急速なデジタルシフト。

休校延長、テレワークなどなど、自宅で過ごさざるを得ない環境下。目に見えてデジタルによる解決策が加速しています。

 

いままでソフトウェアとして認識はしてたけど、実際には使ってなかったオンライン会議のシステムやアプリを急に使う機会が増えました。TeamsしかりZOOMしかり。ライブ関連で言えば、有料配信のプラットフォームを活用したものが増えています。この流れは、今後の社会においてある程度デファクトスタンダード化するんだろうなと思います、コロナ騒動が落ち着いても。

 

人と人のコミュニケーションにはいろんな情報が含まれている。口調はもちろん、視線やちょっとした仕草、そんなことを感じながら普段話しをしているのですが、なかなかPC越しだと感じにくいですね…。

 

あとね、PC会議というのは確実に目的があって行われるわけでそのアジェンダをこなす上ではとても有益な手段だと思うのですが、日々の業務の中でちょっとした疑問をや相談、雑談から生まれるアイディアなど、そういう付加的な部分を担保することはなかなかできない。それはとても寂しい気がするし、その辺で孤独を感じる人も多いのかも。

 

とにかく、いままで使わなったアプリやソフトを急に使うことが多いので、その使用方法を調べることに費やす時間も少なくないです。ほんと、若い人たちはその辺の習熟度が高いので羨ましいっすね。

 

勉強しながら、やれることをぼちぼちと行う日々です。できるだけ規則正しく、時間を有意義に使えるように自らを律するようにしなくては。

 

p.s

とにかく今はこの拡大の沈静化を祈るのみですね。私の業界もぼちぼち立ち行かなくなる会社の声が届くようになってきました。

クラウドファンディングなどでの支援も来るようになり、お世話になっているところには応援してます。

明日は我が身…ですからね。

 

ベース的には、いまYou Tube見ながら、自分に欠けているフレーズ(メロディックマイナーとか)の習熟を目指してゆるゆるコピーなどをはじめました。それはそれで楽しいです(笑)。

あと相変わらず、安いPBのボディを見つけるべくネットパトロールをしております。早く企画を進めたいなぁ。

 

JUGEMテーマ:日記・一般

翻弄される毎日。

テレビを付ければ、コロナ以外のトピックを見つけることの方が難しい毎日です。少々精神的にしんどくなってきました。

 

日本はある程度の感染爆発を抑えることができているようですが、海外、特にイタリアなどのニュースがアップデートされるたびに心理的な不安は大きくなっていきます。アメリカの非常事態宣言もしかり。現状、すべてやむを得ない処置とは考えますが、先が見えないだけに、我々の対応や経済活動には苦慮します。

 

国が主催するオリンピックに関しては、先程安倍首相が初めて延期に言及したようですね。各国の競技連盟やアスリートから延期要請や不満が噴出する中では「完全な形」での開催は不可能ですよね。すでに選手の選出が難しい中ではなおさらです。一応IOCとしては4週間以内の判断としてますが、その4週間は開催の可否判断に費やすというよりは、きっと延期に向けて調整期間になるのではないかと。この時期に様子を見ていても時間を無駄にしてしまうだけですからね…。東京都も4月12日までのイベント自粛を発表する様子。

 

個人的にも自身がオーガナイズするイベントができるか否か、毎日思い悩んでいて精神的に辛くなってきました。国の明快な基準や判断がない限り、あくまで自己責任。関係していくれている会社もそれぞれに考え方もあります。その意志を統一させることは簡単ではない。延期するにしてもフェスなどの場合には同じラインナップはほぼ不可能ですしね。

感染者対策をどれだけ頑張っても起こるときは起こるし、それはもちろん本意ではない。安全を考えればやっぱりやるべきではない。払い戻し対策などもしてますが、それでも開催を希望して祈って待ってくれているファンも少なからずいる。判断までの残り少ない時間、しんどいけど十分な検討や対策、善後策、延期対策、中止の場合の影響など、あらゆる可能性を考えないといけないと思っています。きっと開催できても延期・中止しても心が晴れることはないんだよな…。

 

震災のときの自粛議論みたいな状況になりつつあります。横の様子を見ながら恐る恐るどうしたもんかを考えるという…。K-1のやり方は決して賛同できないのですが(あれだけ自粛要請があったら私なら諦めるけどね)、そうでもしないと首をくくる状況があることも片や理解できます。

 

楽器屋さんにね、打ち合わせのついでに顔を出したりするのですが、大手の楽器屋さんでも結構な影響が出てきていると聞きました。とにかく客足も減ってるし、何よりもマインド的な萎縮が感じられると。個人経営のお店はもっともっと辛いですよね。

 

この先、いつ事態が好転するするのかな。

 

JUGEMテーマ:日記・一般

311に思いを寄せる。

自分の中でも以前ほどの注意を払っていなかったことを大いに反省する1日となりました。

 

改めて見る津波の映像、まだ避難地域が解除されていないゴーストタウン、空き地だらけの嵩上げした住宅地。あれから時間が止まったままのご遺族のコメント…。すべてが今現在の姿であり、環境的にも心情的にもやはり復興には時間がかかるのだと再認識しました。

 

やっぱりまだまだ風化、忘却して良い問題ではないですよね、東日本大震災。

 

ここにも何度か書きましたが、311から2週間後に向かった東北の光景は今までの人生でもたことのない悲惨なものでした。それこそ戦争でもあったのかと思うほど。瓦礫の山と途方にくれた方々。その土地に生まれていない私などは、どうしたって心からその被害者の心情を理解などできるはずもありません。そういう自分の気持ちを少しでも軽くするためのボランティアや募金だったりします。

 

あの日の写真を見返しつつ、やれることはやらないといけないなと思いを新たにしました。

身の丈にあった支援を少しずつでも継続的にしないと…。

 

日本という国に住んでいる以上、明日は我が身…ですよね。

そのときに備える貯金ですかね、募金は。

 

JUGEMテーマ:日記・一般