イラン情勢が心配だなぁ。

安倍さんが仲介に入ったタイミングでのタンカー攻撃…。

 

ヤクザ的な言い方をするなら、手打ちの仲裁に入った途端の報復攻撃、なんて言ったら、どう考えてもメンツ丸つぶれ。まぁ、どちらかがどちらかに詫びを入れたくて仲裁の申し出を受けたわけでもないので、日本が恥をかく、という話ではないにしても、イランとアメリカの長きに渡る確執を簡単に考えすぎのような気もしましてね。イラン革命以前からのパーレヴィ問題などもあり、その後はみなさんが知るとおり。ロウハニさんは政治家なのでリップサービスもあるだろうが、ハメネイ氏は宗教的な最高指導者で反アメリカの代表なので、そうそうにわかりましたって訳には行かないことは重々承知のはず。それを踏まえての会談はどこを落とし所に設定するつもりだったんだろうなぁ。

 

両国と良好な関係にあるから、ここはいっちょ一肌脱いで、ぐらいの感覚だと怖いよね。選挙があるからその前にいいところ見せておきたいんじゃないの?的な報道もあるけど、そこまで幼稚な頭じゃないことを祈るよ、ホント。

 

火中の栗を拾う覚悟がないとできないことだよね。もちろん中東に原油を依存している日本としては、その安定は重要課題だけど、手を突っ込んで揉めればさらなる不安定を招くだけで…。朝日新聞によるとEUは今回静観していると。確かにすでにEUはイランに対して、援助などの手を差し伸べているし、姿勢は見せているからね。日本は経済制裁に加担しているし、イランとしてもやはりそこはアメリカ追従の国としてしか見てないので、何言ってもメッセンジャーボーイ以上の役割は感じないだろうなぁ。

 

イランの経済政策を受けた結果、貨幣価値が下がり、市井の生活に大きな影響が出ているとの報道もありました。昨年から肉屋の価格場倍になったとか。インフレが進行しているのですね。その原因である憎き敵としてアメリカ許さじ!という空気も国民に広がっているとの味方もあるようですね。早期に解決は難しいと思われますが、一刻も安定した生活が送れるいいと想います。割食うのはいつも庶民なので。

 

しかしね、トップが会いたくないって発言をしちゃうとなかなか解決は見えないよね。この難しい解決に手を突っ込んだ以上は、相当な覚悟を持って、日本としての貢献を見せて欲しいものです。

 

JUGEMテーマ:日記・一般

朝の情報番組を見て、物思ふ。

朝はかなり早起きです。

 

ワンコの散歩に大体5時半には出るので、6時にはコーヒー飲んで新聞も読んでます。その後、自分の部屋へ行ってメール読んだりネット見たりベース弾いたりしておりますが、大体その間TVはつけっぱなしです。目的は気になるニュースだけ拾い見しするため。あとはめざましジャンケンになんとなく参加するとか、きょうのわんこ見るとか。しかしね、最近番組を見てて思うことがひとつ。それは…

 

ネット動画とか衝撃映像みたいなものばかりが流れてて、とても朝から気分が悪くなることが多い。

 

嫌なら見なきゃいいんじゃんと思われる方、はい、そのとおりです。すかさずチャンネルを変えてしまいます。しかしね、こういったネット動画をそのまま番組で流すことに対するニーズって高いんですかね?なんか個人的にあまり意味を感じません。あと目覚ましに特に感じるのは、暗いニュースを取り上げることが多いような気がします、他局に比べると。

 

朝っぱらから、事故やトラブルなどの動画を見たくもないし、ドキドキもしたく無いんですよね…。そういうことに対する耐性が落ちていることは自分でもよく自覚しております。歳ですね。なので、朝は幸せでドキドキしないほっこりするものか、実直なニュースや時事問題を取り上げた内容だけを見ていたいと思っています。その結果、私の朝はテレ朝率が上がってきているように思います。固い内容が割と多いので、見てて安心だし勉強になります(笑)。8時からは羽鳥さんの番組がいいですね。パネリストは置いておいて、テーマの掘り下げ方は好感がもてる。でもこの時間はほとんど出勤後なので見れないけど。

 

とりあえずネット動画を流すのって、番組の手抜きだと個人的には思っております。もっとちゃんと取材したものを流そうよ。7時台後半の目覚ましの取材したコンテンツはいいと思いますよ。どーでもいい話で恐縮です。

 

p.s

今週のめざましじゃんけんは、2回参加すると、ローソンのおにぎりが当たる抽選に参加できるので、その時間にチャンネルを合わせます。現在1勝3敗です(笑)。

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

『令和』時代に物思ふ。

先日のテレビで昭和から平成という時代に大きく変わったことはなんですか?という問に対して、あるパネラーがこう答えていました。それは…

 

「世の中がアナログからデジタルに変わったこと」

 

私もヒトコトで片付けてしまうのであれば、この言葉が最も端的かつしっくり来ます。

昭和から元号が変わってしばらくした平成7年(1995年)はWindowsが初めて世に出ました。その時はまだインターネットへの常時接続なんてなかった時代。2400〜9600bpsしか速度の出ないモデムから“ピーピョロロロ…”なんてやってた時代です(笑)。そこから20年ちょい。現在のネット環境の覚醒は、今まで人類が体験してきたどの産業革命より私達の生活様式に大きな変化をもたらしたのではないかしら。“隔世の感”とはまさにこのことですよね。

 

海外までストレスなく繋がり、何事においてもタイムラグなく進む世の中。「ビッグデータ」と呼ばれる膨大な情報を瞬時に演算・分析し、リアルタイムで反映・上書きできる時代です。場合によっては、そこに人は介在してなくて、AIなんかが勝手に仕事を進めていたりもします。

 

上記にようなことは、すでに我々が経験として把握できていることですが、近年はさらに進んだ技術や考え方が生まれてきて、従来の感覚では瞬時に理解ができない概念が増えてきたように思います。簡単にいうとね、「それが何で、将来的にどういうものになっていくのか?」ということがパッと想像できない。

 

概念は具象化されて、初めて意義や効能、利便性が一般的に認知されると思いますが、まずは前提として概念の理解がないと設計も開発もない。故に抽象的であっても、ある程度の理解は必須ですよね。要素技術は理解が難しいけど、それをベースにした商品が出てくるとわかる感じと似てます。

 

デジタル技術が今以上に加速度的に進歩するこれから先の時代。従来手法とは根本的に違う発想から立脚した概念の数々は、その発想を持たない(理解できない)旧態依然とした私のような人間にはますますハードルが高くなっていくような気がして少々怖いです(ここまではなんとかついてきたけど、ここからはまったくもって自信なし、みたいな…)。

まだ私の歳なら、それもギリありかもしれません。元号も『令和』になって、昭和生まれなんて私達の若いころの『大正』みたいな感じになりますから(笑)。しかし、これからの時代を生きる若い方は、さらにサイクルが速い時代になるんですよね。それらを自然と受け入れられる脳みその柔らかい間はいいけど、“日進月歩”ならぬ、“秒進分歩”みたいな時代になると、人間の賞味期限はどんどん短くなってしまうのではないだろうか、と少々心配になったりして…。

 

人間はどこかでこの輪廻から脱却するのかな。それともさらなるデジタルデバイドを容認する時代になるのかな。

徒然にテレビを見ながら、そんなことを思ってました。今の時代に生まれたかった!と若いミュージシャンを見ながら思うこともありますが、早く老人になって浮世との交わりを断ってしまいたい…と正直思ったりもします。

 

どうなるんでしょうなぁ、この『令和』の時代は。

少し距離を置いて見れるようになりたいもんです。

 

JUGEMテーマ:日記・一般