試奏レポート “ALIEN AUDIO L5-PJ34-TFG-”

未知のブランドの試奏レポートを書くのはいつ以来でしょうか(笑)?久しく書きたいと思うブランドもなく、どちらかというとヴィンテージや既知のハイエンド系に偏った感じで試奏などをしてきましたが、先日、これはいいかも!と思えるベースに出会いまいましたので、ご報告方がた、所感などを上げておこうかと。

 

まずは、このブランド、ご存知ですか?

 

IMG_4464.JPG

 

ALIEN AUDIO(エイリアンオーディオ、でいいのかな?)。私は初めて聞く&触るブランドでした。どうやらナッシュビルで生産しているメーカーで、正式にスリークエリートが代理店に決まっての日本初上陸らしい。んで、こちらがその最初の1本目、とのこと。

 

ふらっと寄った渋谷のクロサワに置いてありましてね。この色とそして見たことのないブランド名とルックスに興味をもちまして、早速試奏家魂に火がついてしまったわけです(笑)。

 

 

観ての通り、シングルカットのPJスタイル。しかもPUはノードストランドのPスタイルとJスタイルのビッグシングル。

 

IMG_4466.JPG

 

音の総括は一番最後に書きますので、まずは忘れないうちに、軽くスペックのおさらいを(笑)。ボディがスワンプアッシュでネックがアッシュ+メイプル+アッシュの3ピース。回路はオリジナルでブリッジが2TEK。これだけでもかなり個性的な感じがしますよね。

 

まずはそれを持った時のバランス。アッシュネックということでネックヘヴィーになりそうな感じもしましたが、全然そんなこともこともなく、軽めのスワンプアッシュと相性もいい。ネック材の杢目を見るに結構いい気を使っているように思います。シングルカットの弾きにくさも個人的には感じませんでした。ホールド感も悪くない。

 

さらに特徴的とも言えるのが、そのネックシェイプ。

 

IMG_4461.JPG

 

写真では分かりにくいかも知れませんが、非対称になってます。5弦側が薄く、1弦側が厚いアンシンメトリー。割と逆のシェイプを持つ楽器はありますが、これは珍しい。まず弾いてみると、やっぱりそういう楽器に触れたことがないので正直違和感はある。だけど弾きすすむと、意外と合理的な気もしてくる。人それぞれの親指を置くポジションにも因るとは思いますが、構えたときにネックの低音部が薄いことでネック全体に指を回しやすい。また高音弦を弾く時はしっかりとした厚みがあるので、ポジションをホールドするのがラクです。慣れれば、良いシェイプなのかも。

 

そして珍しいのは、そのコントロール。

 

IMG_4467.JPG

 

大きいノブが上から、トーン、バランサー、ヴォリューム。まぁ、普通と逆よね。あと小さいノブが、上からトレブル/ミッド/ベース。ここはノーマル。このプリアンプの特徴はこれだけじゃなくて、ヴォリュームをプルするとオーバードライブがかかる(笑)。あとトーンを引っ張るとヴィンテージとハイファイという2種類の異なるサウンドが出る。こういう回路って割とキワモノが多くて、実は使えない…なんてことも多いのですが、このオーバードライブはちょっとよかったかな。激しく歪むというよりは、音の厚みを出すドライブというイメージ。サンズなんかの考え方には近いのかも。普通のラインを弾きながら、少し押し出しを強くしたいときとかにも使える感じ。大人なドライブですね。ヴィンテージとハイファイは、試奏した環境では、実はあまり判然としませんでした。弦も死んでたし。故にそこは言及せず。

 

もう一個特徴的なパーツ、ブリッジ。

 

IMG_4468.JPG

 

IMG_4469.JPG

 

各弦ごとに支持するタイプで、ボディは貫通しております。この手のブリッジをなかなか採用しているところは近年ありませんよね。個人的には印象イイです。ちゃんと弦振動をボディに余すことなく伝えている感じがするのと、適度なヌケというか、暴れ感を演出する上で機能しているような気がします。科学的根拠ではなく、あくまで弾いた印象ですけどね(笑)。

 

んでもって、ヘッドやボリュートは割と厚め。

 

IMG_4472.JPG

 

IMG_4471.JPG

 

少し、LAKLANDっぽい感じ。これはこれで私は好きです。きっちり弦鳴りをサポートして、さらには剛性的にも優れている。

 

んでね、気になるのは実際の音はどうなのよ?と。

私は、この楽器をスリークエリートの広瀬さんが入れた理由がなんとなく分かるなぁ(笑)。感想からいうと好きです。見た目のキワモノっぽい感じとは裏腹に、ベースとしてかなり実直な音がします。いわゆる派手なドンシャリサウンドや巷のハイエンドとは違う方向。オーセンティックでありながら、しかもオリジナリティがある。音的には近いポジョンニング/マーケットにあるのが、コッポロなんじゃないかな。あそこの不安定な供給状態を解決する一策になるのではないかと。演奏感も構造も良く考えられているし、鳴りも悪くない。個人的には合格ですね(笑)。

PJレイアウトも基本的にはキライですが、これに関しては指弾きをする限りでは気になりませんでした。ミドルの落ち着いた使いやすい音がしましたよ。ppやJJはどんな音がするのか気になります。

 

しかもね、価格で言うと、

 

IMG_4460.JPG

 

非常に戦略的。コッポロが今みたいな尋常じゃない値段になる前に流通していた価格と近いのではないかしら?

 

まだこれ1本しか弾いてないし、個体差があるのかないのか?とか、JJレイアウトも、PP(リアのPはリバースしてる)も、ダブルカッタウェイのシェイプもあるようですし、それらはどうなのか?と気になるところ。まぁ、とりあえず、いろんな個体を弾いた上でじゃないとブランドとしての評価はできませんが、これからの供給が楽しみであることは間違いありません。

 

ヘッドのデザインも私としては好きです。ただ保守派の私からすると、ボディ形状は普通のJBやPBに倣ってもいいかな(笑)。とにかく定期的に新品が入ってくるようなら、今後も注視していこうと思います。

 

JUGEMテーマ:音楽

Danny McCaslin@BLUENOTEに行ってきました!

ダニー・マキャスリン、皆さんご存じですかね?

 

デイヴィッド・ボウイの遺作、★(BLACK STAR)のサイドメンが、自らの新譜のリリースを記念し、リーダーバンドを引っさげて来日したんです!私は彼の作品を昔からチェックしていて、ソロアルバムはほぼ持っています。なので、久しぶりに初見かつ本当に楽しみにしていた来日っす。

 

しかもメンバーも豪華。今、一番NYで売れっ子ドラマー、マーク・ジュリアナに、同じくニューチャプター系のサウンドでソロアルバムも出ているジェイソン・リンドナー、そして以前、キース・カーロックなどとコットンクラブに出演していて大ファンになってしまったティム・ルフェーブルという布陣。まさに全員観たいアーティストですよ!

 

公演は2月1,2日の2日間。正直、知名度的には、まだまだマニアックな部類に入るので、客の入りはどうかしら?なんて思っていたのですが、会場に着いてみるとビックリ。地下の受付フロアが人でいっぱい!ブルーノートの人に聞くとなんと満席だそうな。素晴らしい!やっぱりボウイ効果なのかしら。

 

IMG_4447.JPG

 

多分、あまり聴いたことがない人も多いと思うのでYou Tubeを貼っておきますが、結構前衛的な(?)部分のあるので、好き嫌いはあろうかと思います。

 

 

 

私、こういうの、大好き(笑)。ものすごくエネルギッシュだし、既存の音楽をきちんと消化しつつも常に壊し続ける感じがたまらないっす。

 

当日のLIVEの詳細を書くと結構膨大な感想になってしまうので割愛しますが、上のYou Tubeより少し大人し目だったような気がする。もっと弾けた演奏が聞きたかったかな。初リーダーバンドの来日の初日だったので、まだ硬さがあったのかしら。それともセットリストかな。

 

このLIVEの前日に、ブルーノート系のcafe104.5でメンバー全員出演のトークショウがありまして、そこで少しだけお話をする機会がありました。その時の個々人の印象だけ伝えますと、

ダニー:長身痩躯。すごく丁寧で知的なジャントルマン。

マーク:小柄。時差ボケの影響もあったそうですが、割りと無口で大人しい。

ジャイソン:一番、ある意味スノッブな感じでミュージシャンぽい。

ティム:大柄で陽気&プレンドリーなザ・アメリカン(笑)。オーバーオールでも来たら農場が似合いそう(笑)

こんな感じっすね。

 

んでね、ベースのティムさんに、私もベース弾くんだ!だから機材の話を聞かせてよ、と話しかけると止まらない(笑)。しかもこちらの拙い英語スキルはお構いなし(笑)。しばらく話した後、明日もLIVE来るなら、俺のベース見せてやるよ!と約束してくれました。

 

んで、当日のLIVE終わりに声を掛けると、ちゃんと名前まで覚えててくれて、ステージの上に置いてある機材を見せてくれました(ブルーノートのスタッフの方に怒られましたけどw)。彼はフレーズがかっこいいのはもちろんなのですが、エフェクターを本当にセンスよく使うんですよ。しかもそれが結構キワモノで、ディストーションやリングモジュレーターとか(笑)。なので、何を使っているのか興味津々で。

 

IMG_4456.JPG

 

やっぱり歪みとリングモジュレーターはしっかり使ってましたね!マネしたいっす(笑)!

 

使用していたベースは以前、You Tubeで見た韓国製のベースではなく、こちら。

 

IMG_4459.JPG

 

IMG_4457.JPG

 

CallowHill。私自身もあまり知見のないブランドなのですが、バーチーズが実は代理店契約をしようとコンタクトしていたらしい。しかし残念ながらビルダーの方が亡くなり、立ち消えになったという話です。その後もステージからベースだけ持ってきてくれて、触らせてくれました。いい人だ(笑)。

 

この公演はやっぱりミュージシャン達の関心も高かったようで、会場でandrop前田くんとその友達のギタリスト大江康太さん、山本連くんにも会いました。あと私が一緒に行ったバーチーズの斎藤くんとで、ティムを挟んでしばらく談笑。記念写真も取りましたよ(連くん、トイレ行ってる間に撮ってごめんねw)。

 

 

いつか、彼らのホームグラウンドのNYのTHE 55BARとかで見ることができたらいいなぁ。まぁそんな時間的、金銭的は無いけど(笑)。まぁ、年1回ぐらいはレギュラーでの来日を希望しております!また来たら絶対観に行こ。

 

JUGEMテーマ:音楽

Tokai4号機、リフから戻る。

愛してやまない4号機が約2か月半程度の修業期間を終え、リフから帰ってきました。早速写真を上げちゃいましょう。

 

 

観ての通りの白ベッコウなので、ヒキの写真だとパッと見、分からない(笑)。ただよく見ると、ちゃんとパールではなく、クリームがかった白でレリックやクラックも入っている。

 

 

 

あんまりね、激しいレリックは嫌だったので、正直、これでもやりすぎ感は否めない。NOSまではいかなくても多少チップしているところがある程度でもよかったのだが…。まぁ、やってしまったのは仕方ない(笑)。

 

 

裏もレリック済み。イメージサンプルをくれと言われたので、webでテキトーに拾った写真を送ったのですが、私自身が十分にその写真を確認してなくて、コンター部分に禿げがある写真だったのよね。なので、その通りに上げてきてます。いや、ボディサイドのチップしているところだけが、仕上がりイメージだったんだけど…。これは私のミスだな。

 

塗装はラッカーで木の凹凸がうっすら浮く程度の厚さなんですね。そこに少しだけクラックが入ってます。分かりますかね?

 

 

合わせてネックの裏もしっかり剥いじゃいました。ここはカスタムショップみたくしてほしいと言ったので、ほぼイメージ通りです。

 

 

前の状態でも、うっすらとは剥いであったのですが、今回はガッツリ剥いだので、サラサラ加減は増してます。

 

ちなみに写真はありませんが、ヘッド部分は手を入れず。ロゴもそのまま残ってます。ピックガードやフィンガーレスト、ピックアップや回路に変更はありません。あくまで塗装のみです。

 

 

んで、肝心の音が変わったかといえば、全然変わったようには聞こえません。むしろ音を変えたくてリフしたわけでもないので、変わらなくて安心。ただ、ここから先、変化はあるかも知れませんね。しばらくは毎日触りながら様子を見ようと思います。

 

このベースは、出来上がってからほぼ毎日、ドナ・リーの朝練で弾き続けてきたベースで、新参者の割には、愛着が深い。新品で取り付けたノードストランドのピックアップのカバーが1年足らずで削れてきてますからね(笑)。

 

 

4号機に関しては、これ以上特にモディファイの必要はないと思うので、これでイジるのは終了かな。ここからは弾き続けることで変化が出ればいいなと。ただ、手を入れる楽器がないと寂しいの事実(笑)。また良さげな安いベースがあれば、入手してみようかとは思っております。

 

こういう楽器のモディファイは、個人的には最初のタマ選びで、そのデキの7割8割方は決まってしまうと思っています。ダメなベースは、多分何をやっても難しいし、そもそも良くするためのコストをかけすぎるのでは本末転倒ですからね。そういう楽器選びの審美眼こそ大切だと思います。演奏には自信はありませんが、良いタマを選ぶ自信だけは根拠なくありますよ(笑)。そうじゃなきゃ、今までの散財の価値が無くなってしまうからね…。

 

無理やりそういう矜持を心の拠り所にしているのも、否めませんが(笑)。

 

JUGEMテーマ:音楽