FENDER JAPAN PB57-75 JVシリアル 後編

さてさて、肝心の音です。

 

 

ピックアップの傾向でいうと、音がデカく高出力ですね。テスターで直流抵抗を測ったわけではありませんが、比較的高いのではないかと。音はボディ、ネック全体で作るものなので、このピックアップ単体で語るのは違うかもしれませんが、ミッドが厚めな音がします。今まで弾いた本物の62年はかなり低音に圧を感じるものが多くボトム感があったのですが、こちらはそこまでの迫力は感じません。多少太めの“平巻”でも張れば、印象は変わるかもしれませんが。

 

あと、少し気になるのは、ハイに乗る若干のノイズ。これは使用環境によっても違ってくるとは思いますが、我が家で鳴らしたときに、他のベースでは出ないノイズがあるので、ピックアップが原因かもしれません。特に大きなノイズでもなく、使用に関してはそう問題にはならないと思われますが、家で1人で弾いているとちょっと気になる。75グレードのピックアップですので、そう高価なものでもないでしょうから、ここはリプレイスしてみるもの面白いかなと思っています。トーカイモディファイのときにはかなり沢山のJBピックアップを試しましたし、その結果得られた経験値も少なからずあったので。PBのマイク交換による音質変化も実験してみる価値はあるかも。

 

あと最近、改めて思うのは、やはりネックの重さや剛性感で、だいぶローの出方は違うな、ということ。先日もC/SのJBを楽器屋さんで試奏させてもらったのですが、ネックヘヴィーな個体は鳴りは薄く感じるけど、下が出ているブツが多い。ヴィンテージでもウェイトバランスが良いとは言えない個体で音がいいものは結構ある。個人的にはヘッド落ちする個体は避けたいですが、そのレベルによってはストラップで十分カバーできますので、このベースに関してもちょいとペグをGB9に換装してみるとかしてみてもいいかもしれませんね。本当はもう少しネックの厚みがほしい気がしますが、こればっかりは如何ともできないので。

とはいいつつ、もともとの木はそう悪くないと思います。ネックも締めずにバランスしてますし、ボディもよく鳴ります。なので、いろいろな実験をしてみるには良いサンプルかもしれません。

 

そうなると楽しいのはパーツ選びですね。ゆるゆるとピックアップでも探しながら、実験してみようと思います。JBは結構選択肢多いですが、PBはなんかあんまりなくないですか?どこがいいのかな…。結局ダンカンとかに落ち着いてしまいそうな気もしますが…(笑)。何かよい情報であればご教示いただけますと幸いです。

 

しばらくはいろいろと楽しめそうなベースです!

 

結論:

JVは値段にしては良い楽器を作っていたと思いますよ。頑張ってたんだな、当時のfenderJAPANは。

 

 

 

JUGEMテーマ:音楽