FENDER JAZZBASS 73年 前編

 

 

今の若い世代の方はご存じだろうか。

昔は黒バインディングの黒ポジ(黒のブロックポジション)は、市場で忌み嫌われて、通常の白バインディング・白ポジのベースよりも安値で取引されていたことを。

 

大学生頃の私も世間の評価と同様に、超・かっこ悪いと思ってました。使ってるプロってゲディ・リーぐらいしか知らなかったし。そして時代は移り変わり、いつ頃からでしょうか?黒ポジ、かっこいーじゃん的な若者が増え、その声に呼応するかのようにいろんなブランドがJBのブロックポジション、バインディングに黒を採用するようになり…。気が付けば、目が慣らされてしまったのか、今となっては特に忌み嫌う理由が自分の中でもわからなくなってしまいました(笑)。実に怖きは慣れ、ですかな。

ということで、その個体さえ気に入れば、特に忌避する理由はなかったのですが、まさか本当に気に入るモノが出てくるとは!って感じですね(笑)。

 

まずこのベースの何が気に入ったのか?それはメイプル指板の音だから(笑)。シンプル。ここのところのメイプル指板ブームは私の中で終わるどころか、ずっと継続・拡大しております。発音の良い、キレのある明るい音。ミュートしても粒立ちの良い音が出くれるのは、本当にラクだし気持ちいいです。そしてもう一つの要素がアルダーボディであったこと。77年の重たいアッシュは、マーカスに代表されるメタリックなサウンドには欠かせませんし、本当に低い帯域が出ている感じがします。しかし、やっぱりアルダーにはアルダーの良さがあり、ローミッド豊かなサウンドはバンドの中でもモニターしやすく、収まりがいいんですよね。fenderJAPANのPB(JVシリアル)を弾いているとその辺の美味しさは格別ですし、そこにメイプル指板のクリスピーが合わさると、無敵(笑)!。

 

そんなわけでアルダーメイプルのベースを探してたんです!っていうのは嘘で、こいつもあくまで出会いがしらの交通事故です。メイプル指板がマイブームだったので、積極的に試奏していたことは間違いないですが、特にアルダーボディのJBを!なんて考えてませんでした。某楽器店でちょうど委託に送られてきた楽器が壁に掛かってましてね。値札もついてなかったんで、修理品ですか?と聞くと、委託だと。それがとてもきれいな状態だったので、興味をそそられまして試奏してみたんです。そしたらね、いーのよ!このベースは最初からフラットワウンドが張ってありまして、それも一因と思うのですが、とても暖かく豊かな低音。それでいて明るい音。JBでのフラットワウンドはそれまであんまり好きではなかったのですが、これは格別に良かった。このJBにこの弦を選択している意図みたいなものを感じました。

 

さらにはネックの状態も文句なし。とても弾きやすいし、トラスロッド、弦高もそのままで特に弄る必要は感じませんでした。さらに傷も少なく、大切にされてきた楽器であることが伝わってきます。ネックの裏とかもとても綺麗だしね。詳細検分は次エントリに譲りますが、コンディション的には文句なし。ナットが交換させている以外はフルオリジナルコンディションだそうです。いや、買っちゃうでしょ!ということで、永年愛していた某楽器を下取りにだし、追い金を支払って手に入れました。

 

今現在、家の中のメイプル率が上がっております(笑)。フレットレスはやはりローズですけど、それ以外は今はメイプルの楽器ばっかり弾いているなぁ。久しぶり62年とか弾いたらそれはそれですごーく良かったけど気軽に持ち出すにもこの辺はちょうどいいです。

 

ということで、次回は寄りの写真などを上げていこうかと思います。

 

JUGEMテーマ:音楽

QUIZの答え合わせの前に…。

あのね、本当はもう少し写真上げてクイズを引っ張ろうかと思ったのですが、比較的分かり易い個体だったし、ここから先は蛇足かなと思いましたので、クイズはやめて次回から楽器の紹介に移りますね。

 

あとね、1枚目の写真でコメントにいきなり「73JB!」と回答された方いました。これはね、多分答えを知ってるからですよね…。あの治具穴の写真だけで、機種や年代が判定できる訳ないもん。その回答にね、どうコメントを返せっていうんですかね?どうしてわかったんですか?とも聞けないし、正解ですといえば企画は終わりですし。根拠をただすぐらいしかできませんよ。

 

ささやかなブログですが、物好きが集まって、ああでもないこうでもないと他愛ない話をして楽しんでいるわけで、それが正解でも間違いでもどっちでもいいんですよ。それぞれの意見や推理が聞けることが私やきっと皆さんにとっての興味だと思うし。だからね、答えを知っている人がいたとしても、そこは黙っているのが常識というか配慮ってもんだろうと思うんですよね。

この企画のために、少し意図的に構図を考えて写真を撮ったり、アップしていく順番を考えるのも、結構メンドクサイことなんですよ。それでも一緒に楽しめるならいいかなと思ってやってたんですけどね。そういう想いを考えず、(多分答えを知ってて)言い当てたようなことをする行為に対して、正直、やる気がなくなりました。次回からもうこういう企画はやめようかなと思っています。いろんな人に見ていただくのは嬉しいですが、こういうことが増えれば負担に感じるし、無理を押してやることでもないですしね。

 

些細なことですが、作り手の気持ちは意外とピュアで、そこが理解されないのはとても悲しいし、ひとこと言っておきたかったので書きました。不快に思われた方、すみません。小さいヤツと思われた方、その通りです。ただね、個人が主宰するブログですので、私の意に染まないことはなるべく減らしたいのです。ご理解ください。

 

この話はとりあえずここまで。次回のエントリからは楽器のご紹介ができればと。

 

p.s

最初は腹が立ったけど、今はそうでもないですので。

 

JUGEMテーマ:音楽

こんなヤツ、導入しました。第11回 Let's answer a QUIZ!その

 

この辺まで来ると、ほぼほぼわかりますかね(笑)。

 

JUGEMテーマ:音楽