国家独立への道はなかなか厳しい。

世界の各地で、国家独立に関しての記事を良く目にしますね、最近。

 

特に現在連日取り上げられるているのがスペイン。カタルーニャ地方の独立についてです。このニュースが顕在化するまで、恥ずかしながらカタルーニャという土地が言語的にもスペインと異なり、教育に関してもスペイン語だけでなく、カタルーニャ語にて行われていることを知りませんでした。

 

カタルーニャ自治州の前首相プチデモンさんは現在EU本部のあるベルギーのブリュッセルに身を寄せており、スペインからの干渉なく独立への情報発信をするとのことでした。先日、母国から反乱罪と扇動罪により逮捕状が出て、それを受けてご本人がベルギー警察へ出頭したところまで把握してましたが、裁判所判断により条件つきで釈放になったようですね。

 

近代の独立問題は、経済的な問題により認めにくい環境になっているのではないかしら。カタルーニャの場合は、バルセロナを州都に持ってますし、スペインGDPの1/5を占めるそうです。ここが独立すれば、スペインの経済的な打撃は大きい。ましてや、スペインは数多くの自治州からなるある意味合衆国ですので、バスクなど従来から独立に向けて動きのある他州に影響を与えかねませんもんね。

 

イギリスでのスコットランド独立も長きにわたり解決しておりません。北海油田を持っている故、独立による影響は避けられませんしね。それぞれが独立を目指せば、従来の国家規模を維持できませんし、他のエリアからすれば当然認められない、となるのは仕方がないのかもしれません。

 

過去、国家独立を勝ち取るには、戦争という行為が一般的だったように思います。力こそが実現への近道だったのしょう。しかし、近代においては戦争はもっとも忌避すべき事柄、故に国民投票などによる民意を世界に示しているのだと思います。

 

ただね、その民意自体は悪くはないが、進め方こそがやはり肝要だと思う訳で。独立というのは周囲の承認があって初めて機能します。やはり充分な交渉や下地作りを上手に行ったうえで、まずは国際社会において多くの味方を集めてから、最終局面での投票であるべきなのではないかなと思います。

 

近代において、無血独立を果たしたのは確かノルウェーだったと思いますが、その時もかつての宗主国であったデンマークから国王を迎えて自国の王様に据えていました。独立に至るまにやはり十分な根回し、対外的な支援を得る策がなければ、大事は成せないのだと思います。そう考えるのは日本人的な感覚ですかね?

 

民族独立を望んで活動すること自体が悪ではないと思います。ただ進め方を間違うと、戦争になることや投獄される可能性はある。むろん、それは本意ではないと思いますので、慎重に進めて欲しいなぁ、と。各地での独立問題はその文化や歴史的背景などにより千差万別だと思いますので対処にこれという正解があると思いませんが、すべからく武力や弾圧などに寄らない形で進むますように心から祈ります。

 

国民全員が満足することがないだけに難しいですね、政治って。

 

p.s

クルド人の独立も難しい問題ですよね。元をたどれば彼らの問題ではない原因に起因もしてたりするし。その都度、独立をちらつかせて利用した大国の責任も大きいよなぁ。

 

JUGEMテーマ:日記・一般

北朝鮮のニュースを見て、物思ふ。

国連の安保理決議がまとまったようで、今までの制裁に加えられていなかった原油や石油精製品、繊維製品などまで対象範囲になったようですね。報道によっては、トーンはまちまちで、規制拡大に一歩踏み出したことが大きな成果であり今後の規制に更なる加速をつけることができる、という論調もあれば、実際にはロシア経由での石炭輸出で外貨を獲得しており、水面下でのそういった動きがある以上、規制自体はザルで機能しないというようなお話もありました。

 

北朝鮮はこの制裁内容を受けて、さらに意気軒昂。

 

“「わが共和国の正々堂々たる自衛権を剥奪し全面的な経済封鎖でわが国家と人民を完全に窒息させることを狙った、極悪非道な挑発行為の産物」と非難しながら、「峻烈(しゅんれつ)に断罪、糾弾し、全面排撃する」と威嚇した。”

 

とのこと。

 

お互いに公然と罵り合いつつも非公式では対話の窓口を開いて交渉をしている、なんてことも聞いたような気もするし、何がホントで、米も北もどこまで本気なのか、判断が難しいですよね。

ただ事実としては、水爆実験やICBM、SLBMなどの実験が行われてますし、今年に入ってからミサイル発射の速報は何度あったかわからないほど。戦争ができる力を備えていることは、間違いないですよね…。

 

本当にこの件で、私が気になるのは、北朝鮮の金正恩という人がどういう人なのか?それに尽きます。「帝王学を叩きこまれて、敵対する人は親族や親の代からお世話になった先輩まで容赦なく粛清する人」というのは、事実を踏まえたイメージですが、当然、人となりまでは分からない。ましてや受けてきた教育や、根本的な思想までは分からない。そこが怖い。

 

いまアメリカや諸外国へ発信している威嚇的なコメントやミサイル実験などは、自国への有利な材料を引き出すための道具ととらえているなら、まだ駆け引きや交渉の余地のある。ある意味国際的な感覚、知見を持った人なのかも、とは思いますが、もしそうではなくて、妄信的に軍事こそすべて、朝鮮民族の力の誇示こそが正義という思想の強い人だと、もうこれは交渉のしようもない気がします。

 

報道規制が厳しく、画一的な情報しか流さない国ですし、神秘性をもって将軍を称えるお国柄ですから、その考え方に対する情報があまりにも少なく、実際の人となりなのか全然わからない。だとすると対話の仕方も難しいよなぁと思ったりします。金正日の頃はそれでも関係性の深かった中国へはよく訪問していたようですし、そこでの直接的なコミュニケーションを通して人柄や考えを窺い知る機会はあったかと思いますが、金正恩は確か代替わり以降、一度も中国に訪問したことがなかったのではないかしら?他の国へ歴訪したという話も浅学故知りません。実際、諸外国も計りかねる部分が大きいのだと思います。

 

とにかく、核こそ国を守る唯一の道と考える思想は危険ですし、抑止力の域を超えた発言は緊張をもたらすだけですよね。一刻も早い対話への道が開けることを願ってやみません。この時代に第3次世界大戦が起これば、被害は以前のそれでは収まりきらないでしょうし。

 

本当にどんな人なんだろう…。

記事やニュース映像からは威勢のいい言葉しかないので、本質的な部分を知りたいと思いますよ。

 

p.s

いわゆる核弾頭を積んだ中距離ミサイルが東京に落ちた場合の被害、影響エリアをニュースで見ましたが、うちは多分助からないっすね。Jアラートがなって4,5分では50km郊外や他県に移動できませんからね。割を食うのはいつだって戦争に巻き込まれる庶民だよなぁ。

 

JUGEMテーマ:日記・一般

丁寧な説明…。

国会閉会中審査、世間の耳目を集めてますねぇ。

 

首相の答弁に関しては、それぞれの所感をお持ちかと思います。私も観ていて歯切れ悪!とか思いましたけど、何となく印象に残ったのは安倍さんの言う「丁寧な説明」という言葉。

 

「国民のみなさまから信頼を得られるようひとつひとつ丁寧に説明する努力を積み重ねていかなければならないという決意を新たにしております」

 

首相は果たして昨日の質問に対する回答も丁寧に行ったつもりなのですかね?また同じく質問を受けている官僚や大臣も同様の気持ちを持って臨んでいるのですかね?

 

「丁寧な説明」って、説明をしている当事者が語るべきことではなく、基本的には受け取り手が感じて評価することだと思うんですよね。この人は丁寧に説明してくれた、と感じるかどうか。話し手がいくらそれを心がけていても、伝わってなければ、それはきっと「丁寧な説明」にはならない。

 

仕事をする上で「丁寧な説明」を心掛けないといけないとは思いつつ、相手側がどう感じるかまで意識してないことが自分にもあると思うので、そういう意味では反面教師にしないといかんな、と漠然と思ったりしてました。

 

早いところこの手の話は片づけていただいて、本当に大切な政策の話を国会では行ってほしいもんです。

 

p.s 稲田さんは野党の時は結構厳しい追及をしてたけど、全くもって逆の立場になってますな。やっぱ石破さんの方が安心感あるなぁ。

 

JUGEMテーマ:日記・一般