fender(ネックのみ)再生計画 その4.

肝心のネックポケットとのマッチングです。ネックを取り外して、JBのネックを取り付けようとしてみると…

 

ん?ネジ穴があってない…。あれ、どうしてだろ?

 

うちの78JBは、前のエントリでも書きましたが、3点ドメを4点に改造してあったのですが、そのネジ穴も1回埋め直してあったりして、正確に穴が空いてない可能性があるみたい。実際に取り付けようとしてもやはりうまく取り付けられないのです。しかもね、やはりJBのネックはネックエンドもそこそこナローなので、ネックポケットにセットしてみるとガバガバ…。両脇、余りまくり。うーん、隙間が大きい個体はこの時期の純正JBでも見かけるので、そんなには気にしないつもりだったけど、予想以上に隙間あるな…。ちょい悩むなぁ、このままだと。

 

そのお店には78年PBのネックだけの余り物が置いてあったので、そっちをつけてみようと合わせてみると、こちらはネジ穴もネックポケットのサイズもピッタリ。うーん、ネジ穴は埋め木して空け直せばいいけど、やっぱりJBネックでは厳しいのかな。両脇の隙間を薄いベニヤで埋めてある個体も稀に見かけますが、やっぱりあれはブスなんだよね。

 

そこで、まずは一旦JBネックを取り付けることは中断して、この楽器を使える楽器に再生してみようと趣旨をあっさり変更(笑)。なぜなら、今の状態で結構音がいいんです、マヂで。パーツを替えて好みに仕立て直すことでもっといい音にできると確信できたので、またモディファイ欲がムクムクと(笑)。なので、このブログの企画内容をチェンジして、まずは廉価版フェンダーメキシコを、すげーカッコよくて更に使える楽器にすることを目指し、カスタマイズすることにしました!JBネックはこちらがある程度できた段階でどうするか考えることします。

 

んでね、まずはこのベースで取り替えたいパーツから手を入れていこうと。

 

 

 

まずはペグを替えたい。このペグはやはり安物だし、精度も甘い。ここは手持ちのGBR640とGB9の混成ペグにしようかと。ただブッシュ系が小さいので、ここはプロにお願いして穴を広げてもらい換装をしよう。

 

あとね、ピックアップは現状なかなか気に入ってるけど、ちょい派手な音なので、ゆくゆくはダンカンのANTIQUITY IIにしてもいいかな。ブリッジはスパイラルにしよう。あと、音には関係ないけど、ピックガードは黒✕アノダイズドも好きなのでレリックが施しているものに替えようかな。意外とこの白の1プライも嫌いではないが、見た目の大事だし(笑)。そうするとノブもやはりヴィンテージスタイルのレリックものにしたほうがいいな。そっか、フィンガーレストもいるな、とか夢は広がります。

 

ということで、楽器屋さんから家に帰ってすぐにパーツを物色(笑)。早速アメリカのパーツ屋さんにいくつか欲しい物を発注しました!

 

いつぞやのトーカイモディファイをしてから、随分と間が空いてますが、今回も似たような企画となってしまいました(笑)。なので、次回以降タイトルを変更して、パーツが届き次第で続報を上げていこうかと思います。

新タイトルは、「意外といいぞ!メキシコ産の最廉価版、スクワイヤーシリーズ!」にします(笑)。

 

不思議なもんで、最初余り好きにはなれなかったこのトラスロッド口の黒い縁取りが、愛おしくなってきました。安物っぽさはある程度そのまま活かしつつ、最高のベースに仕立てたいと思います(笑)。

 

またパーツが届いたらご報告します。

 

JUGEMテーマ:音楽