BlueNoteJazzFesの心の赤字埋めてきました(笑)。

今年、本当に楽しみにしていたイベント、ブルーノートジャズフェスティバル。

 

ドナルド・フェイゲンを個人的には初めてナマで見られる機会だったのですが、ご存知のようにウォルター・ベッカーの訃報を受けて来日キャンセル。そしてフェス自体も中止となってしまいました。まぁ、残念…。他にも見たいバンドやアーティストも沢山いたのですが、それからも見られずじまいでした。

 

そんな傷心だった昨今、その心のスキマを埋めてくれそうなイベントがあるとのことで、先日、そのライブを拝見してきました。バンド名はズバリ「SteelyShodan(初段)」(笑)。知る人ぞ知る、スティーリー・ダンをリスペクトする強者が揃う有名なカバーバンドです。お名前だけは以前より存じ上げており、一度観たいなぁと思っておりました。

 

このバンドに今回お友達の宮さんが参加することのことでしたし、また他のセッションなどで知り合いになりましたみーたんさんもいらっしゃいます。どんな演奏を聞かせてくれるのか、本当に楽しみ。あとね、対バンがもうひとバンドあったのですが、こちらは「TrinityAirBlue」。トリニティさん率いるバンドで、以前も一度拝見したことがあります。超絶技巧のバンドでハードフュージョン的なサウンドです。ベースは以前うちにも遊びに来てくれた竹村さん。そういう意味では、知り合いがたくさん出ている俺トクなライブですよ(笑)。

 

会場に入るとね、もう満席(笑)。すごっ。

入り口で宮さんやみーたんさん、竹村さんがいらっしゃったのでご挨拶。行くとは言ってなかったのですが、私をみて、宮さんが「んじゃ真面目に弾かないと」と。いつも真面目に弾いてるでしょーが(笑)。楽器屋の試奏ですら、いろんなグルーヴを聞かせてくれる方なので、超期待してますよ(笑)。

 

何とか席を見つけて着席。しばらく待って開演。初めて拝見したのですが、このバンドは本当にすごいですね。まずはちゃんとスティーリー・ダンを再現するべく、メンバー構成が豪華。Vo&Key、G、B、Dr、Keyに加え、Ts、As、Tpの3管と、Choが女性3人。計11人(笑)。決して広いステージではないので、メンバーがはみ出してますね(笑)。

 

 

 

 

これがね、流石に年季の入った演奏で抜群の再現性(笑)。コーラスも管のハモリもとても気持ちいい。そして何より良かったのが、Voのシュガーさん。ドナルド・フェイゲンの声って、意外とありそうでなさそうな声で、スティーリー・ダンやドナルド・フェイゲンのカバーって、歌がハマらないと気持ちよく聞けないことが多いのですが、その辺の違和感が全くないんですよね。うまい!目つぶって体を揺らしながら気持ちよーく聴いてましたよ。それにみーたんさんのギターもとてもよく謳うし、音色もいい。ソロもバッキングもバッチリ。こういう音楽を体にしっかり入れている方々の演奏は自然体なので、聴いてるこちらもリラックスできますね。テナーのソロも良かったなぁ。

 

宮さんのベースは65年PB。いい音してますね。ここのところ個人的にはPBブームなので、良いPBの音を聞くと本当に勉強になります。適度なハイを感じさせつつ、耳障りにならないいい塩梅。グルーヴさせるのが難しい曲も多いと思うのですが、その辺はさすがですよね(笑)。時々入るオブリガードなんかも小洒落てて、「そうそう、こう言うの気持ちいいよね!」と素直に思わせてくれます。

またぜひ拝見したいですね。

 

んで、次のバンドTrinityAirBlue。この日のセットリストはチック・コリアからトライバルテックから、名前がよくわからないという謎の曲まで、ハードフュージョン、プログレッシブジャズといった趣きの曲満載。本当に難しい曲ばかりだと思うのですので、皆さん楽そうに弾きますね。ギターの方もドラムの方も本当にうまいし、ソロとかも聴かせますよ。もっとたくさん聞きたかったなぁ。

 

 

あと、意外だったの最後の曲がYMOの東風だったこと。TrinityさんはYMOが原点なんですね。MCでそう話されてました。私と一緒だ(笑)。しかもキーボード独学ってすごい。ある意味、この人は天才なんじゃないかな。独学であんだけ弾けるって普通いないし、キーボードでのドラムソロ(この日はしかなったけど)、シンセベースやスラップ的な演奏、ギター・ソロとかね、もうねビックリですよ。まるでその楽器を演奏しているようにキーボードで演奏されるんですよね。未見の方、ぜひ一見の価値アリですよ。ぜひ機会を見つけて見てみてください。感動します!

 

ベースの竹村さんはこの日は難しい曲が多いとのことで、コッポロ5弦を使ってました。やっぱり音いいですよね。ラインがクリアだし、聞きやすい。きっと弾いていてもストレスが少ないんじゃないかな。しかし、あの難曲の数々をリハ1回だけっていうから、恐ろしいですね(笑)。私だったら10回リハしても自信ないわ…。譜面見ながらでしたけど、難なく演奏してました。こちらもさすがっすね。またぜひうちに遊びに来てくださいな。

 

ということで、ブルーノートジャズフェスのフラストレーションが精神的には解消されましたよ!ありがとうございました!また機会があれば拝見しに行こうと思います。

 

JUGEMテーマ:音楽