どのコンビニのタマゴサンドが自分的なベストなのか?

朝、ワンコの散歩に行くようになって、ときどきではありますが、朝食を摂るようになりました。5時〜5時半ごろには散歩に出るのでお昼までの時間も長く、なんかお腹に入れておこうと思ったのがきっかけです。

 

その朝、食べるものは、その散歩の途中でコンビニに寄って買います。我が家の周辺は比較的コンビニが充実しており、7−11、ローソン、ファミマが数店舗ずつありましてね。毎日、お店を変えつつパンを2個買って、嫁と半分こして食べます。お店によりこれは美味しい!という品はそれぞれあるのですが、どの店でも買ってしまう品もあります。

 

それがタマゴサンド。

 

具だくさんでハズレも少なく、どの店にも置いてあるし、朝にはぴったりな感じもする。なので、タマゴサンド+1というが定番です。んでね、先日ふと思ったんです。どのコンビニのタマゴサンドも旨いけど、いっぺんに食べ比べたら、どういう差があってどこが旨いんだろうって(笑)?

 

そこでね、とある週末に、散歩途中にコンビニ3店舗によってそれぞれのタマゴサンドを購入して比べてみました。我が家は割とイベントがないので、こういう実験は盛り上がります(笑)。

 

まずは購入した3品。

 

 

 

上の写真は左から、セブン、ファミマ、ローソンです。

お値段はね、セブンとローソンが220円(税込)、ファミマが198円(税込)です。見ての通りですが、ファミマのタマゴサンドは若干具が少ない。その分、お値段も20円ほど安い感じですね。

 

では、1つずつ検品。

まずはセブンイレブン。

 

 

重さも計っては見たのですが、家のしょぼい計量機では正確なグラムが計れなかったので、割愛します(笑)。パンは比較的しっとり目。これも出来上がってからの時間(乾燥し具合)により差が出てしまうと思いますので、あくまで参考です。でも目は細かめですね。何よりも他との違いを感じたのは、具材の舌触り。とてもクリーミー。さらに具材の量も多いので、意外にもどっしりとした食べ応えはあります。

 

お次がファミマ。

 

 

上のセブンイレブンと比べると量の差は一目瞭然。ある意味、普通のサンドイッチの量かな。パンの厚みはほぼそのコンビニも同じぐらい位なので、食べ比べるとすこしパンの主張が多めに感じます。セブンよりはすこし粗めの具材ですが、それでも比較的なめらかといえるかも。塩気はパンに対して適量。味付け的にはちょうどいい塩梅。

 

最後がローソン。

 

 

量的にはセブンイレブンとほぼ同量。具材の量は多いです。タマゴは若干粗めに仕上がりで、白身などの触感も感じられます。パン生地は若干気泡が大きめ。ざっくりとした触感。塩気を一番感じたのはローソンでした。

 

このね、3つを食べ終わって我が家的なベストを嫁と相談しました。その結果、満場一致(2人だけど)でセブンイレブンがいい。まずはやはりその具材の量と、きめ細やかでクリーミーな触感。塩分は多分薄めだと思うのですが、目が細かいことで具材が舌を包み込み、それでも十分な塩見を感じられます。パンも具材との相性は良く、適度なしっとり感がタマゴとよく合います。

 

ということで、タマゴサンドはセブンイレブンを重用しようと思います(笑)。他にもセブンは、フランスパン生地にソーセージを入れた180円ぐらいのパンがとても秀逸。パン生地自体が旨いので、個人的には見つければ必ず買います。あんまり残ってないんですけどね。

 

ローソンの場合には、白い生地のチーズとハムの入った2個入りのパンがオススメかな。

ファミマはたしかオニオンのブレッドで3つくらいの山がついているやつ、あれがいいなぁ。

 

てなわけで、散歩にいくことで、コンビニに詳しくなりつつある今日この頃です。

 

p.s

あとの2社のタマゴサンドも、普通には旨いですよ(笑)。

 

JUGEMテーマ:日記・一般

死亡した思っていたMac Book Pro。復活できそうです。

10月になって、通常使用ができなくなってしまったMac。起動時から画面に横縞が入り、パスワード入力後、電源が落ちてしまう繰り返し。危険を感じていち早くMac Book Airと外付けHDDを導入して、とりあえず事なきを得ております。

 

しかしAirは画面が13inch。Proは15inchありますし、USBポートも多く使いやすかったことは間違いない。なので、Macに詳しい方々に症状などを話して何とかできないかと相談したところ、要は液晶系の問題であれば、コストは掛かるけど修理はできるのではないか?という意見も多く…。まぁ、私のProは買うときにメモリも増設してあるし、HDDも750GBある。それに現行機は無いCDスロットが付いている機種。修理して直るなら、金額次第ではありますが復活させたいと思っておりました。

 

そこで先日webで調べたパソコン修理専門店へ直接Macを持ち込んでみました。本来的にはアップルストアに持っていくのがいいのでしょうが、混んでたり融通がきかないことが多いんですよね、あそこ。予約もいるし。なので、街のPC修理店のほうが手っ取り早いと思いましてね。

 

まずはお店の担当に症状を説明して、電源などを入れて、その不具合を確認してもらいました。担当の方はいかにもPCオタク的な風貌とスタイルで非常に好感が持てます。目を見て話さないあたりもいい(笑)。その語り口からも詳しいことは間違いなさそうですし。

んでその人が、ひと通りの検証をした後、PCをひっくり返してシリアル番号を確認して、思い出したようにこう言ったんです。

 

そういえば、アップルからビデオ(画像)に関するリコールが発表になってたと思うのですが、該当しているかもしれないので調べてきます。

 

そう言い残すとシリアルをメモした紙を持って、店の奥に引っ込んでしました。そして待つこと5分。戻って来ると、さも何事もなかったのように冷静に「お客さんのMacは、ちょうどリコール対象製品の生産時期に合致しているので、アップルでタダで直してもらえるかもしれません」と。なぬー、そうなのー?そりゃ、いい話!ってんで、この担当の方には丁重にお礼を申し上げ、お店からほど近いビックカメラのアップル修理の窓口に直行しました。

 

そこでは、やはり結構な時間待たされて不快な気持ちになりましたが、結論から言えば、やはりリコール対象の不具合であり、無償にて修理できることになりました。ほんと良かった!これでまた使える!まだまだきれいな筐体を見るにつけ、残念な気持ちになっていたので、ホッとしました。

しかもね、ビックカメラの人曰く、「このサポートは、この年末いっぱいで終了のため、年を越したら修理受付もできなかったところです。」って。

 

家に帰ってアップルのHPで情報を確認してみると、確かにこう書いてある。

“本プログラムは、MacBook Pro の最初の小売販売日から 4 年間または 2016 年 12 月 31 日まで (いずれか期間の長い方)、対象となる MacBook Pro モデルに適用されます。”

あぶねー、ギリギリだったよ。しかもそんなリコールが発表になっていることすら、知らんかった。だからAirを買ってしまったわけではあるが…。でも間にあって良かった。たまたま思いついて修理に持っていっただけだけど(笑)

 

修理から戻ってきたら、メインマシンとして使用しようかな。思いの外、Airが快適なのでそんなに困ってはないけど、画像処理的なことをやるなら画面は大きい方がいいし、多分処理速度もそんなに遅くはないはず。まぁ、その場合にはHDD→SSDは必須かな。起動が速いと気分いいしね。最初のPC修理屋さんの話だと、1万5,6千円で交換できるみたい。意外と安いんですね。

 

とりあえずは、もう死亡したと思っていたMacが復活できそうで良かった。

普段、あんまりツイているほうではありませんが、久々、ラッキーって感じの出来事でした!

 

p.s

よくよく考えてみると、そもそもリコール対象を買っている段階でツイてないって話なのかもしれませんが…。

 

JUGEMテーマ:日記・一般

なんとなく歴代の車を思い出してみた。

例のアストンマーチン問題。
物損は一旦片がつき、あとは多分医者に通っているという内容が治癒すれば、一件落着となるはずです。早く吉報が届くことを待ってますが…。

そんなことを考えながら、ぼんやりと、そういえば私は今までどんな車を乗ってきたんだっけ?なんてふと思い返しました。
父が日産系の会社におりましたので、自宅の車は日産ばかりでした。ブルーバード、スカイラインとか、そんなの。私も最初に自分で買った車は日産のパルサーだったなぁ。当時はね、まだ日産もWRCとか出ててパルサーも参戦してたんで、そんなイメージで決めたような気もします。



その後は、自己所有ではありませんが、友達と立ち上げた会社の社用車として、チェロキーリミテッド(四角いヤツね)やベンツE500とか乗って、そのあと中古で激安だったポルシェ911カレラに乗りました(ヤフオクで買ったのw)。







ポルシェシンクロの最終年の86年だったかな。これがまたエアコンは効かない、そしてステアリングが重い。クラッチも重い。そして左ハンドル、マニュアル。都内にはおよそ向かない仕様でしたね(笑)。まぁ、過酷な車でしたが、乗っていて楽しい車でした。NAですが、加速はいいしね。キュンキュン走る。ただ首都高速とか夜に用事で乗っていると煽られる…。スカイラインとかすげーパッシングしてくるの。漫画の影響なんでしょうか。うちのはターボじゃないし、ウイングもついてなかったんだけど、夜目にみると黒に見えたんでしょうね。濃紺なんだけど(笑)。

そんで、それが嫌になって、アウディA6ワゴンに。これは自損で壊して、その次がアウディA6のオールロード。





とっても形も乗り心地もとっても好きな車で一生乗ろうと思ってたんだけど、エンジンからのオイル漏れがひどくなってきて、エンジン卸して修理すると100万以上かかるって言われて泣く泣く手放したんですよね。まぁ、その時には大型犬も亡くなってましたので、コンパクトな車でいいかってなことで、シトロエンDS4にしたんですよね。まさかまた大型犬を飼うとはその時は思ってなかったけど(笑)。



車って、私たちの世代は思い入れもあり、物欲の象徴的なアイテムでしたが、この年になると、結構なんでも良くなってきますね。先日借りた商業車のボロボロの白いワゴンとかが、もう気安く乗れて最高だなぁと思ったり。今は他の車に乗換えようとか全然思ってないけど、もし買うなら、燃費の良い楽な車か、汚くて気軽に乗れるワゴンとか、そういうのがいいなぁ。

ただね、最終的にもし上手く老人まで生き長らえて、若干の余裕があれば欲しい車はあるんですよね。それはキャンピングカー。アウトドアのキャンプに行きたいというよりは、その車で嫁とわんこと日本全国をのんびり回りたいなぁなんて夢を見ております。各地の安くておいしいものをいただきながら、知り合いやお友達にあいさつして回る旅。冥途の土産は多い方がいいしね(笑)。あと、首都直下型地震などに被災したら、役に立つかもしれない。

過去の車を思い返していたら、その車ごとのいろんな出来事や思い出が蘇ってきました。こんなところ行ったなぁとか、助手席のお相手など(見栄)。それもまた車の楽しみかもしれませんね。

p.s
その後、街でアストンマーチンを見ると、ものすご〜く距離をとるようになりました。私はどんなにお金持ちになっても、絶対に乗らないと思います…。

JUGEMテーマ:日記・一般