そうそうに3号機、製作。

えぇ、毎日2号機を触ってます。飽きません(笑)。弾けば弾くほど、自分の好みも変わってくる感じがして、以前よりだいぶ弦高が上がってきました(笑)。高めの弦高ではじけるようなピッキングをすると楽器自体が全体で応えてくれるような感覚が楽しくて。
ちなみに現在の弦高は、12Fの指板面から1弦1.1〜2弌2弦1.4弌3弦1.6弌4弦2.1个阿蕕い任垢ね。

という興奮冷めやらぬうちに、実はすでに3号機目の製作に突入しておりました(笑)。今まで2本のtokaiで試行錯誤した経験を集約して、3本目の正直…同じようなモディファイでどの程度の個体差が出るものか、検証したいという気持ちからです。あと、今回のブツは同じtokaiでも制作時期が微妙に違うブツ。今までの2本はスパロゴで多分79年〜80年製。んで。今回のブツはトランジションロゴの81,2年ぐらいのブツ。本当に若干ですが、木型やパーツが変わっている部分があり、その辺も確かめてみたくて、手を出した次第です。

んで、早速ですが、ご紹介。







もともとの個体も非常に状態がよく、キレイ。型番は今までと同様のJTB45です。この頃のtokaiもやはり塗装は薄めで、いいですね。あと、色が60'sのサンバーストに近い色味で個人的には好み。良い職人がいたんですかね。
指板は初号機同様のプラ板にしました。視認性はこっちのほうがいいですから。弾きやすいっす。コーティングはいつも同様。すり合わせが少し浅かったので、ちょっとだけ磨きを足してもらってピカピカにならない程度の程よい透明感になりました(笑)。





ピックアップも定番のWR。ノブやジャック変更も同様。ただコンデンサのみ、現状オリジナルを使用しています。結構キチンとハイの出る楽器なので、0.047が使いやすい気がしてます。この辺は好みですかね。トーンを絞っても輪郭が残るので、バンドに入っても聞き取りやすいのではないかと思っています。
ピックガードは現状、オリジナルでついていたものにしてますが、アメリカでエイジドしてもらっているガードが届き次第、取替え予定。



ペグもGB9とGBR640のハイブリッドです。もうそろそろ未使用のGB9が底を尽きつつあるのでどうしようかな。廃盤のペグなので、探すの大変なですよね。>宮さん売ってください(笑)。

今回のこのベースを組むにあたり、ネックの仕込み角を少しだけ変更したいと思い、シムをかませました。初号機には入っていませんが、2号機には入っています。仕込み角を変えて、若干のテンションアップとブリッジでの弦高の調整域を確保しています。結果、非常に粒の揃った、そしてパンチのある音になったと思ってます。

初号機、2号機と比べても遜色ない…っていうか、こっちのほうがいいんじゃないかと(笑)。とにかく反応がいいですね。元気もいい。重量も4.0kgを切るぐらい。ペグを替えた結果、ウェイトバランスも非常にいい。さらに2号機より、デッドポイントの影響が少ない。2号機は少し音づまりが気になるポイントがあるのですが、その辺が気にならない。2号機はもう少し重量を含めて見直しをしようかな。

現在は、ナットの仕上げの微調整、ネック裏の修正などを行っております。
この3本を通して、一貫しているのは、ネックサイドのアールをうちの64年に習った形に整えていること。あまりエッジを立てないようにしてます。これが左手の負担をかなり減らしてくれます。個人的な好みとも言えますが、64JBと持ち替えて違和感がないように仕上げてます。



この45シールがいいんですよね。安い楽器でいい音を作ることが目的なので、剥がしたくないっす(笑)。
このベースに関してはすでに嫁ぎ先が決まっております。自分の楽器を組むより慎重になりますし、喜んでもらえるようにしないといかんなぁ、と責任を感じます。その分、神経質に指示出してますけどね(笑)。来週には一旦引き渡せると思います。

この頃のtokaiは面白いですね。もちろん、個体差はあるし、全部がいいわけではないと思うのですが、結構化けるポテンシャルを持ったブツが多い気がします。ジャパニーズヴィンテージの存在自体疑わしいというご意見もありますが、私は別にジャパニーズヴィンテージがいい!なんていう考え方でモディファイをしてるわけでもないんですよね。たまたまこの時代のtokaiはハズシが少ないから選んでるだけですし、手を入れない状態で完璧!なんてこともない。大体64JBと比べりゃ、正直勝てませんよ(笑)。基本的な鳴り方はいかんともしがたい。ただ少しでもそこに近づくなら、それは楽しいし、工夫のしがいもあるかなと思ってます。なので、いいブツがあれば、ブランドにも時代にもこだわりはありません。ただロゴはtokaiが一番好きだけどね、fenderっぽいから(笑)。あと、64再現と言っているだけあって、割と正確に採寸してるのはいい。リプレイスとのピックガード調整の必要があんまりないんで。

パーツの在庫も底ついてきましたが、とりあえず後1本ぐらい実験したいブツがあるので、やってみようかなと思ってます。
tokaiの輸出品はロゴが若干また違うんですよね。基本的な構造はスパロゴと同じだと思うのですが。それを今度はラッカーのリフまで含めてやってみようかなぁ。コストはかかるけど…。ま、もうちょっと考えてみます。

p.s
先日、ヤフオクでtokaiのスパロゴが出品されていたので、ちょいと参戦してみたのですが、最終的には4万8千円…。諦めました。結構高くなっちゃいましたね。綺麗そうで良さげな個体だったから、欲しかったんだけどなぁ…。良いタマを探すのが一番めんどくさいっすね。

JUGEMテーマ:日記・一般

スポンサーサイト

コメント

GB9、今度お会いする時にお持ちしますね。
でも、見せるだけかも(^_^;)。。。もしかしたら特注かもしれないので。。。詳細はその時にm(_ _)m。

  • 2015/04/14 17:17

楽しそうですな〜。
素朴な町娘を一端の芸妓にするみたいです。
自分にも一本作って欲しいです〜。
あ、でもそれお願いすると齋藤さんの負担が
。。(笑)

  • まも柴
  • 2015/04/14 20:51

初コメントさせていただきます。
いつも楽しく見させて頂いております
あまりにも早く3号機が登場したので驚いてしまいました。

tokaiのシリアルについて情報収集していたんですが、自分なりにまとめたところだと
shinmeiさんの初号機は81年製のように思えます。
頭一桁が西暦の下一桁の時代があるので、7桁シリアルはそのパターンだと思います。
スパロゴは82年?までのようですが、頭Lからのものもあります。マッチングヘッドのものとか。
ただトランジションロゴで頭1の6桁も見たことがあるので、まだまだつかめていませんが。

ピックガードはtokaiのものでこんなに目の細かいのもあるんですね。
ほぼコーヒーにミルクを入れて自然に混ざった程度のものしか見たことないので、交換済みかと思いました。
ちなみに、ヤフオクのは私が落としました笑。競り合うことが出来たのは、光栄です!

  • polon
  • 2015/04/14 21:58

宮さん
>もしかしたら特注かもしれないので…
若干軽いってやつですよね?多分、なんですけど、ある時期からGB9は全部そうなんじゃないかと。うちのやつもそうだったんですよね。昔のはしっかり重いのですが…。素材が変わったのかしら?

まも柴さん
>素朴な町娘を一端の芸妓にするみたいです。
なかなかの旦那様的な発言ですね。ま、確かにそうですよね。自分色に染めてしまうわけですから。
>でもそれお願いすると齋藤さんの負担が。。(笑)
仕事ですからね、遠慮は無用でしょw!

polonさん
初めまして!いらっしゃいませ!
>tokaiのシリアルについて情報収集していたんですが…
オフィシャルな記録が見つからないので、私も海外のサイトや、オークションなどで出品されている楽器のシリアルと製造年の表記をいろいろと照らし合わせてみたんですよね。
>頭一桁が西暦の下一桁の時代があるので、7桁シリアルはそのパターンだと思います。
これって、そういう風に言われていることは知ってますが、信ぴょう性ってあるんですか?何となくですが、そう勘違いしてしまっている気がするんですよね。もしくはそういう意図で始めたとしても、早い段階で形骸化してしまっていような…。
いろんな個体の説明を見ていると、シリアル自体が結構前後して使われていそうな感じも見かけますね。
しかし、tokai、お詳しいんですね!そういう人、あんまりいらっしゃらないので、嬉しいですね!
>ちなみに、ヤフオクのは私が落としました笑。競り合うことが出来たのは、光栄です!
そうか、バンバンに高額入札を張っていたのは貴方でしたか!やられた…w。また落札したベースの感想を教えてください。あれ、型番が不明でしたがTJB45なんすかね?ペグが見えなかったから良くわからないですよね。
また気軽に書き込みください。

  • shinmei_t
  • 2015/04/15 09:33

GB9の件
なるほどー。ちなみにネットでプレート裏側の写真を発見。自分ちのと比べたところ、刻印含め完全一致。
すなわち特注説はなくなりそうです。
さて、何と交換しようかな(笑)

  • 2015/04/15 19:06

返信有難うございます!
シリアルの情報はカタログや写真、実物を見比べて総合してこのパターンが一番納得出来るという個人的なものなので、なんの証拠もないといえばないのですが。。
マッチングヘッドがカタログ記載されるのは82年で、シリアルは1頭かL頭の若いシリアルしか見たことないので、頭1は81年と思っています。
まあ、ハードパンチャー含め数十本しか確認してないので仮説の域を出ませんが。パターンも不安定ですしね。まあ、番号近ければ同じ時期と言うことは確かだと思いますが。
ヤフオクのベースはJB60だと思います。45ならここまで張れませんし笑
ペグは逆巻きの4点で、ブリッジのネジが(−)でなく六角なので間違いないかと。出品者の方も交換の記憶はないとのことですので。
音の方は。。まだあまり弾いてないので分かりません笑。割腹もしてませんし。
ネックの状態はいい感じでしたので、一安心しております。ワッシャー詰まってたりして。。
ちなみに私、fenderは一本も持っていません笑

  • polon
  • 2015/04/15 20:04

3号機までくるってことは…4号機もあるかな〜(笑)
フレッテッドも欲しいのでは?

  • マチャ
  • 2015/04/16 06:54

宮さん
何か交換できるもの、あったかな…w。

polonさん
やっぱりシリアルはそういう感じで検証せざるを得ない感じっすね。
>ヤフオクのベースはJB60だと思います。
あぁ、そんな気がしてました!あんまり60は出てこないですね。鼈甲のガードを見たときに45ではないような気がしてましたよ。音が気になりますね。ネックの状態は良さそうとのこと、よかったですね!
>ワッシャー詰まってたりして。。
ちゃんとトラスロッドが効く状態なら、何枚入っててもいっすよw。見た目も大事なんでw。

マチャさん
4号機はやる予定です。ただ今まで通りだけでなく、少しモディファイの幅を広げてみようかとも思っております。まだ何も手をつけてないですけどね。


  • shinmei_t
  • 2015/04/16 09:28

次は筆記体ロゴが来ると予想します。
4号機楽しみにしています^^

  • polon
  • 2015/04/16 18:16

polonさん
同じ時期に出てましたからねw。そのとおりですよ。

  • shinmei_t
  • 2015/04/17 08:02

高校時代に買った初めてのベースがTokaiのPBタイプでした。Tokaiと聞いてとても懐かしく楽しく読ませていただきました。当時、それこそカタログを穴が空くほど眺めていたことを思い出しました。

ブログを拝見してて、ふと家にTokaiのJBが転がっていたことを思い出しました。大学時代に後輩から譲り受けたもので、当時新品だったとして恐らく80年ころのものだと思います。今はTokai製ではないネックが付いていますが、多分オリジナルのネックもあったはず。

ボディは自分で缶スプレーで塗装したのでボロボロですが、折角なのでこれを何とか復活させてみようという気になってきました。果たしてどんな出来になるやら。気長に取り組んでみようと思います。

  • kigaku
  • 2015/04/20 18:29

kigakuさん
>折角なのでこれを何とか復活させてみようという気になってきました。
いいですね!復活させるまでの工程で結構楽しめると思いますよ。オリジナルでそのままいい音がすればそれに越したことはありませんが、総じて当時のtokaiのピックアップは巻きが緩くて、あまり精度がいいとはいえません。なので、どれ載せようか?とか、ブリッジどうしよう、とか色々と考えると時間が経つのが早いですよw。頑張ってくださいね。

  • shinmei_t
  • 2015/04/21 09:48

ウチのJB80(FL改)のシリアルの頭はLがついています。
確か81年頃に飼ったかな?
いもネジ状ブリッジの材質はブラス(真鍮)にメッキした物が仕様。
ボディーの工作(切削工程)は当時日本初のPC制御のNCルーター(切削工作機械)によって寸分違わず正確に、、、云々。
が売り文句。
機械制御のPCの能力はファミコンクラス+α程度だった?とも
JB80以上のピックアップは此も確かフルコピったブツだったか?

ウチのは弄り過ぎでザクリがタイトなためにフロント断線から長らく放置の後に無名物(サウンドトレード)に交換。またまたすぐにフロント断線からフロントだけ間に合わせ(リアがメインなので)に初期のバッカスに交換)

  • 豆助
  • 2015/04/30 19:50

もうひとつ、ウチのJB80の仕様で
ナット(上駒)の材質は本物の牛骨製です。(FL加工に併せて半分以下に削りましたが、本物の牛骨でした?何となく脂分が滲んで変色したかのような風情)
ひょっとしたらオイル漬けかも?

ブリッジのブラス製とナットの牛骨製は敢えてTOKAIオリジナルと謳っていたかと。

  • 豆助
  • 2015/04/30 20:00

豆助さん
Lシリアルは、数字のシリアルの次に出てきたものと思われるので81年か82年ごろですね。採寸はなかりいい線いっていたと思いますが、ここのパーツは結構違ってますよね。ピックアップ然り、ナット然り。私のエントリモデルのナットはプラじゃないかなw。高級機種は何故かブラスナットですしね。その辺は時代が求める音だったんでしょうね。

  • shinmei_t
  • 2015/05/01 07:41