試奏レポート “Ampeg B15-N” 1960s

普段、ちょくちょくお邪魔する渋谷の楽器店で試奏をしていると、「こんなの入荷しましたけど試してみます?」と紹介されたアンプがありましてね。

 

アンプに関して言うなら、うちは20数年間、walterwoodsしか使っていないし不満もないので、新しいプロダクツにはそう興味はないのですが、そこに鎮座していたアンプはちょっと別腹(笑)。というか、新しいものではないし昔から好意を持っているアンプでした。それがこちら。

 

 

ampegのヴィンテージ、Portaflex B15-N。以前、知り合いが持っていたものは70年代製のヘッドのみですが、その時の印象がとってもよかったんですよね。それ以降、しばらくはヤフオクなり楽器屋なりで探している時期もありました。最近は忘れてましたが(笑)。

 

ご存知のようにこのアンプはヘッドをスピーカーの中に仕舞えます。可搬性を重視したモデルですね。ただ長年の酷使の結果、スピーカー部分が駄目になってヘッドだけ売っているケースも散見します。が、このブツは多分フルオリジナル。しかもとても状態がいい。外側のトーレックスも痛みが少なく、また運搬用の台座(キャスター)も付属している!

 

 

実際に音を出してみますとね…これがまたいい音するんだ!ワット数でいうと30W程度だと思いますが、音量的には充分。スタジオぐらいならこれだけでいけますね。15inch一発のスピーカーですが、ハイも充分にあります。スラップも切れる。そして何よりも真空管の音圧のある艶っぽい音。音に塊感があるというか。弾いていて暴れる感じよく出るし、とにかく理屈抜きに楽しいです。やっぱりヴィンテージの楽器との相性は抜群だな!フラットワウンド張ったPBの鳴らしたい(笑)!!

あと意外にもアクティブでも音するんですよね、これ。そういう意味では守備範囲広いかも。

 

アンプヘッドからスピーカーへの接続は、オリジナルなのでフォーンジャック。この辺を改造しているものも多いですが、こちらは純正のままのようです。(写真、撮り忘れました。)

 

 

チャンネルは2chですが、案の定、1chと2chでは音が異なります。個人的には使えるのは1chだけかな。ブリっとしたいい音しますよ、ホント。真空管なので寿命はありますが、まだまだ使えそうな印象です。こちらは、回路図などもそのまま残っていますし、内部もとてもきれいですね。詳細写真はこっちに載ってます。

 

お値段的にはそこそこしますが、状態などを考えると一般相場よりは安いのかな?うちが広ければぜひ欲しい逸品ですが、多分こういうヴィンテージアンプはレコーディングだけで使うほうがいいのでしょうね。マイキングして録音すれば、昔のモータウン・サウンドが蘇るのではないかと。プロのミュージシャンや置く場所のあるおうちにお住まいの方にはいいかもね。

 

いやぁ、ホント、欲しいなぁ。見た目もいいし、インテリアにもなる(笑)。いつかは手に入れてたい逸品だなぁ。誰か知り合いが買ってくれないかな。ときどき音出しさせてもらって癒やされたい(笑)。

 

JUGEMテーマ:音楽