ボード計画そのО戝挟粟?

コツコツとBOXを集めた後、ボードに入れ込んで、ここしばらくは落ち着いております。

今はこんなボードになっています(クリックすると大きくなります)。

 

 

見ての通り、ボードの上、パンパン(笑)。U-兇浪におけないから縦に置いてます…。どうせ掛けっぱなしだから問題ないっす。土台はPEDALTRAIN.Jrを採用(ソフトケース付き)。本当はもう少し大きめのボードにして、さらに入れたいエフェクターもあるんだけど、大きくなると結局持ち運ばないであろうという想像が容易に思いつくので、可搬性を考えた限界の大きさにしております(笑)。

 

信号の流れでいうとね、

Bass→BossOD‐3→Moog Minifooger MF Drive→ZOOM MS-60B(Hampbackモディファイ)→InnerBamboo U-→3Leaf Audio Octavre→エレハモNanoPOG→Ibanez Analog Delay→InnerBamboo B-→Walterwoodsのリターンという感じ。順番に関しては試行錯誤しましたが、識者諸氏のアドバイスを受けてこの流れにしております。

 

これでね、好きな音は大体出せる。ポイントは、まずはOD-3。これはあんまり単体では使わないの。MF DRIVEでシンベっぽい歪で弾きながらさらにプッシュしたいとき、歪みを増したいときに踏むと倍音が出るのでクッキリします。例えばPOGのオクターブ上の音だけを出して、歪み2つ踏んで、ディレイ掛けれると、完璧なギターサウンドが得られます。決してベースを弾いているようには聞こえません(笑)。

 

あとは歪み+MS-60Bのミュートロンとか、そこにオクターバー足すとか、結構組み合わせで得られる音色は多く、さらにそれぞれがきちんと使える音だと自負しています!

電源としては、PEDALTRAINの裏側に、OneControlの小さいやつがくっつけてあります。

 

これだけあれば、ほとんどOKなのですが欲を言うと、ここにさらにMXRのフェイズ90、DODのMEATBOX、エレハモのリングモジュレーター(未所有)、AKAIのDEEPIMPACT、SANSAMPのClassicをくっつけて、スイッチングシステム(未所有)にしたい。

 

 

けど、それは重すぎる(笑)。逆にもう少し軽いセットをもう一つ組みたいとは思いますが、繋ぎ直すのがメンドクサイので、これでいいかとなってしまいます。あとスイッチングの機材は高いしね。そこまで使う機会もないからいいかと。

 

このボードで実は一番気に入っているところは、全部スルーした音が良いこと。ベース本体の美味しいところが出ますし、さらにはローノイズ。これ全部直列でつないでますが、全く問題ありません。

 

古い友人とずっと一緒にバンドやろうね!といいつつも遠方なこともありなかなか実現できてませんが、一回これ持ってそば食べがてら行くから、その節はよろしくお願いします!

 

P.S

ということで、一旦は組みあがりました。諸々ご意見いただきました千葉さん斎藤くん、組み込みをお手伝いをいただきましたイシバシの福田くん、ありがとう!初期不良だったIbanezのディレイも基盤替えてもらったら問題ないっす(笑)>業務連絡

 

JUGEMテーマ:音楽