いているね(笑)。

 

彼女の音楽は、間違いなくジャズではあるが、やはり幼少から親しんだクラシックの影響が強く感じられます。本当にオリジナリティのある音楽を作るし、それを表現するスキルも十分にある。もし当日立ち見でもチケットが出るなら絶対に行くべきです!

これからも来日があれば、必ず行きますよ!だって結婚したいミュージシャンNo.1だもん(笑)。

 

最後にエレベのヘッドの写真を上げておきますが、これはどこのブランドなのかしら?ヘッドの形が特徴的なので、分かる人には分かると思うんだけど。ちなみに彼女はストラップをせずに、結構幅のあるベルトにフックをつけてベースをホールドしてました。珍しいよね。衣装の形が崩れるからなのかな。ZZTOPみたい(笑)。

 

IMG_4578.JPG

 

p.s1

だけど、ショックだったのは、左手の薬指に指輪をしているみたいだったこと…。途中から気になってそこばかり見ちゃいました…(T _ T)。

 

p.s2

席に座って待っていた時に声を見知らぬ方から声をかけていただきました。JACOのトークで話された方ですよね?って。少しお話をしたらぐるまんさんのお友達のようでした!世間は狭いですね。ブログも観ていただいているとのことでしたで、こちらで御礼を申し上げておきますね!ありがとうございました!

 

JUGEMテーマ:音楽

どのコンビニのタマゴサンドが自分的なベストなのか?

朝、ワンコの散歩に行くようになって、ときどきではありますが、朝食を摂るようになりました。5時〜5時半ごろには散歩に出るのでお昼までの時間も長く、なんかお腹に入れておこうと思ったのがきっかけです。

 

その朝、食べるものは、その散歩の途中でコンビニに寄って買います。我が家の周辺は比較的コンビニが充実しており、7−11、ローソン、ファミマが数店舗ずつありましてね。毎日、お店を変えつつパンを2個買って、嫁と半分こして食べます。お店によりこれは美味しい!という品はそれぞれあるのですが、どの店でも買ってしまう品もあります。

 

それがタマゴサンド。

 

具だくさんでハズレも少なく、その店にも置いてあるし、朝にはぱったりな感じもする。なので、タマゴサンド+1というが定番です。んでね、先日ふと思ったんです。どのコンビニのタマゴサンドも旨いけど、いっぺんに食べ比べたら、どういう差があってどこが旨いんだろうって(笑)?

 

そこでね、とある週末に、散歩途中にコンビニ3店舗によってそれぞれのタマゴサンドを購入して比べてみました。我が家は割とイベントがないので、こういう実験は盛り上がります(笑)。

 

まずは購入した3品。

 

 

 

上の写真は左から、セブン、ファミマ、ローソンです。

お値段はね、セブンとローソンが220円(税込)、ファミマが198円(税込)です。見ての通りですが、ファミマのタマゴサンドは若干具が少ない。その分、お値段も20円ほど安い感じですね。

 

では、1つずつ検品。

まずはセブンイレブン。

 

 

重さも計っては見たのですが、家のしょぼい計量機では正確なグラムが計れなかったので、割愛します(笑)。パンは比較的しっとり目。これも出来上がってからの時間(乾燥し具合)により差が出てしまうと思いますので、あくまで参考です。でも目は細かめですね。何よりも他との違いを感じたのは、具材の舌触り。とてもクリーミー。さらに具材の量も多いので、意外にもどっしりとした食べ応えはあります。

 

お次がファミマ。

 

 

上のセブンイレブンと比べると量の差は一目瞭然。ある意味、普通のサンドイッチの量かな。パンの厚みはほぼそのコンビニも同じぐらい位なので、食べ比べるとすこしパンの主張が多めに感じます。セブンよりはすこし粗めの具材ですが、それでも比較的なめらかといえるかも。塩気はパンに対して適量。味付け的にはちょうどいい塩梅。

 

最後がローソン。

 

 

量的にはセブンイレブンとほぼ同量。具材の量は多いです。タマゴは若干粗めに仕上がりで、白身などの触感も感じられます。パン生地は若干気泡が大きめ。ざっくりとした触感。塩気を一番感じたのはローソンでした。

 

このね、3つを食べ終わって我が家的なベストを嫁と相談しました。その結果、満場一致(2人だけど)でセブンイレブンがいい。まずはやはりその具材の量と、きめ細やかでクリーミーな触感。塩分は多分薄めだと思うのですが、目が細かいことで具材が舌を包み込み、それでも十分な塩見を感られます。パンも具材との相性は良く、適度なしっとり感がタマゴとよく合います。

 

ということで、タマゴサンドはセブンイレブンを重用しようと思います(笑)。他にもセブンは、フランスパン生地にソーセージを入れた180円ぐらいのパンがとても秀逸。パン生地自体が旨いので、個人的には見つければ必ず買います。あんまり残ってないんですけどね。

 

ローソンの場合には、白い生地のチーズとハムの入った2個入りのパンがオススメかな。

ファミマはたしかオニオンのブレッドで3つくらいの山がついているやつ、あれがいいなぁ。

 

てなわけで、散歩にいくことで、コンビニに詳しくなりつつある今日この頃です。

 

p.s

あとの2社のタマゴサンドも、普通には旨いですよ(笑)。

 

JUGEMテーマ:日記・一般

人は人、自分は自分…って割り切りにくい時代なのかな。

他人の生活や体験がほぼリアルタイムで分かる時代ですよねぇ。

 

TV番組など観てますと、若い子達は消費行動の動機として、インスタ映えするかが指標になってますし、FBなどを頻繁に上げる方は、いつどこで何をしているのか、何となくではありますが分かったりもします。何年も会っていない同級生や友人、同僚に関しても、何故かよくその生活を知ってるし。つまりは、SNSが一般化したことで、様々な年齢層の趣味嗜好や職業による生活環境、経済的なレイヤーが可視化できる、そんな時代。

 

それらを目にしたときに、ついつい思ってしまうのが、「それに比べて自分ときたら…」なんて感情。非常に後ろ向きで暗い気持ちになることも実は少なくありません(元々の性格が暗めなことは置いておいてw)。

 

同世代の方が一線で活躍し、また若い世代が目標に向かって頑張っている姿など、本当に眩しいし、応援したくなります。ただね、そんな情報に接する度に、自分の生きてきた人生の中身の薄さや、努力を惜しんできた後悔、不甲斐なさ、なんて気持ちがふつふつと沸きあがってくるの事実。前向きな人なら、それをモチベーションとして更なる努力を!なんて気持ちにもなるのでしょうが、そうでもない私としては目をつぶってSNSのページを急いでスクロールしてしまいます(笑)。

 

自分のペースで自分なりの進歩を目指す。これが実は非常に難しい時代になっているのかもしれませんね。隣の芝生は永遠に青い。まさにエバーグリーン、常緑(笑)。ただその表層だけを見て、うらやましがったりするほど子供ではありませんが、若い方がたは、焦りやねたみも生まれそうだよなぁ、なんて思ったりもします。

 

より自分という人間の目標なりゴールを明確に設定しておかないと、ヘンな方向に流されることもあるのかも知れない。それはいくつになっても意識すべき…そんな時代なんだろうなぁなんて、ふっと思ったもんでね。

 

いや、ただの独り言です。

 

追記:3月27日

こんな記事がwebに出てました。世の中、大丈夫かな…。

 

JUGEMテーマ:日記・一般