fender USA jazzbass 79年

ヘッド

ボディ

いま、最も手頃で入手しやすいセミオールドが“fenderjazzbass”の70年代後半78,79年あたり。このナチュラル/メイプルのjazzbassはS8シリアルですが、多分79年ごろだと思われます。70年代前半〜75年までのブロックインレイ/アルダーボディ/4点留めは、オールドjazzbass高騰のあおりを受け50万円前後することを考えれば、78,79年あたりは20万円台が中心だから、手が届く範囲ですよね。

個人的には70年代前半の仕様より、後半のハンパなく重いアッシュボディの3点留めの方が好きです。最初に買ったfender78年製が6kg!で、それに慣れているせいもありますが(笑)。近頃は重いというだけで敬遠される方が多いそうですね。確かに年を取ってくると長時間の演奏は(というより、スタジオへの持ち運びですら)辛いものはありますが、ウェイトバランスは良いし純粋に音だけで評価してもこの年代はかなりオススメです!

CBS期のjazzbassより約1cm程後ろにマウントされたリアピックアップはオールドより堅い音ですが、このベースに関しては意外にふくよかな音がします(今まで弾いたこの年代のベースは比較的リアが弱いものが多かったような気がしますがこれは例外かな)。もちろんすべて全開にすれば向かうところ敵なしのスラップ番長そのもの。指弾きならオールラウンド。重低音系音楽以外ならほとんどイケちゃうんじゃないでしょうか。

ブリッジ周り

スペック的には決して良い材料や工法で組み立てられていない楽器が多いのもこの年代の特徴。特にボディに関しては比較的よい木目のものを使っていると言われているナチュラルですら、3ピース4ピースは当たり前(うちのは4ピース)。ネックポケットに至っては、スカスカのモノもあります。このベースはまだ遊びの少ない方ですが、以前持っていたのはネックサイドとボディに2mmぐらいの隙間がありました(笑)。音に直接影響があるかというと、それでも結構イイ音がしていたりするので、それが悪いのかハッキリとは言えないのが不思議ですね。

バック

ポケット

3点留めの場合はネックとボディの接合が弱いため、ネックが動いてしまう可能性があります。そもそもセンターが合っていない楽器も稀にあります。当たりはずれもかなりあるので、オークションでこの年代を買うのは危険ですね。

指板はローズとメイプルがありますが、最近はなぜかあまりローズを見かけません。たまたまでしょうか(笑)。先日もヤフオクで79年のナチュラル/ローズのjazzbass(下のphoto)が出てましたが、この年代としては異例の高額26万円で落札されてました。大体ヤフオクですと市場の6〜7割ぐらいの金額で落札されているケースが多いのですが、これは店頭価格ですね。試奏なしで買うにはリスキーとは思いますが、写真を見る限り、「良い姿」をしてます。買いたくなる気持ちもワカル(笑)。

追記:このベース、落札者と連絡が取れなかったらしく再出品されて、最後は18万ぐらいで落札されてました。まぁ妥当(よりちょっと高いぐらい)なオークション価格ですね。

オークション

banner

これはイケる!セニョール・ココナッツ “プレイズYMO”



YMOのカバーは古今東西数多くありますが、これは脱力感といい、ほのぼの感といい、楽曲理解力といい、最高の部類に入るお茶目なカバーアルバムだと思います(笑)。

基本ラテンを踏襲しつつも、上手にクラブ風流行モノを取り入れているバラエティに富んだ内容です。個人的にはほとんどオリジナルの香りが残る「シムーン」と、ラテンだとこういう解釈なのね、なるほど!とカンジさせる「東風」がオススメ。これから夏の時期に車の中でダラーっと流すには良いと思われます。

今年の秋あたり、来日かな。

fender USA jazzbass 64年

    ヘッド

ボディ

さて、言わずと知れた名器fenderjazzbassの64年白ベッコウです。
近年プレCBSのfenderの値段は、常道を逸してますね。私がこのベースを購入したしたときは、まだオールドの値段がそれでも50万〜70万ぐらいだったでしょうか。今では軽くその倍はします。「男の60回」ローンを組んでおいて良かった。←このヘンのコピーが分かる世代の方、もうオッサンです(笑)
特徴ですが、いわゆるジャコの音です。リアのヌケの良さはもちろん、フロントとリアをフルテンにしたときは、密度の濃い音がするのでPOPSなど新しめの音楽もイケちゃいます。

この年代は職人が1本1本丁寧に作ってますので、近年のベースとは造りの精巧さが違います。例えばネックポケット。ほとんど遊びがありません。ねじをはずしても力を入れないとボディからネックが抜けないほどピッタリに作ってあります。70年代になるとセンターがずれている楽器を時々見かけますがそのようなことは、この年代に限ってはほとんどありません。

またもう一つの大きな違いとしては「使っている木材の質」です。潤沢に素材のあった頃ですし、充分な乾燥期間を置くことができた時代です。ボディはブロンズカラーのアッシュ以外は比較的軽めのアルダー、指板は今では基本的に輸入できないハカランダがスタンダードの仕様ですね。

指板

この年代を買おうと検討されている方、是非早期に手に入れることをオススメします。多分値段が下がることはないので早い者勝ちです(笑)。
購入時の留意点は、以下の通り。

値段は音を(ほとんど)反映してません。価格決定要素のほとんどはオリジナル度の高さや見た目の状態だと思います。プレーヤー志向の方はあえてオリジナルにこだわらす、ネックがしっかりして、ボディがオリジナルのものを選んでみてはいかがでしょうか?比較的安い値段で購入でき、オールドの音を充分感じられると思います。もちろんピックアップもオリジナルに越したことはないですが、最近はリプレイスでもいいものがあります。好みの部分もありますのでいろいろ試してみることをオススメします。

オリジナルにこだわる方は、是非コントロール部の中まで開けてポットのシリアル番号まで確認しましょう。シリアル番号の中に製造年が刻印されています。うちの楽器にも4桁の数字の頭2桁に63という刻印があります(後の2桁は製造週数)。意外と外見だけでは分からない改造もありますので、とりあえずネックもはずして日付もみましょう。ピックガードもオールドは現行品のように平面的ではなく深みがあります。セルロイド製で経年変化のため縮んでいるケースが多いです。
とにかく納得いくまで店に付き合ってもらい確認しましょう。車並みに高い買い物ですから(笑)。

ピックガード

とりあえず、弾いてみればこの年代の楽器のすばらしさが分かると思います。一生のお付き合いのできる楽器ですから、ながーーーーーーい目で見れば、損はないと思いますよ!

banner