大掃除からのヤフオクラッシュ。

改めまして、あけましておめでとうございます。

今年は4日には出社でしたので、短いお正月でした。

 

昨年末は、ベース忘年会2本を含む忘年会ラッシュで、飲み過ぎとタバコの吸いすぎで年末には体調を崩し2日間ほど寝たきり。故に、例年ほど大掃除がはかどらなかった…となるところでしたが、それを見越して1週間前より着手しておりました。すずのすけがいると大掃除どころではないので、ヤツにはちょいと修行に出てもらい、気兼ねなく任務遂行ができる環境を作ったので、いつもはなかなか手を付けにくい場所まで踏み込むことができましたよ。

 

私の部屋は狭いのですが、その原因が楽器のハードケースとソフトケース。現在ハードケース8ケースと、ソフトケースはMONOの2本入るとの1本入るのがひとつずつ+GIGbag+ナスカ(ノンリバ雷鳥専用)+その他ソフトケースが3つ4つ…。これがね、大きく部屋を圧迫するんですよね。そこで、そいつらを仕舞うため自分の部屋の押し入れの整理を敢行することにしました。

 

 

実はこの押し入れ、この家に住んで以来、ほぼ根本的な整理や片付をしておりませんでした。理由は部屋の中のもの(ベースや本やCDなど)が多すぎてそれらを外に出す余裕がなかったこと、あと前の前の車のサスペンションなど非常に重たいものが入れっぱなしになっており出すのが大変なこと、ワンコが邪魔すること(笑)などなどです。

 

まずは押し入れに手を付ける前に、部屋のベースを全部外に出してスペースを作り、その後ご開帳。手前のものから出して奥に押し込んであった様々なブツを改めて確認。そうするとまぁ忘れていたような物が出る出る(笑)。それらに気を取られつつも、とりあえずは出来上がった空間に、なんとかハードケース8本を収納することに成功しました!!

 

 

これでもね、かなりキレイに入るようになったんすよ(笑)。ハードケースが4列☓2、ソフトケースも押し込んで、部屋に出ているソフトケースはMONOだけになりました。

 

んで、この後は押し入れから出てきたブツの取捨選別。これがね、意外と時間がかかりました。本当に価値のないものは捨てればいいのですが、私にはその価値がわからないけど欲しい人は結構いるのかも…というブツの処理をどうするか。本やCDはブックオフに直行ですが、それ以外で捨てるには忍びないと思われるものは実験的にヤフオクに出してみることにしました。

 

以前の仕事でいただいた競馬のテレホンカード(7,8枚のセットで台紙付きのシリアル入り☓2)とか、DJ関連の機材、あとあんまり使わないまま仕舞ってしまったヘッドホンとか。私、競馬とか全然やらないので、お馬さんの名前を聞いても全然ピンとこないし、価値が分からないんすよね…。そんなものを少しずつ出品しますとね、ちゃんとほしいと思ってくれる人がいるんですね。全部完売しました。ありがたや。それ以降、久しぶりにヤフオク出品を細々としています。

 

売れたお金は、新しい機材やベースの原資に!!と言いたいところですが、先日のオービスの反則金として消えていく運命です。まだまだ足りそうもないので、追加出品の日々ですよ(涙)。でもね、断捨離は気持ちいいし、部屋が広くなるのは嬉しいことなので、面倒ではありますが、これからも少しずつ続けていこうと思いますよ。

 

はやく反則金支払って、行政処分受けて、講習受けて、部屋同様、スッキリしたいもんす…。

 

p.s

さすがにサスペンションとかホイルスペーサーとかはヤフオク出すのめんどくさそうなので廃品回収待ちなのですが、今年(昨年末も)は珍しく全然来ないんですよね。なんでかな仕方ないなら粗大ごみで出すか。

 

JUGEMテーマ:日記・一般

あけましておめでとうございます!2018年

 

あけましておめでとうございます。

例年通り、昨晩は早いタイミングで寝てしまいましたので、今朝も夜明け前から起床して朝のきれいな空気を楽しんでおります。本当に道には人っ子ひとりいなくて、新鮮です(笑)。鼻腔の奥をつく冷気が気持ちいい朝です。

 

清冽な空気に身を引き締め、今年1年を大過なく、そして新しいチャレンジがうまくいくことを祈念して“一年の計”としましょうかね。

 

ちなみに大掃除は、毎年恒例、私が怒って嫁に切れるという毎年恒例の地獄絵図が展開されました(笑)。肉体的によりも精神的に疲れます…。あと、後半は体調を崩して臥せっておりました。また本調子ではなので、気をつけながらお正月は過ごそうを思います。

みなさんも良いお正月をお過ごしください。本年も何卒宜しくお願い申しあげます!

 

今年はお休みが短いから、あんまりゆっくりはできませんけどね(笑)。

 

 

P.S

すずのすけは、大掃除の邪魔になるので訓練士さんところに一時避難中です。先方でも調子に乗って暴れている動画が送られてきます。早く迎えに行かないと(笑)。

 

JUGEMテーマ:日記・一般

絵心と歌心。

皆さん、絵心ってありますか?

 

よく絵心の無い芸能人がイラストを描いたりする番組があります。もうそのキテレツさはハンパなく観ていて楽しいのですが、なぜそうなってしまうのかな…?と、ふと考えました。その思考を想像するに、これって演奏にも通ずるところがあるよなぁ、なんてと思いましてね。

 

絵を描く作業をするときに、上手い人は下書きなどもせずに、サッサッと描き始めます。この最初の段階から、彼らはきっと白いキャンパスにある程度の完成予想を頭に描きながら書くので、我々には見えない線画が脳内に投影されているものと思います。だから迷いなく書けるし、1本1本の線に意味がある。

 

絵心がない人ってね、まず書いちゃうの。その線を自分で見てから、どうしようかとどんどん修正を入れていく。しかしその修正する線も、全体を意識したわけではなくて、とりあえず書いちゃうの(笑)。だから自分の書いた線がある意味、自分の意思ではないんですよね。超・結果論(笑)。その修正に次ぐ修正をノープランで行った成果物が、とても個性的に仕上がるんですよね、きっと。

 

楽器演奏も多分同じで、出す音が事前に意識できてなければ、「まず書いちゃう」という行為と一緒。「まず弾いちゃう」という感じ。結果、出てきた音にびっくりしたり、喜んだり、悲しんだり(笑)。絵と違って、ベースにはポジションっていうものがあり、ガイドラインとしては成立している。でもね、そのガイドだけを頼りに弾く場合には音としての意識はなくて、GPS並みにそのロケーションを意識しているだけで、全くもって音楽的ではないのよね。

 

弾く音はすべからく心で一緒に歌えること=書く線は事前のイメージに添うもの

 

みなたいなことだなよなぁ、なんてふと思いました。

まぁ、皆さんにとっては当然の事かも知れませんが、なんとなく絵心に例えると分かりやすいなと思ったもので。表現するものや創作するものに偶然性も必要だけど、それだけじゃ成立しませんもんね。

 

曲を弾いているときに全部の音を事前に完璧に意識できているかというと、そうでもないなと反省する部分もあるので、譜面という“GPS”に頼らず、自分の行きたい音を把握して演奏する練習も大切だなと思ったりして。まぁ、具体的にいうと、知らない曲のコード進行を先読みつつ、適当に弾いているのが楽しいって話なんですけど…(笑)。

 

分かりにくい主観的な話で恐縮っす。

 

JUGEMテーマ:音楽