Sadowsky JT-M4

ということで昨年末に、出会いがしらの散財をしてしまったブツです(笑)。

 

 

 

みなさん、この型番。聞いたことあります?私は全然知りませんでした。中身はというとMV4と同じ仕様だそうですが、こう呼んでいた時期があるのですね。いわゆるNYCでもTYOでもない、MetroLine。日本の工場ラインで組んだ汎用品だと思われます。家にサドあるし、そういう意味ではそんなに食指の動かないベース。なので、普通ならスルーしてしまいがちなところ。ただ弾いたらね…、これがいーんだ(笑)!

 

 

サドはその時期により回路も構造も変わってます。そして、これはうちのと違いパッシブトーンがついているタイプ。私、サドのこの回路が結構好きなんす。使いやすい。それとね、よくよく見ますとネックが茶色い。そう、これ今は廃番?(HPから記載が無くなっているのよね?)らしい、Roasted neckだそうで。クンクンしたけど、匂いはないのね(笑)。最初は着色したTint Neckかと思いきや違うようです(楽器屋さん談)。

 

 

 

一時期、NYCでも狂ったように出していた燻製ネック。楽器屋さん曰く、「ネックのローストで問題が出て、やらなくなった」とのこと。ただ、国内でもT.M.P筆頭にこういう処理をしているメーカーはありました。つまりはある程度、制作や加工処理の知見等があれば、悪くはないネックができるものらしいっすね。実際、水分含有率を低くするので、ネックの強度や反りに関しては安定しているとのこと(楽器屋さん談)。まぁ、サドの場合には補強用のカーボンがトラスロッドの両側を囲っているので、その必然性がどこまであるかは分かりませんが。

 

私は、特にその燻製に惹かれたわけでもなんでもなく、やっぱり弾いていて音が良く、ストレスがないところに惚れました。また以前から所有しているNYCのSTANDARD4と違い、アクティブ回路をオフにしても、そう大きく音量、音質に変化ないところが気に入りました。このJT-Mは、ハイ、ローのブーストをしなければ、ほぼパッシブの音と変わらないんですよね。STANDARD4は、基本的にはパッシブで使うことを前提としていない。アクティブスイッチを切ると、それはそれはペラッペラな音になってしまう。電池切れたら、お手上げね(笑)。なので、こっちの方が安心感あるし、トーンがあるからアンプやキャビに対する対応力が高い。うーん、アマチュア向きでいいね(笑)。また説明を聞くまで知りませんでしたが、メトロラインはハードウェア全般はNYCと一緒とのこと。NYCだと、今や80万〜100万ぐらいするから、それを考えるとお得なのかな(笑)。

 

このシリーズは日本の工場で量産しているモデルなので、きっとね、全部がこういうクオリティではないとは思います。いちいちネックとボディの組み合わせを複数試したりもしないでしょうし。過去、何度か試奏したこともありますが、個体差は大きいし、欲しいと思ったことはありませんでした。なので、この個体はアタリなんだと思います。少なくとも私には合っているし、十分な音質や反応がある。うん、満足です。

 

 

 

重量は4kgちょい。チェンバーではないので、重量的には檄軽ではありません。でもしっかり中身がつまっている分だけ音が速い気がします。パンチありますね。

 

エキゾチックウッドなどを使ったり、高価な材を浸かっているモデルではありませんが、よくよく見るとネックも目の詰まった良い木を使ってますね。ちなみにかるーくネック側に重心があります。ストラップにつらなくても弾ける程度なので、全く問題ありません。

 

 

 

気兼ねなく普段使いするという意味においては、最高のベースじゃないですかね(笑)。

 

ということで、現状サドは2本(NYCとこれ)あるし、コッポロもある。それぞれの長所もあるし、気に入っているのですが、いつかどれか1本に絞らないとなぁと思ってます。最近はだんだん安いブツにリプレイスが進んでますが、また加速しそうな気配(笑)。

 

p.s

あとね、現行品のメトロラインは、ヘッドに“MetroLine”って書いてあるけど、この頃のはただのGuitarsなんだよね。それはそれでいいかも(笑)。

 

JUGEMテーマ:音楽

Alleva-Coppolo EUT 4 Classic 4String Jazz Bass

昨今のトランプ景気(?)で、円安が進行する前のお話。

 

この先の不明感(大統領選とか国際情勢とかね)を背景に、円高が急激に進行した時期がありました。多分2016年の8月前後だったかと思います。1ドル=101円〜103円ぐらいでちょっとだけ安定した時期。この時によくebayなどを覗いておりました。買えないまでも海外のヴィンテージ価格が為替のお陰で少しだけ現実味が出てきて、夢を見るにはいい時期でした(笑)。

 

そんなある日、いつものようにパトロールをしておりますと、なかなか可愛い色味のベースが目に飛び込んできました。

 

 

ほぅ、コッポロの4弦かぁ。5弦は売ってしまったけど、4弦ならば、ちょいと興味がある。どんな楽器なんでしょ!?

 

これがきっかけ。今の定価は良く知りませんが、多分、今流通する金額ぐらいのブツでした。安いわけではない。さすがに海外でも人気あるのねぇ、なんて思って出品国を見ますと、お隣韓国からの出品。これなら送料もそう高くないし、行けんじゃないかな、なんて思ったらもう止まらない(笑)。出品者とコンタクトを取って、Make Offerを出してみるものの決裂。まぁ、仕方ないかと思っていたところ、先方から再度のアプローチがあり、希望金額ではありませんでしたが手打つことにしました。それがこちら。

 

 

 

ね、なかなか可愛い色味でしょ?(笑)。コッポロのノホホンとしたヘッドの形状に良く似合う色。ムーミンみたい(笑)。しかも珍しく若干のレリックが施されている個体です。くすみ気味のサーフグリーンは味わい深いっすね。意外とジミーさん、エイジド加工上手いんですね(笑)。

 

 

あと、さらにレアと思われるのが、その個体の名称と材料。まず出品者のコメントによると型式が“EUT 4 Classic 4String Jazz Bass”。LG4だと思ったら、EUTだそうな。これは、その説明によれば、「EUT serieses only made for Europe market. It sounds like 60's vintage Fender Jazz Bass.」だってさ。本当かどうか分かりません。なにせ、コッポロの公式webに表記はないし、日本でも見かけた記憶はありませんね。

 

しかもさらにレアなのが、このコメントによる部分。

「The bass was personally ordered with special body&neck woods and estimated that it was made in 2011.」

 

 

完全に個人のオーダー品だったようです。さらにはそのスペシャルウッド&ネックってのが、1Piece Primavera Body&Premium Indian Rosewood Fingerboardだってさ。プリマべーラという材は私も見識がなく、調べてみますとホワイトマホガニーとも呼ばれている気だそうな。木としてはまったくマホガニーとは別種だそうですが、見た目、色以外は似ているようです。どんな音がするのか、興味津々です(笑)。それに1ピースだって。まぁ、塗りつぶしなので、その真贋が分かりませんけどね。まぁ、新品でも結構なお値段がしたブツなんだと思われます。

 

ネックの木材や切り出し方、この辺はやはり安定感あります。モノとして説明にもあったように2011年製で、まだNYの工房から西海岸へ引っ越す前のやつですかね。以前私が持っていたLG5もほぼ同時期かな。この頃に制作された楽器は近年のブツより好きな個体が多いかも。とりあえずはビシっとストレートが出る楽器は気持ちいいもんです。

 

 

指板もインディアンローズですが、見た目、なかなかハカランダっぽくていい色味です。スラブで厚めにおごってあるのはいつも通り。

 

 

んで、さっそく送ってもらって音出し。てか、その前に実は偽物だったりして…、なんていう疑念もあったのですが、実際に届いた楽器の詳細検分を行った結果、そこは間違いなさそうです。裏蓋の処理やサイン、ネックプレートに回路、問題なくコッポロのソレです。安心(笑)。

 

 

 

そして肝心の音の印象ですが、思ったよりキレる楽器ですね。1弦のプルなどは、アルダーとは違う。パリッとしている。ローの出方はマホガニーのような図太さではありませんが、アルダーよりはあるかも。ただ、ある程度回路側でブーストしてあげる使い方が前提になると思います。

 

 

 

このベースを持ってね、鈴木渉さんの持っている白ベッコウのLG4と比べっこしたのですが、回路依存度がこちらの方が高いですね。ハイもローも上げて彼のLG4と近い音量になる。音質的には、好き嫌いの領域かも。基本的なデキは、さすがコッポロ。悪くないです、というか良い(笑)。

 

家には唯一の4弦アクティブJBとしてサドウスキーが鎮座しておりますが、スラップしないバンドなら、コッポロの方が使いやすいかも。パッシブトーンの効き方もいいし、ローとハイの効き所が的確で音が作り易い。不必要に広がらない。コントロールしやすいです。

 

 

この色はポップだし、そういう音楽にも合うので、秋ごろからはいろんな機会に持ち出して遊んでます。まぁ、アクティブ4弦が少し増えてしまったこともあるので、いずれはどれかを選択しようと思いますが、それまでは遊ばせてもらおうと思ってます。

 

ということで、次回は12月末に来たブツなどを。

 

JUGEMテーマ:音楽

あけましておめでとうございます!

 

東京はとても良いお天気。清々しい空気、気持ちいいなぁ。日の出前にすずのすけの散歩を済まし、元旦恒例、朝イチのお雑煮をいただきました。

 

 

今年も悪い年にならなければいいなぁ。「いい年」なんて贅沢はいいません。「凪」で十分です(笑)。今日はこの後に仕事があり、ちょいと出かけてきますが、なるべく早く帰ってこようと思います。

 

今年の正月は休みが短いので寂しいですが、三が日は極力ゆっくりしようと思います。特にどこにも行きませんしね(笑)。近所の氏神様だけ行って破魔矢を返して、新しい買ってこようと思います。

 

本年も何卒宜しくお願い申し上げます。

 

JUGEMテーマ:日記・一般