久しぶりにこの感動を伝えたいと思ったライブ。MOONCHILD@BLUENOTEを観てきました。

ライブレポートは全然書いていませんが、今だにちょこちょこ足を運んでおります。やっぱりどのライブを見てもプロの演奏は納得感や説得力はある。でもね、この感動を伝えなければ!とか、自分の感情を書き留めておこう!という義務感に駆られるライブはそう多くはありません。久しぶりにそんな感情を抱いたライブを拝見しましてね。このブログを見に来るような方ならご存かもしれません。

 

MOONCHILD

 

そうです。ESCAPEやアネモネのヒット曲を持つ日本のロックバンド。

…ではなく(笑)、グラスパー以降のニューチャプター系ジャズの取り入れた新世代ネオ・ソウル・バンド“MOONCHILD”。ちなみに日本の「MOON CHILD」とは表記が異なっていまして、こちらはMOONとCHILDの間に半角スペースないようです。ここで区別できそうですね。ま、どうでもいいか(笑)。

 

初めて拝見することもあり、とっても楽しみにしていたんですよ。アルバムは全部持ってますし、その音楽性の高さは充分承知していたのですが、エレクトロニカ的な質感もあるので、果たしてライブや如何に?と思っていたんですよね。それがもう完璧にやられちゃいました!

 

 

ステージはね、こちらの動画と同じような編成。メンバー3人にサポートのドラムを加えた4人編成。センターヴォーカルで左右のキーボードが1台ずつという極めてシンプルな構成。このセットであの世界観が表現できるのかなぁなんて一瞬思いましたが、杞憂でしたね。同期モノを多用してお茶濁すタイプがこの手のバンドにもなくはないですが、彼らはそんなには依存してなかったです。2人のキーボードはとても演奏が達者なので、必要最小限の同期って感じ。あと3人全員管楽器ができるので、そのアンサンブルも結構フューチャーされており、充分にライブ感・生演奏感はありました。

 

オシャレかつクールに進行するタイプの音楽なので、サウンド全体での大きな抑揚はジャズやロックのそれほどはない。居心地のよい音楽。しかし逆に乱暴な言い方をすれば、ベロシティのあまりない音楽になりがちです。しかしね、ヴォーカルのアンバー・ナヴランの力量がそれを平板なものに感じさせないんですよね。彼女、本当にマイキングがうまくて、全体の音量を揃えつつも、シッカリと抑揚を付けてくる。だから実に“ライブ”なんだよねぇ。素晴らしい歌い手さんですよ。語るように歌詞を詰め込んで歌うようなスタイルもあるのですが、個人的にはリッキー・リー・ジョーンズが現代的にアップデートしたら、こんな感じになるかもなぁ、なんて思いました。

 

それから特筆すべきは、ステージ向かって右手のキーボード、アンドリス・マットソン。彼が左手でベースを受け持っているのですが、もうね、これが最高なんすよ。音色もいくつか使い分けてましたが、すべからく楽曲にハマってましたし、何よりグルーヴする。時々聞かせるナマるようなフレーズはエレベのそれとは違って、本当にシャレオツ。この演奏を聴きながら思ったのは、本当にこれからのベースってもうシンベだけでいーんじゃないかと(笑)。エレキベースやアコベだとね、この手の音楽では、なんていうか、生々しすぎるんですよね。音楽がサラッと流れない。きっと浮いちゃう気がするんです。最近のこの手の音楽を志向するミュージシャンはシンベを多用するし、エレベでもフラットワウンドを使う人が多いのは、この辺の考えもあるのかも知れませんね。

とにかく、彼のシンセベースは、必要充分以上の働きでしたよ。これからの音楽は、全部キーボードで完結するよね。いっそ、ドラムもキーボードで演奏すればいいと思うし(笑)。ピアノができれば、なんでもできる…という時代かも。ピアノ最強説はデジタルが進化すればするほど、強くなる気がします…。

私が全身全霊を傾けても、ピアニストの左手1本にも敵わない…という謎の無力にかられることしきりでしたよ…(T_T)。

 

とにかくいろんなことを考えながら観てましたが、本当にライブ自体は完成度が高く、あっという間でした。昨年、ブルーノートジャズ・フェスティバルに出演予定でしたが、イベント自体がキャンセルになったので観ることができずとても残念だったのですが、今回ジックリと拝見できて良かったです。

 

また来日したら絶対に観に行ってしまうな!

 

p.s

やはりアーティストからの注目度も高かったようで、日本のコレ系のトップランナーである某バンドのヴォーカルやこのシーンで引っ張りだこのサックス、メジャーなロックバンドのベーシストなども来ておりました。こういう音楽が普通に売れる環境になるといいですよね。

 

 

JUGEMテーマ:音楽

GRACIAS初訪問!

早速、新兵器のご紹介を!と思っていたのですが、そういえば書き忘れていたトピックがあることを思い出しました。なので、ちょいと先にエントリしておこうかと。

 

頃は2月。私的にはあまり行く機会のなかった名古屋に出張してきました。中京地区は意外と皆さんが東京や大阪に来てくださる方が多くて、こっちから伺うチャンスが少ないんですよね。せっかくのこの機会、諸々の挨拶や打ち合わせの隙間を縫って、かねてから一度伺ってみたかった楽器屋さんへ行ってみました。それが“GRACIAS”さん。

 

※外観を撮り忘れたので、デジマから拝借しました。

 

名古屋の楽器屋さんといえば、全国チェーン店系を除くと、実はここしか知りません。いつも良い楽器を仕入れて売っている名古屋のプロユースショップ…的なイメージ。それにPlekなども導入してるし、こういうお店が近くにあると安心ですよね。

 

しかし、この手の店は意外と店主の方が怖かったり、頑固だったりして、なかなかハードルが高かったりして…。なので、恐る恐る店内に入ってみました(笑)。するとね、こんな感じの壁面(楽器群)がお出迎え。

 

 

 

対面には電話ボックスが鎮座(笑)。

 

見ての通り、かなり拘った在庫が並んでますよね。圧巻なのはRSが沢山あること。以前、東京ではイシバシが割と積極的に扱っていたと思いますが、最近はあんまり見ませんね。前よりは高額になった印象はありますが、ヴィンテージフォロワー系の工房ではかなりいい線行っているブランドだと思います。個人的には好きです。

 

いい楽器あるなーとか思いつつ、店主の方となんてお話をしようかなと…と思案しておりました。本当はここに来るのは私だけではなく、ちょうと名古屋にツアーに来ていた織原くんと一緒にくるはずだったんす。でも彼の都合が合わなくなったために一人できたので、話のとっかかりがなくてね。そしたら、織原くんが先に話をしておいてくれたみたいで、少し話すと私が怪しいものではないことは理解していただけた模様(笑)。良かったです。その後いろいろな話を伺って、RSのフレットレスなども試奏させていただきました。

 

 

せっかくならちょっと5弦を弾いてみてください!とおっしゃっていただいので、この珍しい5弦を試奏させてもらいましたよ!ちょっと時間が経ってしまったので、正確なインプレはできないのですが、コレ系の5弦はローBの鳴りが渋かったり、E弦が普通の4弦に比べて痩せてたりすることがありますが、これに関してはそういう印象はなかったですね。良く出来てるブランドだと思います。最近じゃ、ヘッドの形も見慣れたせいで、最初の頃ほど違和感もありません。げに恐ろしきは慣れですね(笑)。

 

私が試奏している間にも地元のお客さんがいらっしゃって、急なトラブルかなんかでジャックの交換をされてました。すぐに症状を聞いて即座に対応されてました。こういうお店があると地元ミュージシャンはとても助かりますよね。んでもってその後、聞いた話だとこの程度の作業であれば、ほとんど工賃は取っていないご様子。やっぱり通いたくなるのはこういうお店ですよね。まぁ、良い在庫があって店主がいい人なら、何時間でもいられますからね!店には迷惑でしょうが…(笑)。

 

また名古屋に行く機会があれば、ぜひ立ち寄りたいと思います。ご対応いただきましてありがとうございました!坂田BUNTEI聡さん!

 

 

p.s

その夜は、織原くんの出演する「けもの」と角田くんの「ものんくる」のコラボLIVE、“けものんくる”を拝見。考えてみると、2人とも東京ザヴィルヌバッハで演奏してますねw。

地方は、東京で見るより近くでシッカリ見ることができるから良いですよね。お客さんもいっぱい!堪能しました!ありがとう。

 

 

 

 

イベント的にはひと段落かな…。peter barakan's LIVE MAGIC!終了。

先週末の土日と今週月曜日、都内と山形でイベントを行いました。もうね、今年は祟られているとしか言いようのない台風の襲来でてんやわんやでした。日は東京直撃で、月は東北…。屋外のイベントではなかったので、中止までの心配はしてませんでしたが、交通機関などが止まったらアウト。なので、ウェザーニュースとにらめっこしながらの毎日でした…。結果的にはイベント自体は開催できましたし、大きな事故もなく無事終了。まぁ、客足には影響がなかったか言われれば、何とも言えませんけどね。

 

今年、4回目を迎えることができたイベント“peter barakan's LIVE MAGIC!”。毎年、この時期に恵比寿ガーデンプレイスで2DAYS、そして昨年からはスピンオフ企画として山形公演を行っております。ご存じない方のために簡単に申し上げますと、ラジオDJや執筆、テレビ出演などで有名なブロードキャスター(音楽評論家)ピーターバラカン氏が、洋楽邦楽の有名無名を問わず、良質な音楽をやっているアーティストを招へいして行なうイベントです。今年も初見のアーティストが沢山いて新鮮でしたし、とても賑やか&良い雰囲気でした。飲食スペースなんかも、ピーターさんの行きつけのお店が出店してて、普通のフェス飯ではなく、手が込んでて、しかも安い。ドリンクもオーガニックワインからクラフトビールまで置いている。それらも安い。物販はTシャツ2500円なり。これまた安い。正直、かなり厳しい財政事情で運営してます故、ほぼすべてスタッフの手作りでなんかとやっているイベントっす。スタッフTシャツには“HAND MADE FESTIVAL”って書いてありますからね(笑)。

 

まぁ、裏方の話は置いておいて、今年も素敵な音楽がいっぱいあって、楽しかったですよ(全部見れてませんが)。個人的に楽しみにしていたのは、まずはThe Steve McQueens。名前だけ聞くと色物感ありますが、全然そんなバンドではありません。ホントにかっこいい。音楽性でいえば、ハイエイタス・カイヨーテとか好きな人にはテッパンかな。女性のヴォーカルの力量もあるし、バンドも上手い。ベースの人はディングウォル使ってましたね。ソロもバリバリと弾いてました。CDなどは全国流通していないので、私は会場で2枚買いました!おススメです。(多分青山 月見ル君想フで売ってます。)

 

 

あとはTHE NEW STEW。このバンドは実力派ぞろい。それぞれがいろんなセッションやサポートをしている凄腕集団で、今回はビル・ウィザーズの「ライヴ・アット・カーネギー・ホ−ル」を丸々再現ということで大いに期待してりましたが、それを上回るデキでした!

 

 

何よりも素敵だったのが、ベースのKevin Scottさん。とても陽気でフランク。んで演奏も上手い!使っているベースがまたツボで、アノダイズドの59Pモデル。ブランドはfenderではなかったと思います。ライブ後に話をする機会がありまして、よくよく聞いてみますと、ダニー・マキャスリンのグループもやってるし、最近ではFORQもやっている。まさに私の好きなティム・ルフェーブルやマイケル・リーグと同じラインの人なんですよね。エフェクターの話をしたところ、好みも一緒。今回は使ってませんでしたがエレハモのリングモジュレーターまで普段は使っているみたいですからね(笑)。

この来日の後、すぐに帰国してジョン・マクラフリンのツアーサポートがあるようです。難しいのにすごいですね!って言ったら、自分でも難しくて大変だよ(笑)って笑ってました。毎年、ベーシストは良い出会いがあって楽しいです。

 

 

 

 

いちいち書いていると膨大な量になってしまうので、ハショリますが、今年も濱口祐自は凄い人気でした(笑)。演奏はもとよりいいのですが、キャラ勝ちだよなぁ(笑)。ステージ前はいつも人でいっぱいです!

 

 

あとMyahk Song Book  與那城美和/松永誠剛もとても素敵でした。ジャズ系のウッド&エレキ弾きの松永さんと、宮古島の民謡の歌い手である與那城さんのコラボです。これがね、沁みるのよ。ウッドベースのラインが入ることで、民謡がとてもモダンに感じるから不思議。もちろん懐かしさのような情感もあるのですが、新しい魅力が引き出されている感じ。山形公演の打ち上げの際には與那城さんが居酒屋で三線で歌ってくれましたが、不思議とお店が沖縄の空気になりました。歌の持つ力は凄いですね。松永さんとも沢山話をしました。今度、JAZZも拝聴してみたいですね。(PVの途中でワンコの鳴き声が入っているのも雰囲気いいですw。)

 

 

あとはヘッドライナーSOULIVEは言わずもがな、良い。エリックたちは時差ボケでたいへんだったみたいですが、演奏はやぱりイカシてます。今までビルボードやフジロックのレタスなど、遠目に見ていたので、間近で拝見でしたのは新鮮でした!

 

 

とにかくグルーヴするし上手いよね。リハ終わりにエフェクターを写真撮ったのであげておきます。ギターはアイバニーズのビグズビーみたいのがついているヤツ1本で通してました。打ち上げでは眠いから10分で帰るよ、といいつつ、かなり長い時間まで残ってくれいました。いい人達です(笑)。

 

 

っということで、金曜日の仕込日から月曜日の山形公演終了まで、本当に睡眠時間も短く年寄りにはしんどい現場でしたが、やりがいのある現場です。何よりもピーターさん、大変だったと思いますが、最後まで笑顔で頑張っていました。頭が下がりますよね。お疲れさまでした!!

 

 

 

JUGEMテーマ:音楽