やっぱり左手なんだよな…。

最近、とみに思うのが、やっぱりグルーヴって左手で作るものなんだよな、ってこと。

 

右手はね、もちろん実施に発音する装置なので、大切なことは間違いないけど、左手の準備ありきだし、左手がグル―ヴしてないと、右手だけではノリは作れない。そしてね、左手に意識を集中しつつ、完璧に力まないようにできる訓練=精神力が必要だな。人前で弾く時に平常心でいれないと全く意味ないもんね。

 

以前から思っていることだけど、近頃その思いがさらに強くなってきておりまして。左手が自然と踊ってくれるようにならないと、きっと表現なんてほど遠いし、タイム感なんてのも出てこないんだろうなぁ。

 

弾けないフレーズに直面したとき、その原因は大体、左手が整理されてないor意識しすぎて無駄な力が入っている、のどちらかだもんだぁ。

 

そのために必要なこととして、弾くフレーズ(出したい音)をキチンと“事前に”イメージすること=口ずさんだ音だけにフォーカスすること、最低なフィンガリングを習慣にすること、この2つを課題にしております。適当に弾いちゃうと、やっぱりその適当な感じが出ちゃうし。

 

比較的、弾けてるなと感じるときは、きちんと出すべき音が認識できているときだし、そういう時は本当に周りの音を意識的に聴いている。力みがないという証左だよね。意識しないでよく聴けて、んで左手が反応できるようになる。これが理想。いつも弾く時に忘れないようにしないと。

 

あとは、いまさらながら、沢山コピーして引き出しを増やすこと。これに尽きるな。

うん、がんばろ。

 

以前も同じようなことは書いてはおりますが…。進歩ナシ(笑)。

 

p.s

お友達がプロに混じってライブをして、毎回その反省や感想を送ってくれるのですが、とても良い励みになりますね。プロになりたいわけじゃないけど(当たり前だw)、すこしでも上達を実感できると何よりもうれしい。だから続けられるんだよね。課題は永久に無くならないけど、見つけ続けることと、クリアすることを諦めないことが大切だなぁと思いましてね。

仕事もこのぐらいモチベーション高かったら、きっと出世するんでしょうが…(笑)。

 

JUGEMテーマ:音楽

近況報告などをつらつらと。

本日早朝、東京は雪が降っておりました。確か先週や今週の頭には20℃を超える日があったのに…。それが一転、最高気温が3℃だってさ。

もうね、地球壊れているよね。そして、体も壊れるよね…。

ここ数日、風邪で熱が下がりません。師走前に早く治さないと。ということで、ここしばらくの近況などを備忘録的に書いておこうかと。

 

■すずのすけ オカマになる(予定)。

IMG_4118.JPG

 

ゴールデンの成長は本当に早いですね。うちに来たころは痩せっぽちで、体重も10圓覆ったのに、今では29…。ちょっとした音にもビビる子だったのに、成長とともに随分と相当にふてぶてしくなり、家の破壊なんて日常茶飯事。嫁や私が怒らない日はありません。

 

被害にあった一例:ストラップ、食べました…。

IMG_4114.JPG

 

そんなすずのすけなのですが、この11月で1歳を迎えて、今後の病気の発症などを抑えるためにも、この週末に去勢手術を行うことになりまして。先代のすーさんも確かこの時期だったように思います。童貞のまま、宦官になってしまうことを申し訳なく思うところはあるのですが(笑)、去勢によって長生きするとの話もありますし、繁殖を目的にしないのであれば、早い方がよいらしいので決断した次第です。手術自体は、そう難しいものではないので、日帰りです。抜糸まで、エリザベスカラーになるのかな。やんちゃな子だけに、術後が少し心配です。暴れなきゃいいけど…。

 

IMG_4109.JPG

 

知り合いの子供とすずのすけ。誕生日が10日ぐらいしか離れていない同級生。今のところはすずのすけの方が頭がいい。マテとかフセとか、できるしね(笑)。同じ1年で、このサイズ差にはビックリするけど(笑)。

 

■テニス肘

テニスもしてないのに、テニス肘になってしまいました。すずのすけが散歩中に飛びついたりするのを叱るためにリードを引っ張ったり、ボール遊びをするときに結構思いっきり遠くまでボールを放っていたことが原因すかね。やはり大型犬はそれなり飼い主にも体力を求めます(笑)。仕方ないことですが、改めてジムに行かなくなったことを少し後悔。昨年の骨折が悔やまれます…。

 

■fenderジャパンのPBをリフしたい…

…のに、全然みんな賛同してくれない。

先日、ナオトインティライミなどのサポートしている鈴木渉さんと会いましてね。彼のコッポロ4弦などを触らせていただきつつ、我が家からは2本ほど持って行っていきました。そのうち1本が最近のお気に入りジャパフェンJVシリアルの57年PB。彼とその後輩(後輩さんもプロで、渉さんのトラでナオトのツアーに入ることがあるそうです)に弾いてもらったんだけど、いい音すんだよねー。自分が弾いてもああはいかないんだけど、とにかくいいPBの音がする。うん、余は満足じゃ…ただ1点を除いては。

それはね、やぱり色味。2トーンのタバコサンバーストはやっぱりあんまり好きじゃない。3トーンにしたい!!しかし、その旨をみんなに訴えても全然誰も共感してくんないの…。千葉さんは相変わらず絶対ダメだっていうし(笑)。音が変わってしまう可能性があるので、今の音に満足しているなら、やらない方がいいですよ!と。うん、正論。わかる(笑)。でもね、大きくは変わらないような気もするんだよなぁ(その辺は楽天家なの)。

まぁ、個人的にリフに二の足を踏んでしまう理由があるとすれば、思ったような3トーンサンバーストにしてくれる工房があるかどうか、なのよね。その仕上がりを見ないとなかなかオーダーには踏み切れない。JVシリアルで失敗したくないし。

ということで、まずは実験の意味も込めて、近々4号機をとあるお店でリフしてみようと思います。もし結果がよければJVも検討してみるという感じで。もともとの白パールもそんなに好きじゃないし、ポリ塗装だし、その一部が割れて来ていることもありましてね。ちょうどいいかな、と。

金額的に高額でなく引き受けてくれるところがありそうなので、一回持って行って話をして来てみます。

 

 

■ベースマガジンデビュー

ベースマガジンにね、今回の映画「JACO」の流れで取材していただき、写真付きでインタビューを掲載していただきました!

 

IMG_4126.JPG

 

しかも元ADLIB編集長の松下さんと同じページで(笑)。

 

IMG_4127.JPG


冥途の良い土産ができました!デビューとは書きましたが、まぁ昨年、濱田織人さんの忘年会の写真とか、織原さんの連載のはみ出し情報的なところで、触れてはいただいてましたが(笑)。こういうちゃんと形は初めてです。もう一生無いと思うので、大切に保存しておきます。

 

もうすぐ師走ですね。皆様もお体にご自愛くださいませ。

 

JUGEMテーマ:音楽

日課から感じるその日の体調。

運動の話ではないです(笑)。

 

ここ1,2年ほどは、朝がとっても早起きです。寄る年波の体質変化はあるとしても、午前中早めに会社行って雑事を済ませるには、どうしても早起きしないといけないし、何よりもすずのすけが来てからは、朝の散歩が4時半〜5時半ぐらいにある。もうね、朝が長い長い(笑)。会社行くまでの時間、新聞も読み終わって、パソコンでのメールチェックも終わっても時間があまる。なのでね、朝風呂ならぬ、朝ベースを習慣としております(笑)。

 

そこでね、感じることがいろいろとあるわけです。真面目にクリック使ってとか、楽典的なこととか、そんなカタい感じで練習しているのではなく、ベースを手に取ってitunesで選んだ曲をテキトーに弾いているだけなのですが、とりあえずその日、一番最初に弾く曲だけ決めてます。

 

それが「ドナ・リー」。

 

2年ほど前にね、フリーウェアのソフトを使って、チューニングそのままでテンポを落として、まずは1音1音完コピしたんです。そのあと、徐々にテンポを上げて、現在は92%ほどの速さで弾けるように練習してます。これがね、毎日やってるととても面白い。

 

まずは日によって、同じテンポで弾いているのに、速く感じたり遅く感じたりすること。

 

機械は正確なので、毎日同じテンポのはずなのですが、調子のいい日にはとても少し遅く感じる。そういう日は弾けてる気がするし、実際ミスも少ない。でも逆の日もある。あれ、こんなに速かったっけ?って。これは毎日同じ楽曲と付き合っていて初めて感じたことです。クリックなどに合わせて日頃から研鑽を積んでいる人にとっては、普通のあるあるなのかも知れないけど。でも、何となくその日の感触がつかめて楽しいです。

 

あともう一つ。苦手なフレーズがどんどん増えること(笑)。

 

昨日までは何の意識もなく弾けていた箇所が急に弾けなくなったりする。それがね、1曲通してどんどん変わっていくの。刹那的に練習していると、この感じは多分わからない。苦手フレーズをツブして行くと、また違う弾けてたところが弾けなくなる。この繰り返しはとても楽しい。要は以前弾けてたと思っていた箇所がちゃんと弾けてないことに気付いたりしてる部分もあるのだと思います。

 

まぁとりあえず毎日ドナ・リーを練習してても飽きないんで、気長に取り組もうと思いますよ。もう最初にコピーしてから2年経ちますので進歩は緩やかなのですが、弾いているうちにいろんなヒントが見つかって、ある日突然苦手だったところが弾けたりすると、嬉しいもんす。例えば左手の力の入れ具合やフレーズを澱みなく弾くためのポイントとなる音を意識するとか。気づいてないことがまだまだたくさんあって、嬉しくなりますね。

 

毎日、ドナ・リー。結構、いいすっよ。マジで(笑)。本当にその日の体調がよくわかります。毎日血圧を計るようなもんすかね(笑)。

 

p.s

これって、そもそもは織原君から出された宿題だったんですよね。ドナ・リーをやりなさい!って。2年も経つのに、全然宿題、終わらねぇ…。

 

JUGEMテーマ:音楽