WALTERWOODS+epifani

amp

ベースをとっかえひっかえした回数に比べれば、アンプは比較的買い替えたことも少なく、ここ10年ぐらいはこのWALTERWOODSに落ち着いてます。小さい筐体ですが出力は300wあるので、ちょっとしたライブハウスやお店ならこれ1台で充分です。

Photoの通りツマミも極めてシンプルなので、音も非常に作りやすいです。なにせ、これを使う前はアレンビックF2BというVO/TR/MID/LOWで4つ(が2系統)しかツマミのないプリアンプに慣れていたので、コントロールはシンプルじゃないと使う気になれません(笑)。
しかもイチバンよく使うセッティングはオールフラット!(ツマミは真ん中)。これって結構大事なことで、オイシイ周波数をあらかじめプリセットしてユーザーに提供しているということに他ならないわけです。周波数帯を変更してゲインを持ち上げることもできるのですが、ほとんどその必要性を感じさせません。ツマミをいじらないセッティングの利点としては、ベースを持ち替えたときにその個性がハッキリと分かること。2系統あるので比較もしやすいです。SWR的な操作パネルも自分好みの周波数帯を見つける上で非常に有効だったのですが、ある程度の知識や経験を積んだらラクな方に流れてしまうという・・・(笑)。

定価は以前より上がってしまい若干買いにくい金額になってますが、持ち運ぶにはラクだし操作もシンプルだし気に入ってます、コレ。最近は同じようなコンセンプトのアンプも多いようで、楽器屋で使ってみたMARKBASSもよい印象でした。ハイファイなベースよりむしろオールドによくマッチしますね。

+speaker

スピーカーは以前、SWRのゴライアス(10inch×4)を使っていたのですが、やけに重くてデカイので、epifaniに変更しました。これはサイズの割にはしっかりと低音も出ますし、ゴライアスよりは暴れない、品の良い音がします。パネルは買って一週間も経たないうちに犬の餌食になりました(笑)。

家で弾くにはちょっと出力がありすぎますが、小さな音でも指先のニュアンスが伝わる組み合わせです。音はいい方が練習する気持ちになるので、多少の苦情は受け流しつつ立派なアンプ+スピーカーで楽しみましょう!

banner