最近のC/S、ちょっといいよね。

かれこれ、PBのマイブームは、そろそろ1年半を超え、飽きるどころか、ますます手に取る率が上がっている今日この頃。

先日、嬉しいお声がけをいただき、fender back stageさんにちょいとお邪魔してきました。

 

FBでつながりがあり、以前もベースの話で盛り上がりましたfenderの天野さんからご連絡いただきましてね。

「6月のイベント用にJAPAN LIMITEDとしてCUSTOM SHOPにオーダーしていたプレベが入ってきました。CUSTOMSHOPのプレベは本当に球数が少ないため、まとめて入ってくることも滅多にありません! ご都合よろしければ是非弾きにいらして下さい!」

とのこと。

 

もうね、これは行くでしょ(笑)。最近のfenderの印象は、レギュラーラインに注力しているイメージ。アメプロなり、エリートなりを楽器屋さんで拝見、試奏する機会は多い。でもカスタムショップは、以前よりは全然見かけなくなったかも知れない。しかもPBはタマが少ないらしい。まぁ、JBの方が市場的には大きい気もしますし、仕方ないのかもね。

 

 

とりあえずはこの送られてきた写真を見て、ワクワクですよ。家からも何かお持ちしましょうか?と聞くと、59PBとJVシリアルPBがいい、と。勉強熱心ですよね。あと気になるとおっしゃっていた62年JBと、ここにはまだ紹介してないJDシリアルPBの計4本を車に積み込んで遊びに行ってきました。

 

それでね、話も早々に、まずはカスタムショップのラインナップを見せてもらおうと展示室に向かいますと…。あれ、写真より少なくない?そうなんです。結構ズラッと並んでいるかと思いきや、こちらに伺うまでの間に、ここを訪れたプロの方々が買っていかれたようです…。あー、足が速いってことはいいブツだったんだろうなぁと思いつつ、売れたベースと音的には近いという説明のあったチャコールフロストのPB(写真中央)はを弾かせてもらいました。するとね、これがね、いーのよ、とっても(笑)。

 

まず驚いたのが、工場出荷状態のベラボーに高い弦高(笑)。いつもはね、これでまず嫌になっちゃうの、私。でもね、これは弾いてて全然飽きないのよ。上から下まで万遍なく出てて、さらにパンチがある。セットアップ前の状態でこれだったら、もう買っても間違いでしょー。スタッフの方が言うには、売れちゃったフェスタレッドはもっと下があったらしい。うーん、すごいね。そう言われると弾いてみたかった…。

天野さんは、私の62年は痛く気に入っていただいたようです。後日メールが来まして、「音が耳に焼き付いている」と。沢山の楽器を見て触って知っている方々ですからね。お世辞でも嬉しいですよね。素直に喜んでおこう(笑)。

 

 

あとね、個人的にビックリしたのは、彼の私物のギター。59年ローズのストラト。これはすごかったなぁ。ギターってね、私はちゃんとは弾けないし、個体差がベースほどわかるかといえば、自信ない。でもこんな私でもその良さがハッキリ分かるブツでした。ストラトとシールド1本、アンプ直…以上。これでね、クリーントーンからドライブトーンまで自由自在。入力に対する反応が素晴らしく、弾き手の表現力がそのまま音になる感じ。故に非常にシビアだと思いますが、聞いてるだけで、「あー、その音。レコードで聴いたわー」というサウンド。ストラトってすごいのね。弾けないのに欲しくなりましたよ。まぁ、ベースみたいに優しい(?)値段ではありませんが…。

 

 

 

こちらは別のスタッフさん所有の59年ストラト、メイプル仕様(弾いたのはこのギターはありません)。

うちの59年と2ショット。同い年。59年ぶりの邂逅!

 

他にも何本もあったのですが、写真撮り忘れちゃった(笑)。

 

あとね、余計なお世話ですが、fenderの日本法人として、日本製fenderの系譜は展示などがあった方がいいよね、という話をしておりました。過去製作していた“フェンダージャパン”にもすごく良い楽器があるし、そういう楽器こそ、ここにアーカイブしておいた方がいいと思うんですよね。歴史資料館なんて大仰なものじゃなくてよくて、過去の良い楽器をすこしずつでも集めて、誰にでも弾いてもらえる環境を用意しといたら?って話。そこが起点になってアーティスト同士がつながったりすれば素敵だし、楽器へのさらなる興味や知見が増えればブランドへの愛情も増すでしょう?結果、より頻繁に足を運んでもらえると思うんです。ヴィンテージがあればさらに嬉しいですけど。まぁ、私が企画してやりたいぐらいで(笑)。

 

最後に全然関係ない話ですが、今月6月16日(土)にはfenderがイベントをやるそうです。

FENDER CUSTOM SHOP EXHIBITION

場所は渋谷ベルサールで、なんと入場無料だそうです。C/Sが200本ぐらいあるらしいっす(笑)。ベースが何本あるのかはわかりません(笑)。でも、これゲストが豪華ですよね。鈴木茂さんとかCharさんとか布袋さんとかハマオカモトさんとか、他にも沢山出るみたい。太っ腹。まだfenderはG社のような心配はいらなさそうです(笑)。お時間のある方は行ってみては ?

私はとりあえず、昼間にちょいと覗かせていただきます。

 

fenderの楽器はやっぱり楽しいなぁ。気がつけば、家のベースは半分以上fenderだし。しかもPB3本のうちジャパン2本(笑)。最高ですよ。

 

JUGEMテーマ:音楽