ヴィンテージにどこまで迫れるのか?“FENDER CHALLENGE” その

さて、早速ベースの紹介と行きたいところですが、ちょっとだけ前置き。

今回、モディファイするベースを探していたことは前述の通りですが、その際にいくつかのメーカー、ブランドにターゲットを絞っておりました。それは70年代後半から80年代前半の日本メーカー。まだ本場のfenderが高嶺の華だった時代。その音を手に入れられるのはお金持ちか一部のプロだけだった頃、日本のメーカーは自分達のオリジナルベースを創りだすのと同じぐらい血道を上げていたのが、fenderの再現(コピー)でした。

グレコのスーパーリアル、フェルナンデスのリバイバル、ヤマハのJBRシリーズなどなど。当時のカタログを見ると、コピー商品がメインでしたからね。フェルナンデスなどは、リッケンとかアレンビックのコピーまであったし、グレコも同様でした。その出来は千差万別だし、個体差も大きかったことは否めません。そんな中で、後に大きな評価を受けたのがトーカイ。ご存知の方も多いかと思いますが、この当時のトーカイのレスポールなどは現在はプレミアがついて20万以上したりする。ストラトも結構お高い。そしてベースに関してもそのクオリティの高さは実は一目置かれております。
今回モディファイするにあたって、いろいろとトーカイものを調べてみると、海外での評価が高いのですね。ebayなどを見ても昔のエントリモデルでも10万を超す金額がついていたりして。個人的には驚きです。

さて、そんな訳でやっとこ、紹介になりますが、今回、モディファイのベースとして選んだのは、Tokai JAZZ SOUND。




※もともと何故か黒ピックガードがオリジナルでついてましたが、黒はしっくりこないので、とりあえず外してあります。最終的には鼈甲かな。

トーカイのスパロゴ、イカす…(笑)。(ちなみにロゴは2種類あり、こちらスパロゴは初期。後年のものはトランジションロゴっぽくなり、枠線も若干太くなります。)
いや、凄くいいベースなんですな、これが。このベース、カタログ上にも表記がありますが、64年JBの再現を謳っております。コピーと言えば誰しも62年JBを想起しますし、ある意味それが当たり前なのですが、なぜか64年(笑)。指板はしっかりとラウンド張りです。しかも、このシリーズの素晴らしい点がもう一つ。シリーズの一番下位機種である4万5千円のベースであっても、ネック、ボディともラッカー塗装!しかも激薄の仕上がり。さらにその事実を当時のカタログに全く表記しないという奥ゆかしさ(笑)。この頃はまだそれが当たり前だったのでしょうか(笑)?あと、上位スペックになっていくと、60年モデルという名のスラブ張りになるようです(何故か62年ではなく60年という表記で3ノブw)。あとナットがブラスになったり、ペグが違っていたりします。一番高いグレードはアルダーで統一されてますが、安い機種はアルダーorセンという表記。だけどアルダー材のものを買えば、基本変わらないわけです。要はボディ、ネックなどは基本的には同じものを使用しているんですな。ちなみに今回手を入れる個体もアルダー。重量は全体で4,1~2Kgぐらいでしょうかね。とても良い塗装と材です。普通に今の相場なら20万ぐらいは付けてもよさそうな出来だと思います。




※まだ直っておりません。原因不明です。スミマセン。

最初、このベースを買おうとしていなかったんです。この手の楽器が数多く陳列されている某楽器店で、グレコの昔のフレットレスJBがありましてね。それを試奏したところ結構良くて…。さらに追い込むべく自分の好みのセッティングにセットアップをお願いしたところ、調整の間に別のベースを弾きますか?と聞かれましたもので、「この手の安い国産JBでいい状態のものがあれば、それを。」とお願いしたところ選んでくれたベースでした。意外だったのは沢山ある在庫の中で、全く迷わずすぐにコレを持ってきたんですよね。そこまですべての在庫の状態を把握しているとは思えないのですが、とにかくこのベースが一番良い、と。

それでチューニングして音出したらね、もうグレコの調整はしなくて結構です、となりまして(笑)。この状態ではもちろんヴィンテージに勝てるなんてことはないのですが、演奏に対する反応は悪くない。素質は十分感じられる。ここからなら、あそこをこうセットアップして、このパーツを換えて、とか想像がつく。最終的には鳴りの部分が大切なので、そこはどこまでいけるか未知数ですが、音的には十分納得できる。

ということで、お持ち帰りしてきましたよ。そして、すぐにセットアップを自分好みでどこまで詰められるかを確認すべく、いつものお店へ(笑)。ここからモディファイの内容に入っていきます。

乞うご期待!


ロケ地:バーチーズ

JUGEMテーマ:音楽

スポンサーサイト

コメント

良い見た目ですね〜!
サンバーストはオペイクでしょうか?60年代中期の雰囲気がちゃんとありますよね。
これで音も良いとなると、本当に完成が楽しみですね。

  • naoki_saeki
  • 2014/12/03 12:23

いつも楽しく拝見しております。当方もトーカイ
のPB-40を所有しており、どのような結果になるか
興味津々です。
WEB上で1981年のトーカイのカタログを発見しました。
http://brochures.yokochou.com/guitar-and-amp/tokai/1981/jp_13.html
このカタログではラッカー塗装はJB-80以上となっています。

  • 通りすがり
  • 2014/12/03 20:51

naoki_saekiさん
>60年代中期の雰囲気がちゃんとありますよね。
中央の黄色みが強いですよね。私は実はあんまり好きじゃないんです。もっと60年台初期の感じがいいんですけどね。音が良ければその辺はまぁいいかとw。

通りすがりさん
貴重な情報をありがとうございます!
>ラッカー塗装はJB-80以上となっています。
そうなんですね。しかしうちのやつは一番下のエントリモデルなのですが、確実にラッカーなんですよね。一応、購入したお店でも確認したのですが、すべてラッカーだったと言われましてね。間違っているのかな。これからも他の同様のベースがあればチェックしていきたいと思います。

  • shinmei_t
  • 2014/12/04 07:23

>しかしうちのやつは一番下のエントリモデルなのですが、確実にラッカーなんですよね。

すみませんこちらが不勉強だったかもしれません。
こちらでもチェックしていきます。
いずれにせよ、大変興味ある内容ですので
今後も楽しみにしています。
季節がら御身体お大事にしてください。

  • 通りすがり
  • 2014/12/04 18:57

トーカイですか!
プレべのことですが、80年代前半の頃、新品のフェンダーよりトーカイのハードパンチャーの方が常に良かった記憶があります。
ジャズベは経験がないけど、これは期待できますね!

  • 2014/12/04 22:04

先日お話ししたもしれませんが、以前Jiraudの福田さんが昔のTokaiのベースは良いとおっしゃっていたのを記憶してます。
実際に弾いたことはありませんが、元の個体も良さそうですね♪

  • はた
  • 2014/12/05 00:24

先日はお会い出来て嬉しかったです、あのときお話されていた個体でしょうか。
引き続きインプレッションのほど、楽しみにしております。

  • Tatsu
  • 2014/12/05 08:45

通りすがりさん
>すみませんこちらが不勉強だったかもしれません。
>こちらでもチェックしていきます。
昨日、大変なことが発覚しました。ラッカーではないと…。いや、見た目本当にラッカーっぽいのですが、どうやら違ったようです。楽器店や今、預けているお店の店主も全員騙されてました(笑)。薬剤を使って確認したところ、違うようだと。誤った情報と見識の低さを露呈してしまい、申し訳ない気持ちでいっぱいです。改めて訂正させていただきます。m(__)m
>季節がら御身体お大事にしてください。
ご丁寧にありがとうございます。通りすがりさんもお気をつけて。

宮さん
>トーカイのハードパンチャーの方が常に良かった記憶があります。
ebayで見ると高いんですよね、ハードパンチャーも。やっぱり造りが良かったんですかね。安くてよければ最高です(笑)。

はたさん
>以前Jiraudの福田さんが昔のTokaiのベースは良いとおっしゃっていたのを記憶してます。
ギターでの評判はプロからも聞いてましたが、ベースもそうなんですね。まぁ、すべてがいいわけではないでしょうが、クオリティの高いタマもあるということは探し甲斐がありますよね。

Tatsuさん
先日はどーも。そうです、その時のタマですよ。これから徐々に手を入れていきますので、ご期待ください(笑)。

  • shinmei_t
  • 2014/12/05 09:31

昔、御茶ノ水のE○○の店頭にあった同社のジャズベをしげしげと
見てたら店員さんが「コレ、うちがフェンダーのヴィンテージを
徹底的に分析して完成したイチオシのモデルです」というので
弾かせてもらったら、何の変哲もない音の若〜いベースだったのを
思い出しました。やはり、相当に難しいものなんでしょうね。
あ、プレッシャーをかけてるわけではありませんよ(笑)期待してます!

  • OCQ
  • 2014/12/05 10:14

素晴らしい企画ですね!
楽器に散在している身としては大いに励まされます(笑)。
続編楽しみにしてます(^^♪

  • y.tera
  • 2014/12/06 11:41

OCQさん
やっぱり個体差はあるのだと思いますよ。ただ比較的、トーカイはいいタマがあるのではないかしら。出来上がったら、1回弾いてみてください。

y.teraさん
これで失敗すると、余計無駄に散財していることになるので、一か八かですよw。

  • shinmei_t
  • 2014/12/06 12:08

楽しい企画ですね〜。
シンプルな構造のどこにポイントがあるのか、それがわかるようになれば我々もとても参考になるので、頑張って下さいね。
身銭を切って勝負される、まさしく求道者!

ただ、前回企画よりもハードルが高いように感じるのは自分だけでしょうかね(笑)
64JBがベンチマークなんですもの。。

  • まも柴
  • 2014/12/06 16:41

まも柴さん
>シンプルな構造のどこにポイントがあるのか、それがわかるようになれば我々もとても参考になるので…
基本的には、ネックとボディで音ができていると考えているので、大きな基本は変わらないと思っています。そこにペグやブリッジがどの程度作用するのか、あと、鳴りという部分を人工的にどこまで詰められるか、その辺がポイントですかね。探り探りですけど、俄然自信はありませんw。

  • shinmei_t
  • 2014/12/07 08:14

ちょっと見ないうちに面白そうなエントリー始めてますね。ww
うちのGreco PBフレットレスもいつか弾いてみてくださいな。

span21さん
毎度懲りないことをしております。弾けば弾くほど納得がいかないので、手を入れようと思っておりますw。そちのらスクワイヤも弾いてみたいです!

  • shinmei_t
  • 2014/12/30 06:54

実は家にはTOKAIのJB-80さんがいてはりまして、
白面の(な~んも考えない)青年の二十歳か二十一歳頃においでになりましてから気が付けば34年?になります。

どちらかと言えば不遇な境遇ばかりだったような、、、
真っ当な実家(メーカー)から来られたキレイなままの身体での本番は確か一度きり。後はベンチウォーマー組。
メイン楽器が変わった際には金策の生け贄になりかけたところがギリギリで保留。
代わりに?フレットを抜かれてフレットレスに。(まんまジャコ仕様?)
ちなみに今は泣き某P-PROのオーナーSさんに手術をしていただきました。(流石にスンバラシイ出来上がりでした)
フロントピックアップ側のザクリがタイトな様でオリジナルPUは早々に昇天。長らく(10年弱?)リアだけで放置だったのを
某工房(物議を鴨下)でそのオリジナルPUのセカンドライン(ネーム無し)に換装。
フロント側を弄っていたらまたも早々に昇天。リアが有ればよいか?と間に合わせにフロント側だけバッカスのに交換して、現在に至る。です

前後しますが、
確か当時の事実上のトップモデルに当たります(定価80000円)
貨幣価値(給与水準)から勘案すると現在の15~20万位の感覚。
当時は大体この値段辺りがトップライン。
(上に12万?だったかの特別な君(指板はハカランダ?)がいてはりましたが)
指板はローズウッドのラウンド貼。
ネック材は確か、本物のハードロックメイプル。(この十数年は変動無し!真っ直ぐ。因みに弦はフラットワウンド、ないしはハーフワウンド、)
糸巻きは逆巻き。(トルク調整は無し)
ヘッド裏にストラップピン。
ナットは牛骨製。
ブリッジはスパイラル(但し真鍮製にメッキ)
ボディーは少し重めのアルダー。でサンバースト仕上げ。
ピックガードはベッコウ柄。

因みに戸籍番号はL003〇〇

五年程?前に流石に指板が凸凹していたので擦り合わせをして貰いました(指板厚が多分半分位に、汗。)
デッドポイントはほぼありません。
遠目だとフェンダーその物?

  • 豆助
  • 2015/03/09 18:52

豆助さん
>実は家にはTOKAIのJB-80さんがいてはりまして…
TJB80はレアですね!大体ヤフオクや中古楽器系のショップで見かけるのはTJB45(定価4万5千のエントリモデル)ばかりなので、80は実物を見たことがありません。ラッカー塗装みたいですし、パーツも違うようなので、触ってみたいんですけどね。
34年も手放さずにお持ちだということはきっと素敵な楽器なのでしょうね!遠目だとfenderそのものっていうのも、いっすねw。

  • shinmei_t
  • 2015/03/10 09:49