今年もそろそろ終わりよね…という時期の雑感。

気温が一定しない日々が続きますね。1週間ぐらいの間で10℃ぐらいは差がある日も少なくなく、2,3週間前は24℃近くあったり、先週は5℃ない日があったりと、体調管理の難しい季節の変わり目です。てか、地球が壊れてんじゃないかと心配になりますが…。それはさておき、久しぶり徒然なるままの雑感など。

 

■意思のある技術開発と利用

この間、テレビの報道番組で紹介されてた話なんですけどね。障害をお持ちの方が遠隔操作によりロボットを利用して、自分の分身として接客するカフェが期間限定で開店したと。10日間ほどの開催だったようですが、クラウドファウンディングなども活用して資金を集め実現したようです。言葉にするとなんてことないように感じるかもしれませんが、私、この話、本当に感動しちゃいまして。

この企画ね、障害者の方が諦めていた社会との接点を創り出すことで孤独から解放されるされることを目的としています。簡単に言うと、仕事をすることで人から必要とされる(自分を取り戻せる)機会を作る、ということ。そこで接客する障害者の方々は様々な理由により、寝たきりであったり車椅子で生活をしている方々。彼らが諦めていた「働きたい」と意思を先端技術で実現する。なんて素晴らしい取り組みなんだろう!最初は戸惑いながらも練習を重ねて、開店当日にお客さんへ接客を行うにつれ、その障害者の方の表情がみるみる変わっていくですよ。生き甲斐って、人それぞれとは思いますが、シンプルにこういうことかなと思いましてね。テレビを見ながら何故か涙が出ました。

開発者の方が若い頃に不登校になって、数年間部屋から出られなくなったそうです。そのときに囲った孤独から、人は社会とのつながりが必要だ、人から必要とされることで生きるモチベーションが出る、という考えを深めたようですね。もうね、そのとおりだよなぁと思いますし、心から尊敬しますよ、こういう人。今回は開催後の報道で知ったので、次回はぜひ何らかの形で参加したいと思いました!頑張ってください。

 

■何気ないことだけちょいとびっくりしたこと

いい話の後になんですが…。先日ね、朝の通勤時の出来事です。人が密集した中を歩くときに、意図せず前を歩く方の靴のかかとあたりを引っ掛けてしまい、少し脱がしてしまいそうになることってありませんか?東京だと本当に狭い空間に人がいるので、そういうことが稀にあります。んでね、私が前を歩く2,30代男性の靴を後ろから引っ掛けてしまったんです。普通だとこっちを見て目で怒りを表す、もしくは舌打ちされる、ぐらいはありますよね。意図してないにせよこちらが悪いし、イラッとする気持ちもわかります。でも前に人の対応は全然違いました。こちらを振り向きもせず、すぐに後ろ蹴りをしたんですよ…。幸い、靴を引っ掛けてしまった刹那、距離を取ったのでその蹴りは喰らいませんでしたが、もうね、こんなこと初めてなんでびっくりしちゃって…。後ろ蹴りが空振りした男性は、振り向きもせずそのまま行きました。もし蹴った足がこちらに当たっていても振り返らず行ってしまったでしょうね。しかし、こういう行動を反射的にするということは、それが習慣化されている事に他ならず…。なんだかそれが怖くなりましてね。言葉で言うなり、振り返るなりされれば、もちろん謝ります。なかなかこちらから足をとめてもらって謝るまではできませんが。でもね、いきなり蹴られると思わなかった。なんだか、みんなイライラしてるんだなと思った出来事でした。

 

■前田くん

先日、プロミュージシャンのandrop前田くんが家に遊びに来てくれました。何やら今欲しいベースがあり、その経験値を増やすためにうちにあるブツを弾きたいと。それは59年PB。やっぱり分かる人には分かるんだよなー、この時期のPBの素晴らしさが(笑)。なんて話はおいておいて。

うちにあるベースを全部試奏していたのですが、そのときに彼の演奏を聞きながら思ったこと。それはアーティキュレーションの素晴らしさ!何気ないラインひとつとってもやはりそこが自然にできているから、歌うのよね、フレーズが。

しかし、それが必ずしも全てにおいて良いとは限らないらしいのね。オオバコでのライブなどの場合は、当然大音量になるので、過度なアーティキュレーションはPAからクレームがつくことがあるらしい。確かに強弱つける音量がライブハウスの比ではないので、より全体への影響が大きいことは想像に難くない。要はできるだけ均一に弾く必要があるそうです。その両方を上手に使わけている鈴木渉さんや川崎哲平さんはすごい、なんて言ってました。こういのはプロならではの話ですな。

あとね、全然ベース関係ないどけど、うちのすずのすけを本当に可愛がってくれる(笑)。目線合わせて、顔くっつけて「すずのすけー!」と繰り返しながら、抱きついている(笑)。こういうの、ありがたいよね。写真撮ってくれというので撮ってあげたら、しばらくしてtwitterに上がってました。すずのすけがちょっとだけ有名になりました(笑)。ありがとう。また遊びおいで。

 

 

■新兵器

この年末にきて、新兵器を2つほど導入しました。ベースが一つと、アンプが一つ。ベースはそんなに高いブツでもありませんが、セットアップを千葉さんにお願いして、毎度の通り快適です。あざす!アンプは買った段階から修理が必要な状態でして、これからアンプ修理の専門店に入れてどの程度かかるかを確認したいと思います。安くあがるといいんだけど…。てか、アンプ直った後に、部屋に置けるかがもっとも心配です(笑)。この年末の大掃除の際に、本棚を一つ減らさないと100%入らないので、ブックオフに来てもらおうかと思います。ただ、それでも入らない可能性もあるのですが…。

 

■連休

今は年末年始の休みだけを楽しみに生きてます。それが終わったらGWだけを楽しみに行きていこうと思います。

 

JUGEMテーマ:日記・一般

寂しがり屋さんを見つける方法。

SNSを見てて、ふっと思ったことがあります。

 

FBの申請は余り積極的にはしませんが、今現在約440人程度、“お友達”がいます。大体は実際に会ったことがある人で、業界や年齢層はバラバラです。なので、その思考や属性を一概にくくることはできないのですが、なんとなく発言を見ていると、一部の方々の発言傾向が似てるなぁ、と思いまして…。SNS時代ならではの感じ方なのかもしれません。

ちなみに似ていると感じるタイプの特徴をいくつか挙げてみますと、以下のようなになります。

 

1.発信が多い

自らの行動を微に入り細に入り報告してくださいます。仕事のことや思い出にしたいイベントなど、そういう記録に残しておきたい事柄だけでなく、他人から見ると割とどうでもよいかも…と思われることや、自らを誇る風の内容が、全体に占める割合として厚めかもしれません。更新頻度はFBで1日5,6回は日常で、10回以上になる方も。(twitterやインスタの更新は更に多い傾向にあります。)

 

2.感情的な発言が多い

その場その場の想いを伝える内容が多いです。ただし、その環境にいる人しかわからないこと(その場を共有していないので理解が難しいこと)も少なからずあるので理解が難しいです。また何らかの被害を受けた場合には、その理不尽さや苦労を必要以上に訴えたがる傾向にあり、負のコメントも少なくありません。

 

3.圧倒的な正義

人間関係にせよ、社会的なトピック(政治や経済など)にせよ、自らの見識に圧倒的な自信と正義を持っています。それはそれで明確な姿勢や意見を持っていることには素晴らしいと思いますが、相容れない他者に対して攻撃的になりがちです。“独善的”という表現がしっくり来ます。やたらと「世の中」を良くしたがる傾向があります。

 

4.自撮り投稿が厚め

不思議と上記に該当する方は、自撮り写真をアップする方が多い気がします。表情は豊かです。

 

5.誇張しがち

我田引水が上手です。それ、あなたの仕事ではないですよね?というようなことでも自分事に演出することが上手いです。セルフブランディングの達人ともいえます。

 

6.休日は充実

いろいろなところに積極的に出かけるアクティブ派です。とても好奇心が強いのだと思います。また多趣味の方も多いようです。

 

7.#タグが多い

あれにはどういう意味があるのでしょうか?後から自分で検索するためなのですかね?テキストのほとんどが#タグのときもあります。

 

ざっとこんな感じですかね。多少なりとも誰にでも当てはまる部分はあると思います、自分も含め。でもね、私が思い描く方々は、この傾向が非常に顕著です。もちろん、それなりの実績を残されてる方も数多くいらっしゃいます。常に勝ってきた猛者だからこそ、上記のような傾向にあるのかもしれません。シンプルにまとめると、こういう方と言えるかも。

 

自己肯定力(=自己愛)が非常に強く、自分への注目を求める方々。

 

私はあまり自分が好きではないし、生まれ変わったらもっといい人になりたいので、個人的には少し理解に難儀する方々です。少なからず、私同様、距離を置きたくなる“お友達”も多いようで、前述のようなコメントを多く残される方への「いいね」は、そのコメント数と反比例して、驚くほど少ないこともあります。

 

きっと、こういう方々は、誰かにかまってもらいたい“寂しがり屋さん”なんだろうな…って、ふと思いまして…。本人は至ってピュアなんですよね。きっとピュアすぎると他者への配慮を欠く傾向が強くなるのかもしれません。

 

他愛ない話で恐縮です。

急に寒くなりましたね。ご自愛ください。

 

JUGEMテーマ:日記・一般

久々の雑感。

例年になくサクッと梅雨が明けてしまった関東は、毎日の炎天下で7月の頭だというのに少々夏バテ気味です。明ける前までの寒暖差の大きかった気候も影響しているかもしれませんね。周りでも若干体調を崩している人が多いです。みなさんは大丈夫でしょうか?

ま、そんな時期の雑感です。

 

■ワールドカップ

みなさん、遅くまで応援してたんですかね?私は相変わらず非国民と言われようが、ノリ悪いと言われようが、全くサッカー観戦はしておりません。翌日ニュースや新聞で結果を見る程度。まぁ、TVの情報番組はワールドカップ一色といっていいぐらいのオンエア量ですから、興味なくてもどんな感じかはわかりますよね(笑)。結果は本当に惜敗だったようで、選手やファンも見ていてとても気の毒でした。2点先制したが故に、ぬか喜びになっちゃいましたね…。

それは仕方ないとして、今朝ほど見た番組では選手の使用した後のロッカールームが取り上げられてました。使い終わった後、とてもきれいに整理され、ゴミもない状態。入り口のカウンターには、ロシア語で「ありがとう」の文字。いやぁ、こういうの、本当に素晴らしいよね。日本代表の選手やスタッフ達が海外でこのような範を垂れてくださると、日本全体の評価につながりますよね。心から感謝を申し上げたいです。

ということに比べての渋谷での乱痴気騒ぎはどうなんすかね…。朝ね、渋谷歩くとね、やっぱり汚いのよ。盛り上がってね、騒いでね、そのまんま。それなりに地元の方々がお掃除はしているようなのですが、申し訳ないと思わないのかな。スタジアムに行く人達はゲーム後にゴミを持ち帰る…なんて報道がありましたが、やっぱりそういう一部のファンだけなんすかね。

なんとなくね、渋谷で騒ぐ人は、それがサッカーでもフェスでもパーティでも何でも良い人なんじゃないかな、なんて思いました。

とにかく代表選手の皆様、スタッフさんたち、お疲れ様でした。次回、今まで以上のご活躍を。

 

■タイの洞窟

こちらもサッカーチームの子供達の話のようですが。すごいですよね、増水で閉じ込められて1週間以上、洞窟でじっと助けを待っていたと。これね、自分がその状況だったときを想像してみるに、もうね、パニックと言うか、平常心でいられるか自信がないかも…。誰も助けに来なくて、ここで朽ち果てるのか、とか絶対思ってしまうだろうしなぁ。この子達は本当に強いな。そして何より、ここに引率していたい大人がしっかり対応してたんだろうな(そもそも増水するタイミングで洞窟入ったのはどうなのよ?という話はおいておいて)。持っていたおやつを小分けにして食べる量を決めて、動いたり騒いだりはさせなかったようですね。体力を温存して助けを待つと。頭では全然理解できるし、そうあるべきとは思うけど、実際の立場になったら、分かっててもなかなかできないこともあるしね。子供を指導する立場であったことが自制できた要因にも思うし、子どもたちも仲間がいたから心が折れなかったところもあるんだろうね。

一刻も早く外の空気を吸わせてあげたいです。無事救出をお祈りしてます。

 

■歌丸さん

とてもショックです。私、歌丸さんは小学生の頃から、笑点のなかで一番好きだったんですよね。幼心に、「上手くて渋くて優しい」というイメージが強くありまして。だからね、中学、高校生の時分、新宿の末広亭の出演者に、歌丸さんの名前があると、ワクワクして入ろうか悩んだもんでした。笑点の司会を引退してからも、番組開始前の5分間ぐらい、歌丸さんのコーナーがあって、それを楽しみに見てたんですけどね…。とってもとっても残念です。最後まで落語を究めんと精進された偉大な落語家さんでしたね。大家と言われる方は、ほぼ年配の方で死後に知ることが多かった私ですが、リアルタイムでその姿を拝見できたのは、歌丸さんが初めてかもしれません。天国でも高座でわかせて欲しいと思います。合掌。

 

■オリちゃんの新譜

皆さん、ご存じですか?このブログでも度々取り上げさせてもらっている織原良次さんが、あのジャズピアニストの大御所、佐山雅弘さんとドラムの福森康くんとバンドを結成していることを。そしてそのバンドがこの7月11日に新譜を発売するんですよ!!本当にここまでの道のりは大変だったと思います。佐山さんは癌を発症され入退院を繰り返していて、本当にその体調が心配されていたんですよ(その辺の詳しく佐山さんのブログがあるので、こちらをどうぞ)。その病気からの復活第1弾がこの新譜なんです。

佐山さんといえばPONTABOXで同様の編成で活動していたことが思い出されますが、やはりメンバーが2人変われば、その音楽は全く違います。このバンドのために佐山さん、オリちゃんが書き下ろした楽曲もありますし、何よりも音楽監督として手腕を振るうオリちゃんの存在はデカイ。緻密でテクニカルで…という感じよりは、もっと緩やかでスケールの大きなサウンドスケープ。なんか人柄が出てるよね(笑)。ぜひ皆さん聞いてみてください!

使用ベースは、私のtokai初号機です(笑)。とりあえず機能しててよかった(笑)。ちなみにライブも決まってまして、ちょっと先ですが9月18日(火)@目黒ブルースアレイです。私もぜひ見に行こうと思います!

 

 

サンプルを送ってくれました。Special Thanks、とっても嬉しかったです!ありがとうございます。m(_ _)m

 

 

それとね、私が結婚したい日本人ミュージシャンNo1(笑) の小田朋美さんが所属するバンド、CRCK/LCKSも同じ7月11日に新譜『Double Rift』が出ます。過去のEPも最高でしたが、本作も難しいことをさらっとポップに仕上げています。センスいいよなぁ、このバンドのメンバーは全員。クラクラもやってる井上銘くんもSTEREOCHAMPのレコーディングを進めているみたいだし、石若駿さんもいくつか出しそうな話をしてました。若手の活躍はシーンの活性になりますよね。これからも頑張ってください!

 

■しごと

うーん、私はどこに向かっているのだろうか、と自問する日々です。9月からまた環境も変わりそうだし…。ま、目の前にあることをひとつずつ丁寧にやるしかないか。先は全く見えないのだから。

 

JUGEMテーマ:日記・一般