短信で恐縮。

何気ない日常が何気ないものでは無いことを痛感する日々。

 

経済活動は大切だけど人命に優先するものなのか?緊急事態宣言を出さない政府はその判断が問われてるよね。個人的には命があれば、何事もやり直すことできると信じている。(いや、信じたい)

 

家族とわんこがいれば、個人的にはやり直す気力はある。守るべきものが力をくれる。それは人それぞれ違うと思うけど、今、自分にとって大切なことは何か、見直す時期なのかもしれないね。

 

一人ひとりが生き方を問われてる時期なのかな…。

 

JUGEMテーマ:日記・一般

徽章をする人。

皆さん、徽章ってしたことあります?

 

一般的に会社員の場合、徽章とはよくスーツの襟元についている会社のロゴマーク等があしらわれたバッチです。一部上場企業などは入社した際に配られたりするアレですね。私も過去勤めた会社で配られたことはありますが、ほとんどつけたことがありません。昭和の頃は会社の規則としてつけなくてはいけない…なんてこともあったのだと思いますが、現在ではそういう規則も形骸化しているのはないかと思います。

 

イマドキ、どの会社に所属しているなんてことを一般的にオープンにすることは、コンプライアンス的にも推奨し辛いでしょうし、個人情報が煩い昨今、あんまり見かけなくなりました。そんな折り、徽章をつけている方との打ち合わせが立て続けに別々の会社でいくつかありましてね。

 

その会社は特に徽章をつけなくてはいけない、という感じの会社でもなく、スーツの方でも殆どはつけていない。普段着で働いている方も結構いる。ですが、その方々はバチッとつけている。もちろん、徽章を作っているほどの会社なので、大手の会社です。よっぽど会社に愛社精神があるのだろうなぁと拝察はできますが、その徽章をつけている方々に共通の特徴がありました。またまたそうだったのかもしれませんが、とても印象に残ったので。その特徴とは…

 

とても上から目線で物を語る方々。

 

初めてお会いした方なのですが、最初から遠慮も配慮もない。本人は至って前向きに物をいっているように思っているかもしれませんが、すべてが利己的で自分の言うことを聞かないほうがおかしい、ぐらいの申し様。すべからく年配の方ではあったのですが、正直気分悪くなりました。いつもなら極力お力になれたらいいなとアイディアを出したり、そのために動いたりすることはやぶさかではないのですが、そのときに限っては、四角四面の回答のみさせていただきました。

 

なんかね、一緒に仕事すると事故を起こしそうな気がするんです。私に言うのはいいけど、他の人にもそうだと、こちら側で関係する人にも迷惑をかけるし。根本的に思い違いをしているのではないかな。

 

会社の器と自分の器は違うんですよ。

 

とても穿った見方をしますと、会社の徽章をつけることで、自分が大きくなったような錯覚をしているのではないかとすら思ってしまいます。愛社精神があるのはいいことですが、こういう対応を他でもしているなら、それはネガティブキャンペーンをしているようなもの。看板背負っているに傷つけちゃいますよ…。

 

もちろん、そんな人ばかりではないことを重々承知ですが、ちょいとそういうことが続いたもんでね。なんか徽章つけてる人が怖くなってしまいました(笑)。

 

他愛ない愚痴で恐縮。

 

JUGEMテーマ:日記・一般

壊れるときは立て続け…。

長年使い続けると、いつかは壊れるときが来る…。そんなことが立て続けに起こる、なんてこと、みなさんありませんかね?

先日のとある土曜日の午後、嫁がいきなり言うわけです。

 

お湯が出ない…。

 

我が家はちっこい狭小住宅を買って15,6年ほどでしょうか。昨年は壁紙を、今年は薄汚れた家の外壁を塗り直し、それなりに手入れてきましたが、諸々が痛む時期に差し掛かっているのか…今度は給湯器がイカレてしまいました。しかもね、タイミングが悪く土曜日と来たもんだ。どこの修理屋さんも連絡がつきにくい。お湯の出ない生活はこの季節、かなり辛い。食事の洗い物なんかは水でも我慢できるけど、復旧するまでお風呂に入れないのは困る。近所に銭湯はあるものの、毎日通うのは余計な出費もかかるし、何より平日ともなれば時間的にも厳しいものがある。

 

ということで、近所のワンコを通して知り合った工務店さんにどうすればいいかを聞いてみました。するとね、やっぱりネット時代とはいえ、強いのはご近所の知人ですよ。すぐに業者さんを手配して様子を見に来てくれました。その業者さんが言うには、給湯器は10年ぐらいが耐用年数なので、そう考えると持ちこたえたほうだと。なるほど、そんなもんなのか。しかしその取替の費用を聞いてびっくり。給湯器って高いんですね。定価35万。げげー。こりゃ痛い。あー、もうベースなんか買わなきゃよかった(T_T)。

 

家を維持する出費はある程度仕方ないことですのでとりあえず発注。そしたら本当は取り付けまでに2,3日待たないといけなさそうだったのですが、翌日施工のキャンセルが出たとかですぐに来てくださり、日曜日の夜には復旧しました!ありがたい!しかもかなりお安くしてくれました。本当に良かった!と思って事なきを得た数日後。

 

いつもどおり家でMACにで適当に音楽をかけながらベースを弾いていますと、急に音が止まってしまった。ありゃ、フリーズしたのかな?と思い、キーボードを叩くが反応なし。仕方ない。再起動するかと思い、パワーボタンを長押しして落とした後に、再度電源ON。するといつも起動音とともに現れたのはこの画面。

 

 

あー、これ、前にリコールで交換したときと同じような感じ。ビデオボード周りの故障かな、なんて思い再起動を待ちますと、待てど暮らせど立ち上がらない。この画面の後には、画面がこんな風になって…

 

 

フィーン…というファンが落ちる音とともに画面真っ暗。電源が落ちる。何度やってもこの繰り返し。もうね、起動しないの…。以前はちょうどリコール対象ということでサポートに持ち込み無償修理にて事なきを得ましたが、流石に2011年製なので今回は無理。なので、次の休みにこの手の保証外のPC修理に対応しているお店を探して秋葉原に出向いたわけです。

 

朝10時にお店に向かうと先客3名。30分ほど待たされ、やっと順番。んで症状を再現して見せ相談しますと、やはりビデオボードだと思われると。修理はできると思うが、かかる費用は5,6万ですねって!!げー、2,3万は覚悟してたけど、5,6万となると話は別。修理屋さんもこの年代を直して使うのはいいけど、他も壊れていくるだろうし、次いつ何があるかはわかりませんよと。まぁ、そうだよね、ここで中途半端に投資して直すなら、新しいの買うことも視野に入れないとね…。

 

この後、2軒ほど同様のお店を回ってみましたが、断られたり、同様の回答だったり。なので、その足でビッグカメラなどのMAC売り場へ行ってみました。最近価格を全くチェックしてなかったけど、プライス見てまたびっくり。

 

新品の15inchのMACBOOK PROって余裕の20万オーバーなのね…。

 

個人的に譲れない線としてはメモリ16MB。ストレージは外付けもあるので、512がいいけど256でも許す。それでもやはり25万ぐらいはする。もうこれは無理だな。しかし家のPCが使えないのは給湯器同様に困る。ということで、次は中古MACのお店に。ズラッと並んだ中古を見て、これでいーじゃん!と思いつつもその値段を見るとそれなりにする。やはり近年の製品は高いのね。私がギリこのスペックならと思ったものでも16万ぐらいする。この場で即決はできない金額。なので、この日は足取り重く帰路へ。重い壊れたMACを方に背負いつつ、総トータル歩数1万2千歩。まさに徒労。

 

それから毎日検索の日々。安いMAC、掘り出し物はないかと。ハードオフから専門店、メルカリ、ヤフオクまで。んで、いくつかを目星つけて問い合わせすると販売済みだったり…。んで、ある日のヤフオク。状態は悪くないけど、つっけんどん(気味)な説明文に雑(気味)な写真。いくつか悪い評価のついた出品者のMACに出会いました。開始金額はそう高くなかったので、入札してみますと自動入札で先客に高値更新されていきます。その時の心理状態として、どうせ落ちやしないだから行けるとこまで入れてやる!という半ば捨て鉢な心持ちだったので、バンバン入札してこの辺でやめとこ、というところで入札できてしまいました。まぁ、まだ終了時間までは12時間以上ありましたので、翌朝起きたら高値更新されてるよね、と思いつつ寝たら、翌朝落札されてました(笑)。

 

高づかみはしていないので問題はないのですが、何となくもう少しちゃんと選びたかったな…。あとの祭りですが。それから振込して届くまでを心配しつつ待ちましたが、結果的には問題なし。状態も悪くなく、登録もでき、現在は快適に稼働しています。

 

トータルの支出してはかなり痛い。本気でベースを1本売るかとか考えました。ここのところ、こんなことが多くて日々の生活を圧迫してますね…。平日のお昼は、丸亀製麺のぶっかけ(並)を、PAYPAYとクーポンを使用しつつ、ほぼ毎日利用しております。もうこれ以上、ものが壊れないことを祈りつつ、慎ましく暮らしていこうと誓う今日この頃です。

 

p.s

一昨日より、家のお風呂の換気扇から異音が出ております。家を買ったときに取り付けたカーテンがすでに退色し、先日巻き上げ式のカーテンが外れてしまいました。まだまだぶっ壊れる余地は沢山ありそうです。やっぱり貯金は必要なのかも…。