丁寧な説明…。

国会閉会中審査、世間の耳目を集めてますねぇ。

 

首相の答弁に関しては、それぞれの所感をお持ちかと思います。私も観ていて歯切れ悪!とか思いましたけど、何となく印象に残ったのは安倍さんの言う「丁寧な説明」という言葉。

 

「国民のみなさまから信頼を得られるようひとつひとつ丁寧に説明する努力を積み重ねていかなければならないという決意を新たにしております」

 

首相は果たして昨日の質問に対する回答も丁寧に行ったつもりなのですかね?また同じく質問を受けている官僚や大臣も同様の気持ちを持って臨んでいるのですかね?

 

「丁寧な説明」って、説明をしている当事者が語るべきことではなく、基本的には受け取り手が感じて評価することだと思うんですよね。この人は丁寧に説明してくれた、と感じるかどうか。話し手がいくらそれを心がけていても、伝わってなければ、それはきっと「丁寧な説明」にはならない。

 

仕事をする上で「丁寧な説明」を心掛けないといけないとは思いつつ、相手側がどう感じるかまで意識してないことが自分にもあると思うので、そういう意味では反面教師にしないといかんな、と漠然と思ったりしてました。

 

早いところこの手の話は片づけていただいて、本当に大切な政策の話を国会では行ってほしいもんです。

 

p.s 稲田さんは野党の時は結構厳しい追及をしてたけど、全くもって逆の立場になってますな。やっぱ石破さんの方が安心感あるなぁ。

 

JUGEMテーマ:日記・一般

スポンサーサイト

コメント

本気で日本、マズイと思っています。

加計学園問題って、問題になってないのは国会答弁聞いてりゃ誰でもわかります。
特に加戸前知事のお話は本質に迫ったものでしたし、小野寺議員からの質問の前川氏の答弁を聞けば、首相の意向なんか関係なかったこともわかります。

なのに、問題じゃないことを無理矢理問題として倒閣運動をするマスコミ、それに天下りを潰されて恨み骨髄の文科省、只々愚鈍な野党など…
森友は実は裏で本気の問題が出てきて、急激に収束したんですけど(同和利権等)、今回のは本当に酷い。
さらにマスメディアの報道を信じている国民も酷い。加戸前知事の答弁はほとんど報道されませんでしたし。
本当は蓮舫の国籍問題の方が遥かにデカいんですけど、これも報道しない自由を行使。

今回の件は、真面目に危機感を感じています。

  • 2017/07/26 18:59

丁寧という言葉に突っ込み入ってますが、私も同感で相手を納得させる言葉じゃないですよね。
自分自身に対して"丁寧に"とか、相手を評価するための表現として"丁寧だ"とか、こういう使い方はいいと思います。

これに似ていると思う言葉は、しっかりと、ちゃんと、正しく、一生懸命、等がありますが、スポーツ選手がインタビュー等で自分のプレイに対する意気込みとして使うならともかく、政治家が「しっかりと!取り組んでまいります」なんて言うと、当たり前じゃwと思っちゃいますね。選挙で選ばれているわけですから。

今後も様々な問題が起きたり起こされたりすると思いますが、私としては問題の内容云々よりも、それに対する姿勢がどういう時代を築くかに注目してますね〜。今のところ、またかという質問を煙に巻くやり取りが多くて、大事ではないとまでは思いませんが、面白くないですよね笑

あと、ネトオク等で、「TOKAI JB45です。とてもしっかりした造りでこの価格・・とても思えません」のテンプレが定番ですが、TOKAI結構造りは量産型なんですよね。丁寧ではないですし。でも、めっちゃ好きですが!w

  • polon
  • 2017/07/27 22:40

富さん
いろいろな方がいろいろな感じ方をしてますね。ただ共通しているのはどちらの側に立っている人も同じく危機感を感じているということですかね。
安倍政権に関しては、野党で代替えが利くかと言われれば、そうは思えないので自民党政権の続投以外はないかなと思いますが、今回はやはり安倍一強に対する不安や反発の火種になったんだろうなと思います。これから先、どうなるか気になるところです。

polonさん
>政治家が「しっかりと!取り組んでまいります」なんて言うと、当たり前じゃw
そうですね。基本的には建前上、どんな仕事でもしっかりとやらないと行けないのは当たり前ですよねい
>それに対する姿勢がどういう時代を築くかに注目してますね〜
問題が起こったあとの対処こそ、大切な時代ですね。それは政治家も経営者も芸能人も一緒で、対応を誤ると必要以上の風雨にさらされちゃいますね。怖いことだと思います。
>TOKAI結構造りは量産型なんですよね。丁寧ではないですし。
そうですねw。ある程度正確には採寸して作られていると思いますが、丁寧とは違いますね。でも同じく大好きです!

  • shinmei_t
  • 2017/07/28 06:16

私も富様に賛成で、どっちかというと前川事務次官とか言う人が信用できないです。
以下にツイッターなどの左派の人の意見を要約しますが・・・。

あの前川という人、在職中に天下りをあっせんしていて、コンプラ違反で懲戒免職になるはずだったのにすり抜けで辞職して退職金を満額受け取ったとかで。

加計問題は天下りを温存するための倒閣工作という話もあります。国際医療福祉大学でしたっけ、あそこは新設許可をもらっても何もお咎めがなくて、マスコミも騒がない。
なぜかといえば、文科省の官僚や、朝日・読売新聞のOBが天下っているからだとかでw
自分たちの再就職先として確保されている学校は槍玉に挙げていないという。

もともと加計学園の獣医学科新設は口蹄疫の被害に見舞われたあの土地の畜産農家の悲願だったという事で、政治主導を掲げているうえでも問題ないわけです。
首相のお友達として利権があるかどうかっていうと・・・四国のあの田舎に・・・獣医学部ですよ?と。
利権、ありますかね・・・?

獣医医学会から、それこそ学会の既得利権、つまりすでにある学校法人の学生数確保のために、新学部創設が阻止されていたという情報もあります。
つまり、京都に許可を出さなかったのは既存の学校法人から止められたのでは、という見方もできるわけです。
つまり一つのパイを何個切り分けるかという問題でしかないと。

私の視点としては、マスコミは首相サイドの【忖度】をあれこれ勘ぐっている割に、番組や記事などで官僚OBに喋らせて「現場の官僚のお気持ち如何ばかりか!」と官僚に【忖度】するあのマッチポンプがですね、まあ笑っちゃうんですよね。

あの、せっせと官僚のリークを出してくる様ですよ。
「当時の会話メモを入手しました!」ってそりゃそうでしょう書いた人が持って来たんでしょ?って。

国会での質疑も首相をとにかく辞任に追い込もうというような野党の執拗さを見ると、事実がどうかなんて本当はどうでもいいんだろうなとしか思わないですね。友達だから辞任しろとしか言ってないですよ彼ら。
他方、丁寧に説明するから回りくどくなるんでしょうが、安倍じゃなくても友達だという事を叱責されたところで誰も説明できないですよね。本来なら。

世の中にはコネで動く業界もあるのでしょうが、それはともかくとして、
テレビのコメンテーターの女性タレントがママ友から「うちの子をアイドルにして欲しい」と言われて「はい分かりました」と応じるかどうかですよね。そういう事があるなら安倍もしているかもしれません。しかしそういう事がないなら、ちょっと考えるべきじゃないのかなと思います。

  • 博雅
  • 2017/07/29 21:59

博雅さん
長文のコメントありがとうございます。フジロック行ってて遅くなっちゃいました。それぞれのトピックに強い思いを感じますね!捉え方は様々ですので、参考になりました!
獣医学部設置に関しては、よく言われることではありますが、本当に必要な学部であれば、それは作るべきだという論調には賛成です。何が何でも追求、辞職を求める野党はちょっと固執しすぎだし、本来的な必要不要の観点がないのは残念ですかね。

  • shinmei_t
  • 2017/08/01 06:16