試奏レポート “ALIEN AUDIO L5-PJ34-TFG-”

未知のブランドの試奏レポートを書くのはいつ以来でしょうか(笑)?久しく書きたいと思うブランドもなく、どちらかというとヴィンテージや既知のハイエンド系に偏った感じで試奏などをしてきましたが、先日、これはいいかも!と思えるベースに出会いまいましたので、ご報告方がた、所感などを上げておこうかと。

 

まずは、このブランド、ご存知ですか?

 

IMG_4464.JPG

 

ALIEN AUDIO(エイリアンオーディオ、でいいのかな?)。私は初めて聞く&触るブランドでした。どうやらナッシュビルで生産しているメーカーで、正式にスリークエリートが代理店に決まっての日本初上陸らしい。んで、こちらがその最初の1本目、とのこと。

 

ふらっと寄った渋谷のクロサワに置いてありましてね。この色とそして見たことのないブランド名とルックスに興味をもちまして、早速試奏家魂に火がついてしまったわけです(笑)。

 

 

観ての通り、シングルカットのPJスタイル。しかもPUはノードストランドのPスタイルとJスタイルのビッグシングル。

 

IMG_4466.JPG

 

音の総括は一番最後に書きますので、まずは忘れないうちに、軽くスペックのおさらいを(笑)。ボディがスワンプアッシュでネックがアッシュ+メイプル+アッシュの3ピース。回路はオリジナルでブリッジが2TEK。これだけでもかなり個性的な感じがしますよね。

 

まずはそれを持った時のバランス。アッシュネックということでネックヘヴィーになりそうな感じもしましたが、全然そんなこともこともなく、軽めのスワンプアッシュと相性もいい。ネック材の杢目を見るに結構いい気を使っているように思います。シングルカットの弾きにくさも個人的には感じませんでした。ホールド感も悪くない。

 

さらに特徴的とも言えるのが、そのネックシェイプ。

 

IMG_4461.JPG

 

写真では分かりにくいかも知れませんが、非対称になってます。5弦側が薄く、1弦側が厚いアンシンメトリー。割と逆のシェイプを持つ楽器はありますが、これは珍しい。まず弾いてみると、やっぱりそういう楽器に触れたことがないので正直違和感はある。だけど弾きすすむと、意外と合理的な気もしてくる。人それぞれの親指を置くポジションにも因るとは思いますが、構えたときにネックの低音部が薄いことでネック全体に指を回しやすい。また高音弦を弾く時はしっかりとした厚みがあるので、ポジションをホールドするのがラクです。慣れれば、良いシェイプなのかも。

 

そして珍しいのは、そのコントロール。

 

IMG_4467.JPG

 

大きいノブが上から、トーン、バランサー、ヴォリューム。まぁ、普通と逆よね。あと小さいノブが、上からトレブル/ミッド/ベース。ここはノーマル。このプリアンプの特徴はこれだけじゃなくて、ヴォリュームをプルするとオーバードライブがかかる(笑)。あとトーンを引っ張るとヴィンテージとハイファイという2種類の異なるサウンドが出る。こういう回路って割とキワモノが多くて、実は使えない…なんてことも多いのですが、このオーバードライブはちょっとよかったかな。激しく歪むというよりは、音の厚みを出すドライブというイメージ。サンズなんかの考え方には近いのかも。普通のラインを弾きながら、少し押し出しを強くしたいときとかにも使える感じ。大人なドライブですね。ヴィンテージとハイファイは、試奏した環境では、実はあまり判然としませんでした。弦も死んでたし。故にそこは言及せず。

 

もう一個特徴的なパーツ、ブリッジ。

 

IMG_4468.JPG

 

IMG_4469.JPG

 

各弦ごとに支持するタイプで、ボディは貫通しております。この手のブリッジをなかなか採用しているところは近年ありませんよね。個人的には印象イイです。ちゃんと弦振動をボディに余すことなく伝えている感じがするのと、適度なヌケというか、暴れ感を演出する上で機能しているような気がします。科学的根拠ではなく、あくまで弾いた印象ですけどね(笑)。

 

んでもって、ヘッドやボリュートは割と厚め。

 

IMG_4472.JPG

 

IMG_4471.JPG

 

少し、LAKLANDっぽい感じ。これはこれで私は好きです。きっちり弦鳴りをサポートして、さらには剛性的にも優れている。

 

んでね、気になるのは実際の音はどうなのよ?と。

私は、この楽器をスリークエリートの広瀬さんが入れた理由がなんとなく分かるなぁ(笑)。感想からいうと好きです。見た目のキワモノっぽい感じとは裏腹に、ベースとしてかなり実直な音がします。いわゆる派手なドンシャリサウンドや巷のハイエンドとは違う方向。オーセンティックでありながら、しかもオリジナリティがある。音的には近いポジョンニング/マーケットにあるのが、コッポロなんじゃないかな。あそこの不安定な供給状態を解決する一策になるのではないかと。演奏感も構造も良く考えられているし、鳴りも悪くない。個人的には合格ですね(笑)。

PJレイアウトも基本的にはキライですが、これに関しては指弾きをする限りでは気になりませんでした。ミドルの落ち着いた使いやすい音がしましたよ。ppやJJはどんな音がするのか気になります。

 

しかもね、価格で言うと、

 

IMG_4460.JPG

 

非常に戦略的。コッポロが今みたいな尋常じゃない値段になる前に流通していた価格と近いのではないかしら?

 

まだこれ1本しか弾いてないし、個体差があるのかないのか?とか、JJレイアウトも、PP(リアのPはリバースしてる)も、ダブルカッタウェイのシェイプもあるようですし、それらはどうなのか?と気になるところ。まぁ、とりあえず、いろんな個体を弾いた上でじゃないとブランドとしての評価はできませんが、これからの供給が楽しみであることは間違いありません。

 

ヘッドのデザインも私としては好きです。ただ保守派の私からすると、ボディ形状は普通のJBやPBに倣ってもいいかな(笑)。とにかく定期的に新品が入ってくるようなら、今後も注視していこうと思います。

 

JUGEMテーマ:音楽

スポンサーサイト

コメント

レポートの方誠にありがとうございました。34"の場合Coppoloが持っている要素もあり、35"仕様になりますとTyler, Stevensという、あまり多くの方がご存知ないものの世界屈指の凄さを持っている楽器の系譜と考えられる存在です。

  • はじめ
  • 2017/02/11 02:14

はじめさん
ども、ご無沙汰してます。34inchと35inchでは結構キャラが変わるんですかね?バリエーションも豊富そうなので、他の個体も弾いてみたいですね。とりあえず第一印象でいうと、とても期待できるブランドだと思いまいた!

  • shinmei_t
  • 2017/02/11 07:08

デイヴィッド・ハンゲイトがTOTOに復帰したとき使ってたんで、興味ありました。
PPレイアウトだったんで、なんとなくアクの強そうな感じがレイクランドとの違いかな、とイメージしてたんですけど。
自分も都心に行く機会あれば、試してみます。

  • 2017/02/11 10:53

富さん
ご存知でしたか。さすが!デヴィット・ハンゲイトはエンドースアーティストのTOPにデカデカと出てますねw。PPの音を聴いたことがないので、触ってみたいですね。ぜひお時間があれば弾いてみてくださいな!

  • shinmei_t
  • 2017/02/11 16:03