消えるベース。

「消える魔球」ならぬ「消えるベース」。

 

以前、知り合いのFBに書いてあった言葉です。確かその知人の演奏を聞いた人の感想として書かれていたように思います。実はこれ、意味深い言葉だなぁと思いましてね。

 

ベースという楽器は基本的には縁の下の力持ち。楽曲が気持ちよく流れることが大切だったりします。1音変わればコードが変わってしまう。影響力の大きな楽器ですよね。故に間違えると尋常じゃないほど目立ってしまう…。それでね、この「消えるベース」と言う言葉。

 

ベースを意識させないほど楽曲が流れているからこそ、評される言葉であり、最大の賛辞だよなぁと思いましてね。もちろん、ずっとルートばかりを弾いているわけではないので、ときどきパッとフィルインなどオブリガードなりが入って主張する感じなんだと思いますけど。


派手な目に見える空中戦はギター、ピアノ、管楽器などが居る訳で、そう考えると私が思うベースの一番素敵な立ち位置が、「消えるベース」だなぁ、なんて思ったもんでね。意識させないほど綺麗に楽曲が流れる(グルーヴする)ってのは、目指したい境地でもあります。

 

こんな風に言ってもらえるように頑張らないと…、という意識づけのため書いてみました。

 

JUGEMテーマ:音楽