スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

すごいピックガードを見つけました。その3

そして織原くんが帰国して3日後ぐらいでしたでしょうか?取付会当日。

 

ひさびさに会うオリちゃんは、中国でのVIP待遇(毎回円卓のお食事と素敵なホテルw)で4kgほど太って帰ってきました。毎年この時期に太って帰ってきます。脂の乗ったブリのようですね(笑)。

 

という余談は置いておいて。当日は山本連くんも同席。都内某所での作業となりました。まずは実物を披露。皆さん興味津々です。

 

 

やっぱり他のエイジドとはパッと見から違うので期待値が上がりますね。

 

そこで早速、tokaiを取り出して、ピックガードを合わせてみます。するとね、やはり収縮しているので、ネジ穴が合わないです。まぁ、最初からピッタリ来るのは殆ど無い。ただ見たところ、端っこやところどころは割とあっているので、個人的には行けるかなと思いました。

 

少しずつネジを締めていくとたわんだ部分が伸びてきて、他のネジ穴が見えてきます。最後の数箇所はネジが斜めに入るような感じにはなってしましたが、そもそもヴィンテージのピックガードなんて収縮してネジがほとんど斜めに引っ張られていることもザラ。なので私としては全く気にならず。まぁ、オリちゃんも自分でネジを締めながらそこまでは気にしてない様子。ネジ穴を埋め木して穴開け直すより全然いいよね。もし気が変わってJACO的にピックガードを外すことになったときもブサイクにならないし(笑)。

 

ということで換装後の写真がこちら。

 

 

 

いかがですかね?まだベースのラッカー塗装がそこまで傷んでいないので、ピックガードの貫禄に塗装がついていけてないかもね(笑)…なんて皆で話してはいましたが、馴染んできたらそれこそヴィンテージと見紛うのではないかしら。

 

ピックガードのペラ1枚の話ではありますが、こんなことを喜んで盛り上がる同好の士がいることは本当に嬉しく思います。オリちゃんの初号機は本当にすごい楽器になってますね。まず間違いなく世界で一番手がかかってお金が掛かっているtokaiだと思います。もうすでにカスタムショップの中古ぐらいは買えんじゃないかという本末転倒感は否めませんが(笑)。でも絶対にそれらに負けてないからね。

 

今回もいい経験をさせてもらいました。自分の楽器もちょいと考えていることがあり、実現できそうであれば発注するつもりです!オリちゃん、Uさん、連ちゃん、あと後から合流した越智くん(CRCK/LCKS)、西田修大くん、あと当日居なかったけど天野くん、楽しい時間をありがとうございました!

 

ここ先の細かい話や写真などは、オーナーのフレットレスベース奏者、織原良次くんのブログに載るかもしれないのでそちらでどうぞ(笑)!

 

ちなみに今回のピックガード、私がモディファイ前に本体を購入した金額より高いです(笑)。ご興味のある方、こちらからどうぞ!

 

JUGEMテーマ:音楽

スポンサーサイト

コメント

これはいい感じですねぇ!

私所有の65PBのPGは変形が酷く、モントルーの物に交換しています。
手に入れやすいのが一番の理由で、見た目は少し妥協しています・・・
予算が確保出来たら検討してみようと思います!

  • すわべ
  • 2019/01/28 19:42

すわべさん
特にPBは面積がPGの大きい分、印象に大きく影響しますよね。個人的にもPBにこそつけたいと思っています!モントルーとは全然デキが違いますよ!

  • shinmei_t
  • 2019/01/29 06:33