ヴィンテージにどこまで迫れるのか?“FENDER CHALLENGE” その

続きです。

いよいよ、ピックアップインストール。
ま、作業自体は預けてお昼を食べて戻る間に終わってました。サクッとね(笑)。


※こちらはすでに取り付け済み写真です。
見た目、トーカイの安っぽさが無くなって、高級感が増した。やっぱりケースの質感って大事ね。そしていよいよ肝心の音。ドキドキしながらのプラグイン。そして第一印象。

このピックアップ。もう1個オーダーしちゃおっかなぁー!
いやぁ、ベースが全然別物に生まれ変わっとるがな!

そうなんです。もうね全然違うのね。どこ弾いてもポンと音が前に出てくる。粘りもあるし、腰もある。単純に前より音がデカいし。少しハイ寄りだった音もローミッド豊か。さらにフロント単体、リア単体でも音量がそう変わらず、音圧十分。フロントピックアップの音なんて、プレベいらずかも(笑)。正直、ピックアップの性能によるところなんて、ネック・ボディに比べれば、超ちゃいちーな事だとタカを括っておりましたが、反省するには十分な説得力がありました。まぁ、エントリモデルの安物ピックアップ(それも味なんだけど)と、ハンドワイヤリングのオーダーメイドを同列で語ること自体が間違いなのかもしれませんが(笑)。でも本当に楽器が変わったぐらいの印象なんすよ。

実は、トーカイピックアップのときには、4弦を押弦したとき、他の弦より若干音量が下がったような印象を受けたのですが、その辺の違和感、弦ごとのバラつきみたいなものは綺麗に解消されました。

このモディファイ以降、このベースへの愛着は5割増しですよ(笑)。本当にピックアップと楽器のマッチングってあるんだなぁ。勉強になりました。

あと、ジャックをスイッチクラフトに変えました。これは耐久性の問題。安っぽい国産品がついてましたので、事故を未然に防ぐ意味でも交換したほうが良かろうと。



音は厳密にいえば当然変わっているのでしょうが、聴感上、大きく変化を感じることはありませんでした。ま、そんなもんかね。ヴィンテージのジャックは音が太いなんて聞きますけど、手持ちのそういったパーツもないので、確認しようがありませんし。

あと、気持ちの問題ですが、ピックアップ/ブリッジフェンスとかフィンガーレストのねじ穴が空いてなかったので、穴、あけました(笑)。こういう細かいところ、個人的にはこだわりたいです。こころなしか、穴開けたら、音が良くなった気がします。いや、気のせいですけど(笑)。

さて、ここまでの音的金額換算はすでに30万オーバーです。
1月18日(日)には15時頃@バーチーズで、知り合いの所有する本家fenderのJaco モデルと戦わせてみようと思っております。どの程度、C/Sに迫っているのか。楽しみです!興味のある方がいたら、どうぞ(いないかw)。

p.s
ここから先のモディファイは、勝負の後、その反省材料を持って方向性を決めようかと思っております。まだ試したいことは施策は2,3ありますのでね。ペグに関しては、結構いろいろと実験して、ちょっと変則的な施工をしてみました。またレポートします。


JUGEMテーマ:音楽
コメント

先日試していただいたアートテック4に付けているノードストランドのNJ4SEも直流抵抗を高くして、音の太さを狙ったものです。
フロントはプレべ風味、リアオンリーで全然腰高ではない。
なんだか、こういう方がそもそものジャズベに
合っているんじゃないかと思ってしまいます。
世の中のハズレジャズが減るような気がします(^_^;)

  • 2015/01/16 09:14

PUの投資額をバッチリ回収できて良かったですね^^

fenderタイプだから余計に電気の負う部分が多いのかもしれないですね、おもしろいです。

私は以前から「PUの出音への影響は大きい」と考える“派?”で、色々とPUを換えてきました。
同じボーカリスト(ベース本体)が歌っても、声を拾うボーカルマイク(PU)の違いでPA(ベーアン)からの出音は異なりますから。

ダンカン・カスタムショップのオーダーPUは、私も64Tunderbird用と68テレベ用を入手していますが、かなりヲタクなオーダーにも対応してくれていて、かつ出音も良いPUだとの印象があります。

今回のエントリーを見てダンカンへのオーダーが増えそうですね(笑)

  • F-nie
  • 2015/01/16 12:46

なんだか良い感じになっていそうですね♪

私のC/S JBも出力の低いA.イバラ女史のPUからK&Tに換装したことで生まれ変わりました。
ダンカンJacoも試してみたくなってきました!

  • はた
  • 2015/01/16 23:10

宮さん
>ノードストランドのNJ4SEも直流抵抗を高くして、音の太さを狙ったものです。
ノードもそういう傾向の音作りのPUなんですね。あのアートテックは本当にいいですね。飽きたら声かけてほしいかもw。トーカイも弾いてみてくださいね。

たーみーさん
シンプルな構造だからこそ、それぞれのパーツが重要になるのだなぁと独りごちております。今回のPUは本当に勉強になりましたよ。投資額は全然惜しくないです。

F-nieさん
ピックアップ性能の違いをまざまざと見せつけられる良い機会となりました。特にC/Sとの対決でその感を強くしました!
ダンカンのカスタム、本当に気に入ってますよ。今はベストの選択だったと思っています。その他のサンダーバードとかも気になるところです。いいみたいですね!

はたさん
昨日はどーも。トーカイいかがでしたかね?歯に衣を着せぬ率直な感想をまたお聞かせください。

  • shinmei_t
  • 2015/01/19 12:25

もの作りには基本となる物差し、単位がいりますが、
近年世界的に長さ、重さ、容量、速さ、仕事量、等等のあらゆる単位の標準化がなされつつあって、
国際SI単位と言われるパッケージが世界的なスタンダード。
長さの基準単位はメートル(以前はメートル原器と言う物体を基準にして今したが近年、光のスピードを基準にしているはず)
1/10=cm 1/100=mm.
当然日本のJIS規格も国際SI単位を批准して施行しています。
んが!アメリカ(U.S.A.)は世界の動き等には馬耳東風。今なおインチを堅持しています。(他にも我が道を行く!さすがアメリカ帝国主義)

楽器、ギターやらベースの世界でも同様で、信頼のメイドインニッポンと驕り高ぶるメイドインU.S.A.が混在する状況。
ジャックとプラグにこれが良い訳はありません。
国際結婚の当初は物腰柔らかで謙譲しあったりで何となく良い感じて綻びは先ずありません。
が、経年変化でお互いに我が出て頑なになって来たらさぁ大変。
意思の疎通が上手く逝かない接触不良。
挙げ句の果てにはブレイク。破綻をきたします?
ギター/ベース、シールドケーブル、エフェクター類、アンプに至る全てを同じ工業規格に合わす事がトラブル回避の上策。
アメリカンなギターとアンプに余所者のシールドケーブルを使わない。
ニッポン製ギターやらアンプにアメリカンな機材を咬まさない。
最悪はU.S.A.とその他がテレコ(入り組み混在)の状況。

  • 豆助
  • 2015/03/09 21:07

うちの件のJB80君ですが、改めてコントロール板をひっくり返して見れば
ジャック、端子に通常はセンターの+側だけの例のバネ機構が−側(シールド側)にも有って、強制的に−側も接続する方。
ちょっと見ただけでは、おっ。ステレオか?と見紛うちょっと凝った仕様。
接触不良回避の方策と拝察します。

  • 豆助
  • 2015/03/11 20:16

豆助さん
ジャックのパーツも細々と仕様が違うのかもしれませんね。私のは角が短く、残念ながらかなり安っぽいものでしたのでスイッチクラフトに変えました。
>ニッポン製ギターやらアンプにアメリカンな機材を咬まさない。
まぁ、いろんな考え方がありますから。私は気にいったパーツなら別に産地は気にしませんけどね。

  • shinmei_t
  • 2015/03/12 07:33

初めまして。
よくブログを拝見させてもらっているitchieといいます。
実は今日、こちらのブログで知ってとても気になっていたweather reportを最近メインにしているフレットレスベースに換装しました。
たまたまバ-チ-ズのHPを見つけてお店にストックがあるのを知り、今日早速ベースを持ち込んで取り付けていただきました。
ベースはバッカスのフィリピン製でweather reportとほぼ同価格。(笑)
元々付いていたピックアップは出力もかなりあり、ブリブリとしたこれはこれで面白いものでしたが、減衰音が自分のイメ-ジと違い悶々としていました。
weather reportに換装後は、音に奥行きが出たというか、自分のイメ-ジする表現が可能になるベースに仕上がった感じです。
ジャコの音に近い感じですが、やはり楽器の材質と鳴り方の違いのせいか同じではもちろんありませんね。
ただ、オリジナルのピックアップではちょっと浮ついた音だったのが腰の座った音になって、色合いもモノト-ンから幅が広がった印象でとても気に入っています。
ピックアップでかなり楽器の表現力が変わるのが実感出来ました。
あとTokaiの2号機も拝見しました。
指板の仕上げが、私のものはウレタンコ-ティングですが、やはりエポキシのほうが硬度かあってBuzzの音が香ばしそうでちょっとうらやましかったですね。
ウラタン指板だとまだ柔らかいようで、ジャコのあのBuzzは味わえないです。

あとは私の技量向上のみです。(笑)
これからもブログ楽しみにしております。
長文駄文失礼しました。

  • itchie
  • 2015/08/23 23:36

itchieさん
初めまして!書き込みありがとうございます。
WRに変えたのですね。以前の音はわかりませんが、WRに換装すると、多分音に密度が出ますよね。tokaiの今までモディファイしたベースは総じて重心が低くなりました。パンチもありますし。
バッカスのフィリピン製ってあるんですね!安い楽器が生まれ変わるほうが劇的だし、楽しいですよね。全体のコストも下げられるし。元々の個体差mのありますから、あたりの個体ならいじり甲斐もありますよね!
2号、ちょうど前日にバーチーズに行って、導電塗料を塗ってもらうために置いていったんですよ。エポキシとウレタンでは違いますかね?私はエポキシしか使ったことがないからよくわかりませんが、とりあえず音が伸びるのは楽しいですね!
また気軽に書き込みくださいませ!

  • shinmei_t
  • 2015/08/24 07:40