スペックよりも人気で値段が決まるのよね。

なんでこんな高いんだろ?とか安いんだろ?とか、よくデジマートなどを見ながら思うことがあります。中古やヴィンテージベースの値段って、当たり前ですがその人気によって相場が形成されます。その金額感が楽器と折り合ってないように感じることってないですか?

 

そんなに悪くないのになんでこんなに人気(値段が安い)がないんだろうか?とか思う機種も時々あります。例えば、YAMAHAのBB-X。BB3000をデタッチャブルにしただけの差。もちろん定価的にもその分は安いから市場で安くなるのはわかるけど、ヤフオクでも3万程度。BB3000と同じパーツを使っているのに、やっぱり全然人気ない(笑)。結構お買い得な機種なんじゃないかな。昔持ってたけど、そう悪くなかったし。

 

それとか、ヴィンテージ系でいうなら、MUSICMAN STINGRAYは不思議ですよね。一時期、とても値上がりして70年代後半のブツは30万オーバーとかあったのに、最近は20万以下もちらほら。値下がりしてますよね(笑)。ヴィンテージでこういうのは珍しい。いい状態のものが少ないのかも知れませんが、それは今も昔も変わらないし。楽器屋さんが以前言ってた話だけど、ヴィンテージで相場が付くのは、そのブランドの現行品が良くない場合。現行品の精度が高ければ、ヴィンテージ価値はあまり上がらない、と。そう考えると、MUSICMANは頑張っているのかもしれませんね。でもやっぱり昔の金額を知っているだけに、お買い得だよなぁと思ったりもします。

 

逆になぜこんなに高いんだ?と思うベースもあります。例えばムスタング。これはね、いい楽器だと思うんです。もちろん好きです。ただね、逆に昔の相場を知っているだけになかなか買う気持ちになれない(笑)。だってヴィンテージでも5,6万で楽器屋さんで並んでた楽器ですからね。今や20万前後します。あの時買っておけばよかった(笑)。

 

ちなみにアメリカの相場は為替の影響もありますけど、以前よりは高いですね。日本で人気のある楽器とアメリカのそれは違うようだし。先ほどのSTINGRAYとかは、程度にもよりますが、結構高い値段で取引されてたりしますもんね。

 

まぁ、自分の買った楽器を売るときはできるだけ損をしたくないので、リセールバリューを考えて買いますが、クオリティがそこそこ高いのに不当に安いと思う楽器は、手を出しやすいので、これからはなるべくそっち方向で遊ぼうかなと思ったりしてます。tokaiなんかはそういう意味ではまだ手が出る価格だよね。以前よりは高いけど…。

 

みなさんもそんな風に思う楽器やブランドってありますかね?

そんなことを考えながら見るヤフオクやebayは現実逃避にはとても役に立ちます(笑)。

 

JUGEMテーマ:音楽

両手の人差し指がヤバいっす。

人差し指がね、痛くて腫れてるんです、ここ1か月ばかり。しかも何故か両手とも…。

 

ベースを弾くうえで、無理なフォームで弾いているなら理解はできる。でもここしばらくは毎日朝練しているし、それで痛めたことは無いんす。とっても頑張って練習した記憶もない。

 

症状としては、まず指が曲げにくい。これは腫れているから物理的にも違和感がある。それよりもとにかく痛いのが、指が横方向(親指方向)に引っ張られたとき。激痛…。両手とも同じ症状。

 

あまりに痛いので先日、総合病院の整形外科に行ってみました(足の骨折の時に行った病院ではありませんw)。そこでね、レントゲンを撮って診断してもらったんですよ。その病院の先生が若くてきれいな女医さんで、これからはここに決めた!と(笑)。いや、その話ではなく、診断なんですけどね。

 

どうやら両手ともに指を支えている靭帯が痛んでいるようだ、と。

 

レントゲンでは骨しか分からないので、あくまで推察でしかないようですが、両手共に一方向のみに曲げたときに大きな痛みがあるので、そうなんじゃないかってことらしいです。ちなみに骨に異常はありませんでした。腫れがなかなか引かないから、折れてんじゃないかと思ったので、それはホッとしました(前回の骨折時も最初はそういう診断でしたが、きれいな女医さんだと無条件に信じてしまいますw)。

 

嫁の親族に悪性リュウマチの方がおり、その痛みや御苦労は身近で見ておりますので、もしや自分も?なんて少し考えたのですが、女医さん曰く、痛みが最初に発症する場所が違うようだし、骨自体には異常がないので、違うだろうとのことでした。問診で、尿酸値や高血圧、糖尿の有無を聞かれました。多分ないと答えたから、血液検査は省かれたのかな?本当はやってもらいたかったんだけど。

 

原因として、私が個人的に思いつくのは、ワンコとのボール投げなんですよね。ボールを咥えると全然離してくれないの。お互いが全力で引っ張りっこする状態になり、多分その時に痛めているんだろうなぁ、って。あと、S7のベースを買ってからは、普段やらないスラップなんてやってたら、無駄な力がかかって痛めた可能性も否定できません(笑)。ボディに思いっきり叩きつけてたし(笑)。

 

とは言え、朝練は何となく続けております。処方された痛み止めと、塗り薬と湿布を貼って2週間経ちますが、まだ状況が改善してません。なので、ちょっと休んだ方がいいのかもなぁ。でも犬の散歩は休めないし、ボール投げもワンコ的には大好きなので、やってあげたいし。もうちょっと様子をみて考えようかな。歳とると治り遅くて困るね…。

 

p.s

次回、診察の予約を取りましたが、次回から女医さんではなく、別の担当医師になるとのこと。通うモチベーションが下がりました…(笑)。

 

JUGEMテーマ:音楽

メイプル指板が好きだ!!

IMG_4513.JPG

 

JVシリアルのPB、その後にS7のJBを買ってからというもの、メイプル指板の素晴らしさにヤラレております(笑)。

 

いままではどちらかというというとローズ系指板の所有率が多かった私ですが、もうね、本当にいいのよ、メイプル!!クリスピーなハイの出るお陰で無理な力を入れなくても明るい音がするし、軽いタッチで十分な反応が得られる。今更ではありますが、メイプルワンピースってかなり優秀なコンストラクションなのではないかしら。PBでは間違いなく59年までのヴィンテージがベストと思えるし、70’S fenderのアッシュメイプルも、62年とは違う魅力が詰まっている。

 

一般的なJBやPBという形状のベースにおいて、この指板選択には本当に意味があると思っています。ケンスミスさんは「バイオリンなどの弦楽器でメイプルのものなんか、無いだろう?」と否定的ですが、私はメイプル指板にはローズにはない、速さやヌケ、明るさがあると思っております。それにすでにそのサウンドは過去のカタログなどから充分刷り込まれておりますし、違和感もありません。

 

久しぶりに70’S fenderを弾いてますと、もう離れられないっすね(笑)。とてもシックリ来るんです。一言でいうと音に華がある。もっぱら一人で弾いていることもあるのかも知れませんが、その際のパートナーとしては最適だなと(笑)。

 

62年やサンダーバードはそれはそれでもちろんよいのですが、自分の普段使いには、こっちのほうが合ってるのかも。巷に流通している総数から言えば、メイプル指板の本数の方が少ないと思いますが、なんでなのかな。こんなにいいのに(笑)。

 

ということで、しばらくは私の中でメイプルブームは続きそうです!

 

IMG_4514.JPG

 

IMG_4515.JPG

 

JUGEMテーマ:音楽