試奏レポート “YAMAHA BB P34/BB734A/BB434”

日本を代表する世界的楽器ブランド、ヤマハ。そのベースのフラッグシップといえるのがBBシリーズ。BB2000などが開発されたのが70年代後半。そして80年代後半によりJBライクでヴィンテージを意識したモデルチェンジを敢行。2000年代に入ってからは、従来からのBBらしさに再度注目しつつ現代的にアジャストされたBBシリーズが発売されました。

 

そして今年、新BBがベーマガに掲載されててビックリしたんですよ。もう新しいの出すのか!って。今までのシリーズよりちょっと早くないすかね?以前の最高級機種であるBB2024などは定価で30万オーバーだったし、なかなかセールス的には難しかったのかもしれませんね。

 

ということで、新しいBBはどうなんだろうなぁって思ってたんです。今回のラインナップの中で先行発売された海外生産のBB434は1ヶ月ほど前に試奏したことがあり、その時の印象が結構良かったので、一番高い国産バージョンが発売されたときに比較してみたいなと思っていたのです。そしてちょうどこの週末に入荷したての最上位機種に出会うことができましたので、早速試奏をしてみました。

 

IMG_4836.JPG

左から、BB734A/BB P34/BB434です。

 

今回は在庫にバリエーションがありましたので、3機種弾き比べてます。音の印象はそれぞれに個体差はあると思いますが、早速レポートを。

 

まずは、今回一番弾いてみたかったBB P34。

定価は21万5千円。楽器屋さんの実勢価格では19万ぐらいです。以前比べてだいぶ安くなりました。原価を見直して構造を変えてきたことが大きな要因ですかね。とりあえずいっぱい写真を撮ってきましたので、詳細をみてみましょう。

 

IMG_4840.JPG

 

今回のシリーズはほぼこのヘッドの意匠で統一されています。一見、グレードが判別できませんが、一番安い機種はヘッド上部のヤマハロゴ(音叉の)が印刷ですね。それ以外はエンボスした金属(?)が埋め込まれています。またこの最高位機種のみ、ストリングガイドが1弦〜3弦をカバーしてます(他は1,2弦のみ)。あと本機種のみ金属パーツがつや消し(サテンニッケル)になっており、高級感が増してます。

 

 

IMG_4837.JPG

 

見た目、好きです。コントロールは従来のBBによく採用されていたピックアップセレクターではなく、2vo、1t。使いやすいです。

まずは従来から大きく変わったブリッジから。

 

IMG_4845.JPG

 

見ての通り、裏通しも可能なタイプで、しかもその通し方はこんな感じ。

 

IMG_4844.JPG

 

ボディから直角に弦を落とす従来型ではなく、斜めに留めるようになってますね。そのためボディバックは斜めにカットされてます。ここは弦鳴りやテンション感に大きく影響する部分だと思います。実際に弾いてみますと、特に大きな違和感はありません。テンション感もキツい感じはしませんでしたね。

 

そして音を支えるピックアップも本シリーズでは新開発してます。

 

IMG_4838.JPG

 

一見、すべての機種に同じマイクが載っているように見えますが、P34と734/735はハイグレードアルニコ垢箸いΔ海箸悩絞眠修気譴討い泙后BBのアイデンティティとして、お約束のPJレイアウト。エスカッションとかもないので、BBっぽさは薄れてますが、シンプルでプレーンな見た目は個人的には好印象です。

 

で、ネック周り。一番の目玉はここですかね。

 

IMG_4843.JPG

 

本シリーズでは以前のBBの代名詞とも言えるスルーネック構造は採用されていません。一般的な4点留めに合わせて、ネックエンドを斜め45度から固定する2点のボルトが付加されてます(一番安い234とかは通常の4点)。マイター・ボルティング方式と呼ぶそうです。これにより擬似的なスルーネック状態を作ろうという意図なんでしょうね。似たような構造は過去のアティテュードやCITRONなどでもありましたが、その効能はどこまであるのか?実際にこの斜めのボルトを緩めるかとかしないとわかりませんが、弾いた感じ充分なサスティンはありました。あと何よりもこの構造の採用に原価が抑えられているのが思います。買い手にとってはここが一番ありがたいことなのかも(笑)。

 

IMG_4839.JPGIMG_4846.JPG

 

指板周り。ローズですね。なんか見た目の印象ですが、BBっぽいローズでした(笑)。BB2000あたりで見慣れた感じの。質感はいいですね。安っぽくはありません。張り方はスラブで厚め。ポジションマークはこの機種と734/735のみバータイプのインレイが入ってます(後はドット)。

 

IMG_4841.JPG

 

あとね、P34/35のヘッド裏には、誇らしげな“日本製”の文字が。食料品と工業製品は日本製が一番安心です(笑)。コストがかかっても作りが良いと信じられる証拠、みたいなもんすかね。

 

んで、試奏した印象ですが、個人的はとても良いと思いました。値段から考えても全然お買い得かも。まず4弦の締りもよく密度も圧もある音でした。重心も低くロー感充分。ボディが潰しのカラーなのでわかりにくいのですが、アルダー+メイプル+アルダーのラミネート3プライ構造なんですね。この辺が音や鳴りに大きな影響を与えていると思います。膨らみ過ぎず音に締まりがある。鳴り自体はまだ固い印象。やはり単板や単一素材の音とはちょっと違うような気がします。

4弦をサムピングした音とか、本当にビシって決まる。程よいメタリック感もあるし、音程感もある。1,2弦のプルは、PJっぽさはあるものの、嫌味な感じのミドルは薄くて、比較的すっきりしてるのではないですかね。ここは好き嫌いかと。PJマイクはフロント、リアとも単体で使っても充分圧があります。またフルテンもJB的な美味しさもある。ただパーシャル領域でF/Rミックスしても、その微妙な音の厚みの変わり具合などは体感しづらかったです。この辺はもっと大きな音量で試したらまた別の印象になるかもしれませんが。

あとね、不思議なんだけど、やっぱりヤマハの音がするんですよね(笑)。BBを弾いていると自分で思っているからそう感じるのかもしれませんが、ヤマハの持つDNAは受け継がれているように感じました。私は好きだな。

 

ここまでで随分長くなってしまったので、あと2機種はポイントだけご紹介。

 

BB734A

アクティブ回路搭載機種。この回路は非常に良かった。私はアクティブ回路であってもパッシブトーンは欲しい方なのですが、この回路に関しては必要がない。アクティブのハイをカットすれば、パッシブトーン的に効いてくれる。それからパッシブの音を基音にアクティブで音を作るタイプの楽器だと思います。なので、当然パッシブ時の音がいい。これ、アクティブでありながら、その使用を前提としてない気がします。さすが。

 

IMG_4854.JPG

 

価格が4弦で10万5千円。実勢で9万程度。インドネシア産だとやはり安いね。しかしパーツなどは比較的P34と近い。私がもし購入をするなら、この機種を選択するかもな。一番コスパが良いような気がします。

あとね、ネック裏などがサテンのブラック系で覆われてます。この機種のみそういうフィニシュになってます。あとハードウェアもブラックニッケルですね。

 

IMG_4858.JPG

 

BB434

こちらもインドネシア産のBBです。ただこちらはアルダーボディ。ラミネートはありません。そのお陰なのか、私の試奏した個体のせいか…、とても鳴りが良く、弾いていて反応が楽しかったのはこの機種でした。P34に比べると音的には若干腰高な印象はあります。ずっしりとしたローはない。とは言え、普通のこの価格帯の楽器よりは全然いいですよ。実勢価格で5,6万ですからね。ほんとに企業努力が伺えます。あと、安くても構造的にはきちんとフラッグシップと同じです。

 

IMG_4852.JPGIMG_4853.JPG

 

ちなみにハードウェアは普通のクロームです。

 

IMG_4847.JPG

 

YAHAMAのベースにはfenderにはない味わいがありますね。それが好きかどうかで評価は変るかもしれませんが、造りは本当に丁寧だし、研究を怠っていないメーカーだと思います。これからもこういう楽器を出しつづけてほしいですね。総合評価として、このシリーズは良いと思います。プロもエントリ層も手が出しやすいし、音的にも満足感があると思いますよ。ご興味があれば、ぜひ試奏してみてください。

 

P.S

前のBBは、個人的に値段の割に感動がなくて、あまり好きではありませんでしたが、このシリーズは好きです。

いつもいろいろな試奏をさせてくださって感謝してます!福田さん!

 

IMG_4860.JPG

 

JUGEMテーマ:音楽

スポンサーサイト

コメント

初めてコメントさせて頂きます、ZOOM教信者と申します。宜しくお願い致します。
早速ですが、BBPの試奏レポート有難うございます!
導入を考えているので、非常に参考になりました!

  • ZOOM教信者
  • 2017/06/11 19:23

ZOOM教信者さん
コメントありがとうございます。役に立ったなら良かったです。BBPは高いだけのクオリティを感じました。ただ個体差がどこまであるのかはわかりません。試奏は入荷した1本だけだったので。いくつか選べる環境があると良いんですけどね。良い出会いがありますよう。

  • shinmei_t
  • 2017/06/12 06:15

これはとても参考になります。

実は先のGW楽器屋巡りの際に目論んでいたのが「新BBが有ったら試奏」だったのですが、BB234と434はいくつかの店舗で見かけたのですが、P34はまだ流通しておらず見当たらなかったので諦めた次第でした。

BBは今年で発売40周年になるんですよね。
今回、初代BBのピックガードのデザインの一部を取り入れているのは、その辺も有るのかな?と思ったり。

しかしずいぶんアッサリと先代の2024/2025シリーズに見切りをつけてしまったなぁ、と思います。
まあ、その辺の容赦無く割り切った収拾の付け方もヤマハらしいっちゃヤマハらしい気もします(笑)

  • すわべ
  • 2017/06/12 11:02

すわべさん
参考になったのであれば幸いです!
>P34はまだ流通しておらず見当たらなかったので…
国産のP34はちょうど先週末ぐらいにお店に来たみたいですよ。
>初代BBのピックガードのデザインの一部を取り入れているのは…
あの形は懐かしいですよね。私も何となくそう思いました。しかし40周年っていうのもすごいですよね。
YAMAHAのベースには共通する音の特徴がありますよね。今回の機種もそんな系譜というか、そういうのは感じられましたよ。ぜひ試奏してみてください!

  • shinmei_t
  • 2017/06/12 15:50

近年のヤマハのBB、
初代の積層ボディー×積層?ネックのスルーネック等の(先代?SB1200Sで確立したいわば伝家の宝刀)スクール(高コスト)と、
後のBB-リミテッド等のいわゆるフェンダー的なスクール(低コスト?)の間を代替わり毎に行ったり来たりしている印象です。?
(企画製創側(最高を遣りたい現場)と営業側(ソロバン)のバトル?)

今回の新型BBを遡るとご先祖様はBBのコ・ス・パ版(ながら高級ライン?)の昔のBB-1000X(デタッチャブルネック)をアップデートしたかのような仕様と印象があります。

積層ボディーに関しては遥かにSB800Sで既に採用されていた手慣れた技法。

多層ネックも同様にお家芸と言って過言ではありません?(SB1200S〜)

、、、(妄想)経営側からスルーネックは採算性が悪い(身に沁みている?)からやめてくれ?!の指示が有ったのかも?

  • 豆助
  • 2017/06/13 10:32

豆助さん
>…間を代替わり毎に行ったり来たりしている印象です。
私もそう思いました。やっぱりスルーネックの高コストは販売価格に影響が大きいし、売れ行きも最高機種は難しかったのかもしれませんね。
音的にはヤマハの開発者の方もインタビューでおっしゃってましたが、歴代のヤマハをきちんと検証して進められたようですね。そういうところが生真面目でいいなぁと思いました。

  • shinmei_t
  • 2017/06/14 10:18

BBP34の紺色を買いました。
良くも悪くも「普通に使えるベース」という印象です。
かつての【BB-勝曚痢叛犠鐃焚夙如匹箸いκ薫狼い發△蠅泙垢諭
ちなみに手放したBB2024と同じビルダーさんが仕上げた個体だと判って、
ちょっとした『ご縁』を感じております。
取り敢えず暫くの間はこの子がメインです。

  • Iga
  • 2017/06/15 13:21

Igaさん
さっそく買われましたか。IgaさんはYAMAHAファンですよね!
>良くも悪くも「普通に使えるベース」という印象です。
>かつての【BB-勝曚痢叛犠鐃焚夙如匹箸いκ薫狼い發△蠅泙垢諭
個人的にはBB-Xよりも好きですよ。おっしゃるようにいい意味で普通に使えるベースだと思いますし、オールジャンルいける汎用性はあると思います。
>BB2024と同じビルダーさんが仕上げた個体だと判って…
へー、組んだビルダーさんの名前ってわかるんですか?それは知らなかった!御縁、いいですね!

  • shinmei_t
  • 2017/06/15 14:08

shinmei_tさん
BB2024にもBBP34にも「Assembled by 〜」という直筆の署名が入った
ちょっとしたカードが添付されているんですよ。
フェンダーC/S製品みたいな感じで。
偶々ですが私の購入した2本は同じ担当者さんだったという次第です。

  • Iga
  • 2017/06/15 15:00

Igaさん
>直筆の署名が入ったちょっとしたカードが添付されているんですよ。
へー、そうなんですね。満足感ありますね!Assembled byというのは、最終的なセットアップや検品に責任を持つ感じなのかしら?いずれにせよ、そこに名前があると、親近感は感じますよねw。

  • shinmei_t
  • 2017/06/16 08:00

ウチには1980年頃のBB1200があります。音は最高なのですがいかんせん重い(4.6キロくらいあります)のでついつい持ち出すのが億劫になってしまいます。新型は軽いのでしょうね。弾いてみたいです。

  • みかみ
  • 2017/06/20 22:45

みかみさん
昔のBBシリーズはカタログ上でも重量が4.5kgと表記されてましたもんね。新型は物によって重さは変わりますが、多分4kg前半だと思いますよ。そこまで重い!っていう印象はありませんでした。ぜひ弾いてみてください。

  • shinmei_t
  • 2017/06/21 06:11