そういえば紹介忘れのベースが2本…。FENDER USA JazzBass 1977年製 その2

さてさて、詳細を見てみましょう!

 

 

 

まずはピックアップ近辺から。少し緩めのザグリがいかにもこの時代ですよね(笑)。フェンスなどは取り付けてませんが付属しております。あと、パーツ交換などはないフルオリジナル状態(だったと記憶してますw)。なかなかよい佇まいです。

 

 

現状、ネックはほぼフラットで、弦高はブリッジ側である程度調整。1弦で1.8mmぐらいで4弦が2.5mmぐらいかな。他のベース同様

の高さにしてます。プレベはもうちょい高めにしてますが、JBはスラップもするし、このぐらいが個人的に使いやすく、また音色、テンションも好きです。

 

 

ま、特にコメントとすることもないこの時代のローズ指板とブロックポジション。大学生の頃はドットより、こっちのほうが好きでした。んでバックショットも上げましょう。まずはネック/ヘッド裏。

 

 

 

細かいキズなどはあるものの、大きな打痕などもなく、とてもキレイな状態です。ヘッドもキレイだし、ペグも重くなく、カクリもありません。次はボディバック。

 

 

いいでしょ(笑)?キレイです。使われてきているので、コンター部分などはうっすら塗装が薄くなってきているような気はしますが、大きなバックル傷や塗装ハゲもないので、大切に使われてきたのでしょうね。そういう楽器はきちんと都度都度調整されているし、変な癖もなく、総じて音がいいもんです。

 

 

この時代の特徴、3点留めのネックプレイト。マイクロティルトは効かせてあるかないか程度。ネックズレなどのトラブルも多い構造ではありますが、ネックの仕込み角を手軽に調整できるアイディアは素晴らしいですよね。見た目の実は好きだったりします。

 

 

近年ね、なぜかこの時代の楽器のタマが少ないような気がしています。デジマートやヤフオクをみていても70年代前半の物は比較的見かけるのですが、70年代後半はあまり見かけない。特に77年は少ないかも。マーカスのせいなのか、それとも単純にS8シリアルが多いので(79年あたりまでは使われてましたしね)そう感じるのかもしれません。私がよく行く楽器屋さんもいくつかありますが、あまり在庫では見かけない気がします。70年代前半の値段も以前より高いので、その辺は放出があるけど、この辺はこれからになるのかな?ただいい状態のブツはもうすでにそこそこお高いですよね。特に海外サイトだと。

 

大切に使いながらしばらく楽しませてもらおうと思います。このJBのを弾いていると本当に昔やってたバンドとかいろんな思い出が蘇ってきて、時間が経つのが早いです(笑)。

 

JUGEMテーマ:音楽

そういえば紹介忘れのベースが2本…。FENDER USA JazzBass 1977年製 その1

ほんとにね、何回この年代のJBを買っては売り、買っては売りしてるのか…。自分でもよく分からなくなるほどですが、結局、この年代の音は好きなんだと思います。60年代とは全然違うし、70年代前半とも違う。そして、個人的には割とリアルタイムで刷り込まれている音もあるし、生まれて初めて買ったfenderJBがこの時代のモノであったことも大きいと思います。

 

ということで、まずはいつも写真から。

 

 

 

実はこのベース、もう所有して多分1年ぐらい経つんじゃないかな。以前ここで紹介しました同じく77年のメイプル指板としばらく被って所有していたのですが、そちらは知人の凄腕ベーシストに嫁いでいきました。なので、現在70’sJBはこれ1本だけです。

 

まずこの楽器の特徴はいえば、その重量ですかね。この世代は5kgオーバー当たり前。うちにあった前述のメイプルJBは5.3kg。それはそれで音もよく、この重量じゃないと出ない音もあり、私はかなり気に入ってました。が、やはり座って弾いていても長時間になると太ももの血流が止まります(笑)。よる年波には勝てない。ということもあり、少し軽いこの年代を探して買ったんですよね。重量は4.2kg。この時代においては軽め。取り回しはいいです。

 

んで、音はといえば…。やはり重量のあるメイプルの音色(いわゆるマーカスサウンド)的な質感は少し薄い。でもキレるハイは十分にありますね。そして少しだけダークなサウンドはある意味使いやすい。パッキパキのサウンドよりも若干の落ち着きあるとでもいいましょうか。ただ当り前ですが、指板が違うだけで後のコンストラクションは同じなので、ネック材とボディ材の個体差はありますが、傾向は同じですね。

 

もう一つ特徴的なことはというと音が小さめな点。多分この時代のピックアップに時々みられることなのですが、ゲインが低いんですよね。家にある他のJBがと比べても音は小さい方だと思います。先に紹介した生まれて初めて買った78年JBも同じ特徴がありました。大学の後輩で卒業後の当時はオリジナルラブにいた小松くんが私のベースをレコーディングに使いたいと言って貸したことがあったのですが、やはりゲインが低いということで使われなかったと後から聞きました。

それだけ聞くととても残念なベースに聞こえるかもしれませんが、決してそうではありません。当時のね、ライブなどで録ったラインでの録音を聴くと、それはそれは素晴らしいサウンドをしていました。それもプリアンプも何も通さない直の音で。その当時のことを思い出させてくれたベースでもあります。

 

あとね、圧倒的にプリアンプとの相性がいい。うちのは外付けのTCT/w375ですが、これが本当に気持ちいいよね(笑)。私がTCTが好きだということは間違いないのですが、聞き慣れた音がするので使いやすい(笑)。アクティブJBを持っていないので、この組み合わせは重宝してます。持ち出すのもヴィンテージに比べてれば気軽だしね(笑)。

 

ということでそれなりに長くなってしまいたので、詳細写真は次回エントリで。

 

JUGEMテーマ:音楽

FENDER USA PrecisionBass 1978年製

 

 

まずね、写真見て似たようなヤツ、持ってるじゃん!?と思われた方、正解です(笑)。しかしね、以前ここで紹介したfenderJAPANの超軽量PBはすでにうちにはありません。山本連くんが家から引き取っていってしまいましたので…。うちにあるベースが試奏の上、アーティストに嫁いでいくことは、ままありますので(笑)。

 

ということで、こちらはJAPANではありません。見ての通りのUSAでS8シリアル。そして中身も間違いなく78年のブツ。しかし、こいつ、本当にキレイでしょ?大切に使われてきたんでしょうね。前オーナーの方が劣化(サビとかメッキ剥がれとか)したノブやストリングスガイド、ネジなどを新しいものに変えております(オリジナルは全部付属)。主要パーツである、ペグ、フレット、ピックアップ、ポット、ジャック、コンデンサ、ブリッジなどはすべてオリジナルの状態。さらに素敵なのは、70年台後半のアッシュPBにして、4.2Kg。ウェイトバランス良。見ての通りの木目よし、大きなキズなしという理想的な逸品っすよ。

 

ここ最近はこの年代も結構お値段が張るようになってきました。昔はユースド扱いだったのですが、今ではすっかりヴィンテージと呼ばれてます。まぁ考えてみればこの楽器でも40歳は超えてますし、そう呼ばれても違和感のない年代になってしまいましたね。近年は改造のあるものや状態が悪いブツでも20万を超えるものも少なくないし、JBならば30万オーバーもある。ということで買うなら今かなーとは思ってましたが、いい出会いに恵まれました!

 

詳細の写真を見てみましょう!まずはピックアップ周り。

 

 

本当にキレイな状態。最初はリプレイスかと思いましたが、ポールピースに乗っている塗膜がこの時代のそれですよね。サビも全然ありません。ケースはほぼ傷もなくキレイです。

 

 

コントロールノブは前述しましたように、近年のリプレイスに交換してありますが、オリジナルに戻してあげてもいいかなと思います。ヤレも味わいですし。

 

ブリッジも当然オリジナル。保存環境が良かったのか、基本的にパーツそれぞれの状態は悪くありません。

 

 

んで、このネック。

 

 

よく見るとバーズアイで出てますね(ヘッド写真をクリックするとわかりやすいです)。ネックのグリップはうちにある59年や60年代などに比べると厚みがありますね。幅は同じようなもんだろうと思いますが、この厚みがかなりガッチリとした印象を与えます。特にフィンガリングしにくいとか、そういうことはありません。

 

 

そしてネック裏もキレイなもんです。こういうの、気分いいです。時々打痕やゴム焼けの酷い個体を見かけますが、そういうのはやはり扱いが良くない結果、どこかしらに不調がある個体が多いような気がします。

 

バックショットついでにボディバック。

 

 

本当によい木目(笑)。センター合わせではないアッシュの2ピースですね。ホワイトアッシュの激重個体が多い中では軽量な方だと思います。寄りの写真を見るととても目が詰まっているので一見結構重そうにはみえますけどね。

 

 

 

音に関しては、わかりやすく70'sPB。ゴリッとしててハイもあります。個人的にはスラップ全然ありな音。しかしね、重量のせいなのか、ミッドもそれなりのあるので、指弾きだとファットなサウンドです。この辺がJBのフロントとは違う気がします。

 

ここのところの個人的PBブームは収束せず継続中です。PBってエフェクトのノリもいいし、それぞれに個性もある。今までここまでPBばかりを集中的に使ったこともなかったので、知れば知るほど奥深く新鮮です!

最近、楽器屋さんでまたJBとPBのどっちが売れるのか?という質問をよくします。市場に供給されている本数はきっとJBのほうが多いので、全体的にはそっちの方が売れているのだと思いますが、足が早いのはPBだというご意見を少なからず伺いました。確かにここしばらくライブなどでベーシストが使用しているケースは昔より多いかな。比較的若い方が使っているような気もします。いま、売れているバンドでもPB使用者が多いですから、そういう影響もあるのかもしれませんね。とにかくPB、最高です(笑)。

 

んで、このS8はうちに残したいなと思ってます!きれいで音の良い個体も減ってきているので、よい出会いに恵まれてラッキーでした!

 

p.s

あとこの年代のこの色が欲しかったミーハーな理由がありまして…。その辺はまた近々。次回のエントリも違うPBネタです(笑)。

 

JUGEMテーマ:音楽