FENDER USA PrecisionBass 1978年製

 

 

まずね、写真見て似たようなヤツ、持ってるじゃん!?と思われた方、正解です(笑)。しかしね、以前ここで紹介したfenderJAPANの超軽量PBはすでにうちにはありません。山本連くんが家から引き取っていってしまいましたので…。うちにあるベースが試奏の上、アーティストに嫁いでいくことは、ままありますので(笑)。

 

ということで、こちらはJAPANではありません。見ての通りのUSAでS8シリアル。そして中身も間違いなく78年のブツ。しかし、こいつ、本当にキレイでしょ?大切に使われてきたんでしょうね。前オーナーの方が劣化(サビとかメッキ剥がれとか)したノブやストリングスガイド、ネジなどを新しいものに変えております(オリジナルは全部付属)。主要パーツである、ペグ、フレット、ピックアップ、ポット、ジャック、コンデンサ、ブリッジなどはすべてオリジナルの状態。さらに素敵なのは、70年台後半のアッシュPBにして、4.2Kg。ウェイトバランス良。見ての通りの木目よし、大きなキズなしという理想的な逸品っすよ。

 

ここ最近はこの年代も結構お値段が張るようになってきました。昔はユースド扱いだったのですが、今ではすっかりヴィンテージと呼ばれてます。まぁ考えてみればこの楽器でも40歳は超えてますし、そう呼ばれても違和感のない年代になってしまいましたね。近年は改造のあるものや状態が悪いブツでも20万を超えるものも少なくないし、JBならば30万オーバーもある。ということで買うなら今かなーとは思ってましたが、いい出会いに恵まれました!

 

詳細の写真を見てみましょう!まずはピックアップ周り。

 

 

本当にキレイな状態。最初はリプレイスかと思いましたが、ポールピースに乗っている塗膜がこの時代のそれですよね。サビも全然ありません。ケースはほぼ傷もなくキレイです。

 

 

コントロールノブは前述しましたように、近年のリプレイスに交換してありますが、オリジナルに戻してあげてもいいかなと思います。ヤレも味わいですし。

 

ブリッジも当然オリジナル。保存環境が良かったのか、基本的にパーツそれぞれの状態は悪くありません。

 

 

んで、このネック。

 

 

よく見るとバーズアイで出てますね(ヘッド写真をクリックするとわかりやすいです)。ネックのグリップはうちにある59年や60年代などに比べると厚みがありますね。幅は同じようなもんだろうと思いますが、この厚みがかなりガッチリとした印象を与えます。特にフィンガリングしにくいとか、そういうことはありません。

 

 

そしてネック裏もキレイなもんです。こういうの、気分いいです。時々打痕やゴム焼けの酷い個体を見かけますが、そういうのはやはり扱いが良くない結果、どこかしらに不調がある個体が多いような気がします。

 

バックショットついでにボディバック。

 

 

本当によい木目(笑)。センター合わせではないアッシュの2ピースですね。ホワイトアッシュの激重個体が多い中では軽量な方だと思います。寄りの写真を見るととても目が詰まっているので一見結構重そうにはみえますけどね。

 

 

 

音に関しては、わかりやすく70'sPB。ゴリッとしててハイもあります。個人的にはスラップ全然ありな音。しかしね、重量のせいなのか、ミッドもそれなりのあるので、指弾きだとファットなサウンドです。この辺がJBのフロントとは違う気がします。

 

ここのところの個人的PBブームは収束せず継続中です。PBってエフェクトのノリもいいし、それぞれに個性もある。今までここまでPBばかりを集中的に使ったこともなかったので、知れば知るほど奥深く新鮮です!

最近、楽器屋さんでまたJBとPBのどっちが売れるのか?という質問をよくします。市場に供給されている本数はきっとJBのほうが多いので、全体的にはそっちの方が売れているのだと思いますが、足が早いのはPBだというご意見を少なからず伺いました。確かにここしばらくライブなどでベーシストが使用しているケースは昔より多いかな。比較的若い方が使っているような気もします。いま、売れているバンドでもPB使用者が多いですから、そういう影響もあるのかもしれませんね。とにかくPB、最高です(笑)。

 

んで、このS8はうちに残したいなと思ってます!きれいで音の良い個体も減ってきているので、よい出会いに恵まれてラッキーでした!

 

p.s

あとこの年代のこの色が欲しかったミーハーな理由がありまして…。その辺はまた近々。次回のエントリも違うPBネタです(笑)。

 

JUGEMテーマ:音楽