オーディションで見た若手バンドの使用機材。

昨今、フェスが沢山開催されて、その出演を賭けたオーディション企画なども数多くあります。ときどき拝見してますが、演奏の他にも、皆さんが使用されている楽器を見るのが楽しみでもあります。

 

年によって顕著な傾向がある、ってほど偏りがあるわけではありませんが、複数のバンドで見かけるブランドも少なくなく、支持されてるんだなぁとか思ったりもします。

 

一昨年あたりだと、多かったのはアトリエZ。この辺は供給量もあるし、エンドースアーティストが多いので、接点も多いのだろうなと思います。昨年はLAKLANDを使用している方が複数名いましたね。全体の流通量からすると多いイメージでした。USAではなく日本製のものが中心でしたが、みな音は良かったかな。

 

そして先日、今年のオーディションを拝見してきました。個人的に多く感じたのはフジゲンですかね。楽器屋さんでもよく見かけますし、価格帯も幅があり選択しやすい。金額の割にはいいブツもあってコストパフォーマンスは高いブランドだと思います。だからかもしれませんね。

 

あと、ギタリストとベーシストがブランドを揃えていたバンドもありました。ブランドでいうとG7ギターズ、MOMOSE、あとサイケデリズムだったかな。この辺りはきっとどっちかのメンバーが工房と仲良しで、その評価を聞いて紹介してもらった感じなのかしら。

 

あと意外かも知れませんが、ベーシストに関していうと、フェンダーはそう多くないんですよね。流通量から考えたらもっと居そうなもんですが、私が覚えてるのは3人程度。しかも現行品ではなくて70’SのJB1人とPBが2人でした。たまたま…なのかな。いま、アメリカンプロフェッショナルシリーズが楽器屋さんでも売れているようなので、今後は増えるかも知れませんね。

 

足元に関しては、バンドのカラーでだいぶ違いますが、やはり平均2,3個程度のエフェクターが多かったです。もちろん、アンプ直もいれば、かなりの数を導入して音を作りこんでいる人もいました。種別的にはコンプと歪み系が多かったです。逆に少なかったのがコーラスなどの空間系ですかね。この辺はオーディションの種類によって違うかもしれませんが…。

 

演奏的なことを言いますとね、総じて上手いですよ。10代のミュージシャンでも我々が同じ年の頃よりずっと上手い。ライブを見ることもやることも以前よりは身近なんでしょうね。あとやっぱり教則本や動画など情報量も多いから、進歩が速いのかも知れません。

 

特に驚くのが、録音のスキル。DTMが一般的になってから久しいですが、皆さんホントに音源作るの上手。最近のバンドはちゃんとPVとかも自分たちで作ってるとこも多いし、編集もキチンとしている。全然普通に見られるし聞けちゃいます。ただ、時々音源の作りが良く過ぎて、逆にライブが物足りなく感じしてしまうバンドもありましたが…。その辺の頃合いは難しいですよね(笑)。

 

まぁ、みんながプロになれるわけでもなく、運よくデビューできたとしても入れ替わりや淘汰の激しい世界だと思います。あんまり無責任なことは言えないけど、ライブ審査に残る人は何がしか説得力や光るものがありましたので、結果がどうであれ頑張って欲しいと思いました。こういうところから次世代のスターが生まれるのかも知れませんね。

 

JUGEMテーマ:音楽

QUIZの答え合わせの前に…。

あのね、本当はもう少し写真上げてクイズを引っ張ろうかと思ったのですが、比較的分かり易い個体だったし、ここから先は蛇足かなと思いましたので、クイズはやめて次回から楽器の紹介に移りますね。

 

あとね、1枚目の写真でコメントにいきなり「73JB!」と回答された方いました。これはね、多分答えを知ってるからですよね…。あの治具穴の写真だけで、機種や年代が判定できる訳ないもん。その回答にね、どうコメントを返せっていうんですかね?どうしてわかったんですか?とも聞けないし、正解ですといえば企画は終わりですし。根拠をただすぐらいしかできませんよ。

 

ささやかなブログですが、物好きが集まって、ああでもないこうでもないと他愛ない話をして楽しんでいるわけで、それが正解でも間違いでもどっちでもいいんですよ。それぞれの意見や推理が聞けることが私やきっと皆さんにとっての興味だと思うし。だからね、答えを知っている人がいたとしても、そこは黙っているのが常識というか配慮ってもんだろうと思うんですよね。

この企画のために、少し意図的に構図を考えて写真を撮ったり、アップしていく順番を考えるのも、結構メンドクサイことなんですよ。それでも一緒に楽しめるならいいかなと思ってやってたんですけどね。そういう想いを考えず、(多分答えを知ってて)言い当てたようなことをする行為に対して、正直、やる気がなくなりました。次回からもうこういう企画はやめようかなと思っています。いろんな人に見ていただくのは嬉しいですが、こういうことが増えれば負担に感じるし、無理を押してやることでもないですしね。

 

些細なことですが、作り手の気持ちは意外とピュアで、そこが理解されないのはとても悲しいし、ひとこと言っておきたかったので書きました。不快に思われた方、すみません。小さいヤツと思われた方、その通りです。ただね、個人が主宰するブログですので、私の意に染まないことはなるべく減らしたいのです。ご理解ください。

 

この話はとりあえずここまで。次回のエントリからは楽器のご紹介ができればと。

 

p.s

最初は腹が立ったけど、今はそうでもないですので。

 

JUGEMテーマ:音楽

指の痛みの症状名が分かりました。

以前のブログで両手の人差し指の第2関節の痛みが治らないことを書きました。一度病院には行ったものの、痛み止めの飲み薬とロキソニン塗り薬をいただいただけで、その後も全くといっていいほど、症状は改善しておりません。

 

そこでね、セカンドオピニオンも必要だろうと考えて、別の病院に行ってみました。そこは総合病院ではなく、整形外科の専門医。症状をお話してほどなく、あっさりと診断結果が下されました。

 

「ブシャール結節だね」

 

聞いたこともない症名ですが、後ほど家で検索してみますと、結構当たっている。

 

まずは、この病気の場合、一般的に原因に覚えがあまりないことが多いらしい。

私の場合にはすずのすけさんのしつけや散歩などが原因ではないかと思いつつ、直接的に何か思いっきり痛めたような記憶はないんす。なので、まぁ確かにそうね、と納得。

 

んで次に、両手の対称の指に発症しやすい、と書いてある。

これが不思議だったのですが、どうやらこの病気はそういうケースが多いらしい。なるほど。不思議な病気だなと思いつつ、結局何が原因なのを読み進めますと…

 

加齢によるケースが多い…。

 

うん、これでは治しようがないね…(笑)。

まぁ、その調べたサイト曰くですが、1,2年ほどで治まる(自然治癒)するようですので、ただ痛みに耐えて慣れるしかないようです。関節が太くなり変形することもあるみたいだから、経過観察だけはしないといけませんね。私の場合も以前より関節がふとくなっているよう気もします。昔は白魚のような手と言われ、手タレとして広告に出たこともあったのに…(予算がなくて、自分の手でやっただけですけどねw)。

 

ちなみに、第2関節に起こる症状をブシャール結節と呼び、第1関節に起こる同様の症状をへバーデン結節と呼ぶようです。単に発見者(論文書いた医者?)の名前がついているだけで、中身は一緒だそうです。医者の自己顕示欲は凄い(笑)。

 

私以外にも同様の症状を持つ方はいるみたい。バーチーズの千葉さんも指痛いとか言ってましたし、きっと同じヤツじゃないかな?

一応、リンク貼っておきますので、ご心配な方は見てみては?

 

とりあえずは、気長にだましだましベース弾くとしましょう。セーハとか、特定の動きや角度で痛みが走るので、以前より自由に弾けないのが辛いですが…。皆様もご自愛ください。

 

JUGEMテーマ:日記・一般