fender(ネックのみ)再生計画 その3.

ということで我が家に嫁いできたベースがこちらとなります。

 

 

 

写真で見ると何かヘッドが汚く見えますが、そこまでヤれてはないです。ブランドとしてはfenderですが、ヘッドの先端にSquier SERIESとの記載があります。当時はいくらの機種だったのかわかりませんが、メキシコの中でも一番廉価なシリーズですね。さすがにざっと見、ペグなどのパーツは安物ですね。ノブも何故かストラトノブ。ピックガードは厚めの白の1プライ。ブリッジは普通な感じ。まぁ、そんなもんでしょ。

 

 

ネックはオークションの説明にもありましたが意外にもストレート。変な癖はなさそう。ネックシェイプは結構薄い。個人的にはもうちょっと厚みがあってもいいんだけど、ネックは変える前提なので特に問題は無し。あと、この頃の指板はちゃんとローズを使ってて、スラブ張り。いーんじゃないですかね。現代においてはちょっと贅沢(笑)。といことで、まずはこのままの状態でプラグインして音出し。するとね…

 

いや、これ凄くパンチあっていい音するじゃない…。びっくり。

 

ある意味、驚きです。最廉価のシリーズなのに、音だけ聞きゃ全然問題ないの。家のヴィンテージと比べても音圧的には全く遜色なし。今はラウンドワウンドが張られているので割と派手な音。ナチュラルサンズアンプ的な(笑)。うちのPB群にはない音だなぁ。

それから重量はほんとに軽量。ボディ材はこの時期、アルダーとポプラが使われていたとどこかのブログで読みましたが、オークションのコメントを信じるならアルダー。そう考えるとやっぱりなかなか贅沢よね。

 

ただね、弾いていてどうにもこうにもピッチが悪い。オクターブが全然あってない。調整してみるも全く合わず…。こりゃこのままでは駄目ねってことで、そもそもの目的であるネックの交換を早速行ってみようと楽器屋さんに持ち込んでみました。

 

まずは、ピッチ合わないのよと相談すると、一見してこりゃ弦が駄目っすよと。安っぽい弦だなと思っていましたが、ここまで弦のせいでピッチが合わないとは思ってませんでした。ダダリオの45−100に替えたら一発で治りました(笑)。よきかな。

 

それはいいとして、本来の目的である78JBはどうかな?と取り外して、合わせてみることにしました。ネックプレートは多分共通のサイズだと思うので、ネジ穴が合うことは前提として、ネックポケットのサイズにちゃんとハマるといいなぁ、なんて思いつつ。

 

そして実際にネックに合わせてみるとね…。

 

つづく。

 

JUGEMテーマ:音楽