直近のエフェクターボード

日々、取っ替え引っ替えはしておりますが、今現在のセット内容を備忘録的に上げておこうかと。ボードとしては2種類あって、持ち運びに簡便な軽いセットと、滅多にうちからは持ち出さないフルセット(笑)。重いとなかなか持って歩くのは億劫で、意味がないと言われればそれまでですが、家で楽しむ分には最高です(笑)。

 

ということで、フルセットの画像を。

 

 

信号の流れとしては、

1.BASS→Bartlini TCT with 375→ONE CONTROL 1chラインセレクター→amp 

2.BASS→Bartlini TCT with 375→ONE CONTROL 1chラインセレクター→ZOOM MS60B→MOOG MF DRIVE→3Leaf Audio Octabvre→エレハモPITCHFORK→MXR Phase90→Ibanez AnalogDelay→ONE CONTROL 1chラインセレクター→amp 

とい流れ。要は、ドライの音はTCTのみで、ウェットの音は直列となっております。

 

以前、上げた内容との差異から申し上げますと、まずはラインセレクターの導入。前は全部直列でしたが、一応ノイズ対策としてラインセレクタを一発入れてます。直列でもそんなにノイズは気にはなりませんでしたが、あくまで家の音量レベルなので、用心に越したことはないし、精神衛生上良いです(笑)。

 

あと、オクターバーをBOSSのOC2からOctabvreに変更。これはやはりTIMスイッチの効いたシンセっぽい音が気持ち良いので使いたい。あと一番最近手に入れてとても気に入っているPITCHFORK!これはPOGと入れ替えてます。POGはオクターブ上下が出るオクターバーですが、PITCHFORKは更に多機能!しかも変態(笑)。詳細はこちらに譲りますが、この値段(サウンドトレードだと新品で1万6千円ぐらい)ならお買い得だな。±3オクターブのオクターバーにハーモーナイザー、デチューンは細かい設定はできませんがコーラス代わりにはなります。個人的に気に入っているのは、2オクターブ上下、3オクターブ上下を同時に出したときの音。POGとも若干質感が違って、弾き方次第ではちょっとパットメセニーシンセ風にも聞こえる。ハーモナイザーも楽曲次第とは思いますが、使い所がありそう。あと、EXPペダルにも対応しているのでフットコントロールも効く。それがなくても、LATCHボタンが付いており、本体のONOFFを踏み続けているときだけウェットにすることもできる。うーん優秀(笑)。エレハモって技術力あるよね。ギターがオルガンになるやつとかも面白そうだし。持ってないけど。

 

上記のエフェクターを複数組み合わせることで、かなり使える音から特殊な音までカバーできますね。PHASE90もスピード上げるとトレモロとして使えるし。一つ一つのエフェクターの特性を把握して組み合わせるとさらに音の世界が広がるという、当たり前のことを今更ながら楽しんでおります。

 

簡易版はシンプルで、特に写真を撮ってませんが、PEDALTRAINnanoに、TCT or Clef→INNNERBAMBOO U-→エレハモPOG→BOSS DM2というセットです。こちらはPOGとDM2を入れ替えながら使っている感じですね。軽量で必要最小限がテーマです。

 

あと、ここには入れてないけど、ケースバイケースで登場するのが周りに散乱してます。

 

 

 

とりあえずは、今どき流行りのシンベっぽい音とか、ギターライクなサウンド、古めのいなたい音まで再現できるセットになっていると自負しております(笑)。これからもゆるゆる気になるものがあれば、試してみようと思います。

 

p.s

とはいえ、やっぱり何よりも弾いている満足に一番影響するのは竿本体なんですけどね(笑)。

 

JUGEMテーマ:音楽