日大アメフトの報道を見ながら、物思ふ。

世の耳目を集めるニュースで、その映像が流れるたびにチャンネルを変えてしまいたくなることがあります。動物や子供の虐待などはその典型ですが、最近では今どの番組でも取り上げている「日大アメフト」問題、この発端となったタックルの映像やその後の控室の写真などは、本当に見るに耐えないというか、気の毒というか、怒りが湧くというか…。

 

この事件の根幹は当然、監督、コーチの指示があったか否か。あった場合、その指示が明瞭な意思(怪我をさせろという)を持って伝達されたものか否か。そして最終的には受け取り方の問題やまたは発言自体をしていないという水掛け論になる。

そりゃね、すべての発言にログが残せるわけでもなく、「言った。言わない。」の話になれば、そこに居合わせない我々や報道が、“真実”の客観的な把握なんてできるわけがない。

でもね、きっと学生さんと、監督・コーチの記者会見の両者を観た人達はどっちがホントでどっちが嘘ついているか、直感的に感じてると思うんだよねぇ。そしてその直感って意外と正しかったりすることのほうが多いんじゃないかな、なんて思いながらニュースを見てました。

 

100%の悪意と俳優並の芝居センスを持って記者会見に望まれたら、そりゃ直感が合ってるか自信ない。けど、そうでなければ客観的な資料とか裏付けとか証言とかそういう証拠固めとは別次元で、こっちがきっとホントなんだろうなぁって感じるし、“真実”はそこはかとなく傍観しているそれぞれの心の中に作られる。それは結構合ってる。

 

ここのところ、証拠を隠蔽したり、破棄したりする官僚/政治家のネタが非常に多いですが、その答弁や回答を見て最初から信用できるような心証を得なかったもんな。

 

人間も動物である以上、こういう直感は備わっていて然るべきだと思うし、ある程度はその判断を信じてもいいんじゃないかなと思いました。もちろん、その主観を人に押し付けたり、すべてをそれで判断していいとか、そういう幼稚なことを言っているのではありませんので、誤解なきよう。

 

とにかく、あの選手の記者会見には“真実”を感じたけど、監督、コーチの会見には“真実”を感じなかったなぁ。選手たちが、コーチ陣の全員退陣を要求した、なんて報道も拝見しました。いいんじゃないですかね。理不尽なことに抗戦するのは、昔はできなかったけど、今はもうそういう時代ではないから。彼だけでなく、周りの選手も同調する動きがある以上は、これはもう“真実”のありかは、言わずもがなな気がします。

 

将来を嘱望されたあの子。もう一回アメフトやってほしいなぁ。関西学院の被害者も理解してくれるのではないかと思いますけどね。

 

JUGEMテーマ:日記・一般

なんだか、窮屈な世の中だな…と。

GW前から市井を賑やかせてきたTOKIO山口さんの件。昨日かな?本人の意向を受け、正式にジャニーズ事務所を退所したようですね。解雇という形ではなく、契約解除ということで。また事務所的には、今後も山口さんへのサポートを継続するようで、その辺は今までの功労に報いる温情的な対応のようですね。朝の情報番組がいうには、「TOKIOを守るために本人の強い意思を尊重しての退所」ということのようです。

 

確かにね、やってしまったことは刑事事件になり得ることだし、酒中別人という言葉はありますが、弁解の余地はない。アイドルとしては、その主たるターゲットたる女性に対するハラスメントは、致命的だと思います。ましてや好感度の高いTOKIOで、爽やかで男気や正義感の強そうなイメージのある山口さんだけに、ファンや世の中の感情が逆に振れる振り幅は大きいわけで…。

 

でもね、この事件が発覚して、山口さんの記者会見後から、世の中や番組コメンテーターの反応が私が思う以上に厳しくて、正直少々ビックリしました。被害者が被害届を取り下げて、彼の将来に対する慮りを見せていても、厳しい声はやみませんでしたし、最初の会見で彼が「場所があるなら戻りたい」的に発言をしたことに、皆、一様に怒りを露わにしてました。“戻れるなら(いつか)戻れたらいいなぁ”という趣旨で思ったことを正直な感情として話しただけで、それは人情だろうなぁ、ぐらいにしか私は思ってませんでした。まぁ、私が単純すぎるかもしれませんが…。

 

しかし、甘えている!という論調でより非難を受ける形になってしまいましたね。きっとね、メンバー達も記者会見で、そう言わざるを得なかった部分もあるんじゃないかな?まぁ、それまでの経緯はわからないし、過去もお酒のことで、迷惑をかけたことがあるようなので、そういう意味では呆れるところはあったかも知れません。

しかしね、なんだろ、被害者との示談が成立した後はね、メンバーたちが会見してお詫びするとか、あそこまで丁寧にやる必要ってあるのかしら?本人たちの口から迷惑をかけたことを詫たいってとても素晴らしいことには感じるけど、やっぱり過剰な気がするんですね。でもそれをやらないと世の中はきっと不誠実だ!と言うんだろうなぁ。

 

ベッキーのときも思いましたが、こういうことが起こるたびに思います。

 

一言で言うなら、「不寛容」。

 

悪いことをした人を(他人であればあるほど)、皆、罰したがっているように感じます。コンプライアンスが厳しくなることは悪いことではないし、ハラスメントが減るようにすべきだと思いますが、そのためのスケープゴードをみな求めている…。正直、少し怖い気がします。

 

こういうことを書くととね、容認しているように感じる方もいらっしゃるかもしませんが、そういうつもりはありません。彼がやったことを擁護する気はないのです。ただね、過度に反応しているという違和感が否めなかったもんでね。

 

芸能人の不倫やハラスメントでここまでの対応が必要なら、私はもっと政治家や官僚の対応に“不寛容”でありたい。佐川氏にせよ柳瀬氏にせよ。平気で嘘つけるからね、彼らは。麻生外務大臣にTOKIOの爪の垢でも煎じて飲ませたいけどね、不遜な態度での記者会見をさせないために(笑)。

 

まずは、早くTOKIOメンバーも山口さんも、これからの先の日常が1日も早く取り戻せるといいですね。

 

p.s

この件を家で話してたら、嫁がね、こういました。「世の中の人たちはみんな昔ほど満たされてないんだよ」。自分の心が幸せで満たせれていれば、許せることも増える、と。なるほどね、とすこし納得しました。

 

JUGEMテーマ:日記・一般

国家独立への道はなかなか厳しい。

世界の各地で、国家独立に関しての記事を良く目にしますね、最近。

 

特に現在連日取り上げられるているのがスペイン。カタルーニャ地方の独立についてです。このニュースが顕在化するまで、恥ずかしながらカタルーニャという土地が言語的にもスペインと異なり、教育に関してもスペイン語だけでなく、カタルーニャ語にて行われていることを知りませんでした。

 

カタルーニャ自治州の前首相プチデモンさんは現在EU本部のあるベルギーのブリュッセルに身を寄せており、スペインからの干渉なく独立への情報発信をするとのことでした。先日、母国から反乱罪と扇動罪により逮捕状が出て、それを受けてご本人がベルギー警察へ出頭したところまで把握してましたが、裁判所判断により条件つきで釈放になったようですね。

 

近代の独立問題は、経済的な問題により認めにくい環境になっているのではないかしら。カタルーニャの場合は、バルセロナを州都に持ってますし、スペインGDPの1/5を占めるそうです。ここが独立すれば、スペインの経済的な打撃は大きい。ましてや、スペインは数多くの自治州からなるある意味合衆国ですので、バスクなど従来から独立に向けて動きのある他州に影響を与えかねませんもんね。

 

イギリスでのスコットランド独立も長きにわたり解決しておりません。北海油田を持っている故、独立による影響は避けられませんしね。それぞれが独立を目指せば、従来の国家規模を維持できませんし、他のエリアからすれば当然認められない、となるのは仕方がないのかもしれません。

 

過去、国家独立を勝ち取るには、戦争という行為が一般的だったように思います。力こそが実現への近道だったのしょう。しかし、近代においては戦争はもっとも忌避すべき事柄、故に国民投票などによる民意を世界に示しているのだと思います。

 

ただね、その民意自体は悪くはないが、進め方こそがやはり肝要だと思う訳で。独立というのは周囲の承認があって初めて機能します。やはり充分な交渉や下地作りを上手に行ったうえで、まずは国際社会において多くの味方を集めてから、最終局面での投票であるべきなのではないかなと思います。

 

近代において、無血独立を果たしたのは確かノルウェーだったと思いますが、その時もかつての宗主国であったデンマークから国王を迎えて自国の王様に据えていました。独立に至るまにやはり十分な根回し、対外的な支援を得る策がなければ、大事は成せないのだと思います。そう考えるのは日本人的な感覚ですかね?

 

民族独立を望んで活動すること自体が悪ではないと思います。ただ進め方を間違うと、戦争になることや投獄される可能性はある。むろん、それは本意ではないと思いますので、慎重に進めて欲しいなぁ、と。各地での独立問題はその文化や歴史的背景などにより千差万別だと思いますので対処にこれという正解があると思いませんが、すべからく武力や弾圧などに寄らない形で進むますように心から祈ります。

 

国民全員が満足することがないだけに難しいですね、政治って。

 

p.s

クルド人の独立も難しい問題ですよね。元をたどれば彼らの問題ではない原因に起因もしてたりするし。その都度、独立をちらつかせて利用した大国の責任も大きいよなぁ。

 

JUGEMテーマ:日記・一般