ボード計画その▲┘侫Дターを買う。

POGを導入してからしばらく。ネットで様々なエフェクターのサイトなどを見ております。いままで竿ばかり追ってきた身としては、とても新鮮です(笑)。世の中にはどのぐらいの数のエフェクターがあるのでしょうかね。きっとものすごい数なんだろうなぁ。

 

そんな中でも特に多いと思われるのが歪み系。オーバードライブからディスト―ション、ファズなど。それにサンズアンプ的なプリアンプでの歪みまで加えたら、膨大な数が世の中にあふれてますね。個人的には、そんなに必要としていないエフェクターでした。なので、過去所有したことはほとんどない。ドライブさせてゴリゴリ弾くようなバンドは全くやってませんし、センスの良い歪みを作るのってきっととても難しいような気がしてましてね。

 

なので、買おうと思ったことがなかったのですが、先日お伺いしたベース会で鈴木渉さんが導入していた歪みがとても良くて。それは、ベースをロック的な音にするためのものではなくて、どちらかというと真逆のシンセベース的なアプローチをするために組み込まれていた物でした。私が出したい音もそっち方向。なので、どこのエフェクターか興味深々です(笑)。ちなみに彼が使っていたのはこれ。

 

ZVEX MastoTRON

 

粒のコマかい歪みで、音痩せもなく、左手のフィンガリングでニュアンスをつけてあげるとアナログシンセみたいな感じになる。エレクトロとかEDMっぽいアプローチ、横ノリのHIPHOPライクなものにはとても合うように思いました。比較的値段的にもこなれてますし、入手しやすそうです。んじゃこれにしようか!と、普通なら逝ってしまうところですが、この実は催しの数日前に、サウンドハウスに注文してしまったブツがあり…。もうちょっと待ってからオーダーすればよかったと悔やみつつも、まずはそいつが届くのを待つことに。ネットでは1か月以上は入荷までかかりそうなことがかいてありましたが、1週間程度で家に届きました。それがこれ。

 

Moog Minifooger MF Drive

 

例によってマイケル・リーグがwebでインプレをしてた機種だったんで良いのだろうという思い込みだけです(笑)。事前に動画で確認できると通販でも安心ですね(笑)。本当は試奏して買いたいけど、これに関して言うとあまり在庫している店がないみたいなんで仕方ないっすね。

 

 

音に関してはこの動画を見ていただくのがいいと思いますが、ブラス的であったりムーグ的であったり、いろいろと形容できるか思います。やはり粒のきめ細かい感じの歪みなので、左手でうまく歌わせることができれば、アナログシンセ的なアプローチも可能です。ベンドっぽいフィンガリング(1音ぐらいの幅で大きくスライドヴィブラートをかけたり)すると気持ちいいですね。

これ単体だと比較的明るい歪みではないので、ソロ向きではないかもしれませんね。この動画でもやってますが、ソロ向きにゴリゴリに歪ませるためには、もう1台倍音ができるタイプが欲しいかもしれませんね。

 

この手のサウンドが欲しい人にはオススメできるかな。あと意外と見た目も好きです(笑)。ストンプボックスは見た目、大事ですからね(笑)。

 

 

p.s

このエフェクター、サウンドハウスで買いましたが約2万程度。私全然知らなかったのですが、どこかの楽器店のeコマースで、在庫処分で1万ぐらいで売っていた模様。事前のリサーチは大切です…。

 

JUGEMテーマ:音楽