ヴィンテージにどこまで迫れるのか?“FENDER CHALLENGE” その

さて、だいぶ煮詰まってきましたトーカイJBのモディファイですが、ここらでいっちょ、他のJBフレットレスと戦わせて、どの程度の仕上がりかを客観的に判断してみようということで、知り合いのC/S ジャコモデルと出音を比べてみました。

C/Sのジャコモデルは、ご存知の通り、新品なら今や60万~70万ぐらいするらしいし、ebayでの出品でも5000ドルオーバー。かなりの高額商品です。使われている材やパーツ、エイジド加工などもかなり奢っているブツです。それに対して、こちらはトーカイのエントリモデル定価45000円なり。モディファイのため交換したパーツ(ピックアップ、ペグ2種、ブリッジ、フレットレス加工、ジャック、コンデンサ)などを合わせても、全然比較にならないほどの金額差です。しかし、目的は当然、その差を“音で埋めることなので、臆することなく挑んできましたよ。

んで、結論。

個人的所感でしかありませんが、圧倒的にトーカイの方が好きです。圧勝(笑)。いやね、理由はあるんですよ。全然出音のボリュームが違うんです。C/Sのピックアップは出力が低い。音が小さいんです。同じセッティング、同じボリュームだと、すごく小さい音になってしまうんですね。もちろんボリュームを上げれば解消する話ですが、その分はノイズも乗るし、扱いにくい感じがするのは否めない。これは大きなポイントです。

とはいえ、ではこのC/Sにうちのマイク(ダンカンのWEATHER REPORT)を載せたら、どうなるのか?それはわかりませんし、正直勝てる自信もないかも…。何故ならやはりネック材などは非常にいい材で、同じポジション(ハイポジション)を押さえたときのサスティンは、C/Sに軍配が上がる。弦高などの微妙な差による影響はあれど、気持ちよく音が伸びるのはC/Sでした。この辺はネックの剛性が高いのかもしれない。

音のパンチという意味においては、もちろんピックアップ性能の差はあれど、トーカイは全然負けてないと思いました。ブラインドテストしてどっちが欲しいかと考えれば、現状ではトーカイがいいと素直に思えました。まぁ、モディファイしているからね(笑)。同じようなことをC/Sに施したら、大化けする可能性もありますが…。

ということで、出音に関しては、かなり納得のいく状態まで持っていけたと個人的には思っております。ただし、やはりヴィンテージと比べると、何でしょ、物足りない。やっぱり反応が違うんだなぁ。弾いていて楽しさが違う。この差を埋める要素は何なのか?それがこの先の課題です。いくつか考え得る施策はあるのですが、それで変化起こるかどうか未知数の加工に、さらに投資を続けるべきか、悩みどころです。

まぁ、多分、現段階で、相当勝てるベースには仕上がりました。もう少し弾いてから、ぼちぼちと次のステップを考えてみます。

JUGEMテーマ:音楽

スポンサーサイト

コメント

実は、日曜日に某大久保の店まで伺おうと思っても居ましたが、寒さに打ち勝てませんでした(笑)。ピックアップの性能がジャコサウンドのカギでもあるわけですよね。まぁ弾く人の個性も含め、機材自体、値段、すべてのバランスも然り、、そう考えると無限の魅惑、誘惑まだまだ続きそうですね。

  • 桃猫
  • 2015/01/23 21:36

トーカイのJBは本当にバランスが良くて、発音も素晴らしく仕上がりの良さを実感いたしました!
続いてC/S Jacoですが、だいぶセッティングの差があったものの、ネックの質感に関しては流石のクォリティーでしたね。PU出力が小さいのはC/S PUの特徴かもしれませんが、PUを変えて、ネックのセッティング(指板の削りだしも含め)をきちんとやったら確かに脅威になるでしょう。
レコーディングした音だけを聴いたら間違いなくトーカイに軍配があがるでしょうね。
今後の更なる発展に期待してます!

  • はた
  • 2015/01/24 00:38

予想以上に展開が早くてびっくりしてます。
こんな風に上手くいくもんなんですね。凄すぎる!!(^^♪

  • y.tera
  • 2015/01/24 09:24

楽しんでますね〜(^^)。
僕はできるだけ改造はしないほうですが、楽しく読ませていただきました。(^^)
shinmei_tさんにはウチの70年代Greco PB FLを
是非弾いてもらいたいです。
(・ω・)ノ
http://blog.goo.ne.jp/span_21/e/7221fc07e5822b7afec3044c99f8d6db

  • span21
  • 2015/01/24 16:03

桃猫さん
あら、来てくださろうとしていたのですね。ありがとうございます!お気持ちだけで嬉しいですよ。私も以前、桃猫さんのお茶会?に浜松町とか行こうと思っていて、仕事でいけませんでしたよ。またどちらかでご一緒できるといいですね。

はたさん
唯一の生き証人ですねw。C/Sのコストを考えれば、いいのは当たり前。逆にそこからセットアップやパーツ選びが結構手を抜いているような…。持ったない話だと思いますよ。

y.teraさん
性格がせっかちなもんで。上手くいっているとは思いますが、自分の思い込みなんでねw。

span21さん
改造をせずオリジナルを楽しむことが王道だと思いますが、今回の企画は改造ありきで考えているので、思い切り振りきって行こうと思っています!
グレコのPB、姿がいいですね。材はセンっぽいっす。弾いてみたい!

  • shinmei_t
  • 2015/01/25 08:38

良い素材、良い造り手により生まれた良い楽器が優れたミュージシャンに間断無く弾きこまれて
更に年月が楽器を熟成させて、、、
オールドバイオリン等の熟成された芳醇なサウンドをシルバートーン等と言います。
優れた製作家が精魂を傾け製作された優れた楽器(バイオリン等)の
新作(この時点で素晴らしい音)からいわゆる年月を経て所謂オールドの音(シルバートーン)に熟成するために要する期間は
(間断無く弾きこまれて)一般的に20~30年以上は必要だとか。
楽器が大きくなる程更にその年月は長くなって行きます(バイオリン→ビオラ→チェロ→コントラバス)コントラバスでは少なくとも50年以上(初代のオーナーはそのオールドなサウンドを聞く事はほぼ無理?)。

これは木材が間断無く弾きこまれ振動する事により、
木材の細胞(セルロース)に変化が表れ、次第に硬化していきやがて硝子状になるのだとか?
材としては強度的には脆くなる=壊れ易い(割れ、剥がれ)

バイオリン等に比べてはるかに極厚の板っ切れのエレキギター、ベースでもし上のような科学変化が有って本物のシルバートーン?に木材部分がなるとしたら、
たかだた40~50年では無理?
楽器をオーディオのスピーカーの傍に置いて一定音量以上で音楽を流しっぱなしにする等もあるようです。
更に最近は駒に人工的な振動を四六時中与えて慣らし込みさせる装置が実用化されています。
(本番前、前日~数時間前に此れを使うと楽器が大変良く鳴るのだとか)
因みにバイオリン~コントラバス等のアコースティックな楽器では
新作~30ないし50年位までは新作
50年~100年位はまだコンテンポラリーの部類。
100~200がセミオールド。
晴れて名実共にオールドとされるのは200年超以上。
ヴィンテージオールド(世界遺産クラス)は300~400年以上(限られた楽器)

現存して更に現役の多分最古クラスのコントラバスは1611年に製作されたアマティー(製作家。ストラディバリウスの師匠)
この楽器は一度も一般の市場(オークション等)に出回った事が無く(個人的な譲渡、売買)公式な値段がありません。
その天上のサウンドにご興味がおありでしたら
当代きってのコントラバスの名手。ゲイリー・カー氏(代々コントラバス奏者)の諸作品(CD。1611年アマティーとクレジットされているモノ)で垣間見(聞)れます。
『コールニドライ』がオススメ。馴染み易いところでは黒人霊歌やアメリカの古い民謡?のアルバム等がオススメ

  • 豆助
  • 2015/03/14 08:07