今年もあとわずか…。

毎年、このブログの1年を締めくくるエントリは、その年を振り返っております。もうそんな時期なんですねぇ…。早いもんです。いい年だったかそうでなかったかと問われれば、特に大きな怪我や病気もなく、家族も息災ですので、「凪」と言えるのかもしれません。ありがたいことです。この年の瀬に新潟などで罹災された方々がいらっしゃることを思うと尚更です。本当に心が痛みますし、一刻も早い復旧と生活の見通しが立つことをお祈り申し上げます。

 

世の中的に感じたことといえば、今年1年、政治がかなりエンターテインメント化した、というか、テレビ番組を始め、各メディアでの露出が増えた年だったように思います。今まではどちらかというスキャンダルしかニュースにならなかったような気がしますが、そうでない喫緊の問題について、討論される機会が増えたように思います。

舛添氏などは、やはりスキャンダルの類ですが、小池さんになってからは都政の問題が大きくクローズアップされるようになり、そういう意味ではよかったのかも知れません。知らず知らずのうちに物事が進んでいることが数多くあったのだなぁと反省することも少なからずありました。都政などは地方行政なので、スポットもあたりづらいネタだったと思うのですが、豊洲やオリンピックなど、比較的大きなトピックがあったので、メディアも扱いやすかったのでしょうね。まぁ、小池さんの都知事への道筋もある意味、ドラマチックでしたし(笑)。

あと、アメリカ大統領選。トランプ氏が選出された以降は、世の中の論調がそれ以前と大きく変わったような気がします。肯定的な意見が急に増えた(笑)。勝てば官軍とはよく言ったものです。ただ選出したアメリカ国民、特に貧困白人層などは、大きな変革に期待しないとこの先の希望がないところまで追いつめられていたというのは、あまり認識を持っていませんでした。こういう人達の期待を裏切らない政治、それから国際的責任を全うする大統領になってもらいたいと思います。できるのかな…?

 

上記にも付随する話ですが、今年になってから以前にも増して良く目にした言葉、それが「二極化」。これはこれからの日本、そして世界において、大きな課題ですよね…。過去、1億総中流と言われた日本は、すでに二極化まっただ中。相対的貧困が6人に1人なんてデータもこの秋にはよく見かけました。「失われた20年」の直撃を受けた世代もそろそろ40代が増えてきて、そしてその子供たちもまた貧困の連鎖に巻き込まれている。親はともかく、子供の貧困による教育機会のロス=教育格差はやはり心が痛むし、あってはいけないことだと思います。アメリカほどは富裕層の社会貢献が浸透してない(宗教観の有無ですかね?)この国では、富の再配分や寄付による課題解決はなかなか難しいと思います。こういう問題こそ、国会なりで国が主導して税金の投入やルール作りをしてほしいし、可及的速やかに実行してほしいもんです。

 

仕事的には、思うような成果が出せておらず、厳しい部分もあるのですが、自分なりには頑張れたのではないかと思っています。新しいことも少しずつはじめてますし。映画などはその最たるものです。思いつきの公私混同から端を発してますが(笑)、そのお陰でまたいろんな人と知り合うことができました。感謝してやみません。来年は来年でまた厳しい予算が有りますが、できる限りの努力はしたいと思います。あとは個人の処遇含めて経営判断にお任せしますので…。

 

個人的なニュースとしてはなんといっても2代目わんこ“すずのすけ”が我が家にやってきたことに尽きます!もうね、先代と違って元気いっぱいでヤンチャ。夫婦2人の体力と気力を奪う傍若無人ぶりに閉口することしばしばですが、すずのすけがいてくれることで、笑顔が増えたこともまた間違いない。ありがたいことです。破壊されたストラップやギタースダンドは仕方ないが、まだベース本体まで逝ってないのでとりあえずは良しとしよう。これから末永く仲良く暮らせますように。

 

 

ベース的には、入れ替えが進んだと年かも。とりあえず家から5弦ベースは無くなりました(笑)。コッポロもシトロンも売ったし。あと64年PBも売りました。替わりにfenderJAPANのJVシリアルPBが来たので。もうね、それで大満足です。あとね、ここで紹介してないベースが2本ほどあります。なので、年始のご挨拶の後はそちらの報告をさせていただこうかな、と。

 

皆さんはどんな年でしたかね?これから元旦に向けて、大掃除やご挨拶などいろいろと行事があろうかと思いますが、お体ご自愛ください。寒暖差も激しく、インフルエンザもノロウィルスも流行っておりますので。

 

最期に、今年1年このブログにお付き合いいただきましたこと、厚く御礼申し上げます。ブログを有料プラン変更しましたら、アクセス解析がグレードアップしまして、ユニークユーザー数なども分かるようになりました。大体毎月2万〜2万2千ほどのユニークユーザー数となっております。たくさんの方に観ていただいていますこと、ビックリすると同時に、心から感謝しております!

不束者ですが、また来年もよろしくお願い申しげます!m(_ _)m

 

JUGEMテーマ:日記・一般

死亡した思っていたMac Book Pro。復活できそうです。

10月になって、通常使用ができなくなってしまったMac。起動時から画面に横縞が入り、パスワード入力後、電源が落ちてしまう繰り返し。危険を感じていち早くMac Book Airと外付けHDDを導入して、とりあえず事なきを得ております。

 

しかしAirは画面が13inch。Proは15inchありますし、USBポートも多く使いやすかったことは間違いない。なので、Macに詳しい方々に症状などを話して何とかできないかと相談したところ、要は液晶系の問題であれば、コストは掛かるけど修理はできるのではないか?という意見も多く…。まぁ、私のProは買うときにメモリも増設してあるし、HDDも750GBある。それに現行機は無いCDスロットが付いている機種。修理して直るなら、金額次第ではありますが復活させたいと思っておりました。

 

そこで先日webで調べたパソコン修理専門店へ直接Macを持ち込んでみました。本来的にはアップルストアに持っていくのがいいのでしょうが、混んでたり融通がきかないことが多いんですよね、あそこ。予約もいるし。なので、街のPC修理店のほうが手っ取り早いと思いましてね。

 

まずはお店の担当に症状を説明して、電源などを入れて、その不具合を確認してもらいました。担当の方はいかにもPCオタク的な風貌とスタイルで非常に好感が持てます。目を見て話さないあたりもいい(笑)。その語り口からも詳しいことは間違いなさそうですし。

んでその人が、ひと通りの検証をした後、PCをひっくり返してシリアル番号を確認して、思い出したようにこう言ったんです。

 

そういえば、アップルからビデオ(画像)に関するリコールが発表になってたと思うのですが、該当しているかもしれないので調べてきます。

 

そう言い残すとシリアルをメモした紙を持って、店の奥に引っ込んでしました。そして待つこと5分。戻って来ると、さも何事もなかったのように冷静に「お客さんのMacは、ちょうどリコール対象製品の生産時期に合致しているので、アップルでタダで直してもらえるかもしれません」と。なぬー、そうなのー?そりゃ、いい話!ってんで、この担当の方には丁重にお礼を申し上げ、お店からほど近いビックカメラのアップル修理の窓口に直行しました。

 

そこでは、やはり結構な時間待たされて不快な気持ちになりましたが、結論から言えば、やはりリコール対象の不具合であり、無償にて修理できることになりました。ほんと良かった!これでまた使える!まだまだきれいな筐体を見るにつけ、残念な気持ちになっていたので、ホッとしました。

しかもね、ビックカメラの人曰く、「このサポートは、この年末いっぱいで終了のため、年を越したら修理受付もできなかったところです。」って。

 

家に帰ってアップルのHPで情報を確認してみると、確かにこう書いてある。

“本プログラムは、MacBook Pro の最初の小売販売日から 4 年間または 2016 年 12 月 31 日まで (いずれか期間の長い方)、対象となる MacBook Pro モデルに適用されます。”

あぶねー、ギリギリだったよ。しかもそんなリコールが発表になっていることすら、知らんかった。だからAirを買ってしまったわけではあるが…。でも間にあって良かった。たまたま思いついて修理に持っていっただけだけど(笑)

 

修理から戻ってきたら、メインマシンとして使用しようかな。思いの外、Airが快適なのでそんなに困ってはないけど、画像処理的なことをやるなら画面は大きい方がいいし、多分処理速度もそんなに遅くはないはず。まぁ、その場合にはHDD→SSDは必須かな。起動が速いと気分いいしね。最初のPC修理屋さんの話だと、1万5,6千円で交換できるみたい。意外と安いんですね。

 

とりあえずは、もう死亡したと思っていたMacが復活できそうで良かった。

普段、あんまりツイているほうではありませんが、久々、ラッキーって感じの出来事でした!

 

p.s

よくよく考えてみると、そもそもリコール対象を買っている段階でツイてないって話なのかもしれませんが…。

 

JUGEMテーマ:日記・一般

映画『JACO』を観てきました。

 

ちゃんと、良い画質&大きいスクリーンで、初めて映画『JACO』を観てきました(笑)。

 

プレミア上映で観るつもりだったのですが、以前も書きましたように当日は満席で観ることができず…。東京でやってる間に劇場でしっかり観ないと!と思って、先日チケット買って行ってきました。午前中のモーニング回での上映でしたが、お客さんはまぁまぁの入り。上映開始から日数は経ってますが、まだまだ結構大勢のお客さんに足を運んでもらっているようです。素直にうれしかったです!

 

東京の上映会場であるシネマカリテには、ロビーにジャコ関連の資料や先月号のベーマガのクリッピングなどが掲出されており、盛り上げてくれてますね。一緒に行ったベーマガの近藤編集長に無断利用だけどいいの?と冗談で聞きますと、笑ってました(笑)。

 

映画館での鑑賞はやっぱりいいですね。改めて気が付く部分も結構ありましたし。大きな音で聞くと家では分からなかった効果音や演出もあって、印象もまた違ってきます。ジャーナリストの津田大介さんがtwitterで『「Jaco」観てきた。最高過ぎた……。音楽ドキュメンタリーとしても出色の出来だと思う。』と書いてくれていました。私も何度も観ているにかかわらず、胸にグッとくるものがありましたよ。前半のクリーンで元気、家族想いのジャコから、薬物依存、ホームレス、そして悲劇的な結末に進むにつれての落差が、わかってはいることですが、切なくなりますね…。だけどね、スティングがいうように、多分、この映画を見に来たベーシスト全員にジャコのDNAは受け継がれていると思うし、皆の中にその音源は生き続けている。そのことを強く感じることができます。

音楽シーンを変えるイノベーターは、世の中にそう多く出現するものではないと思いますが、間違いなくジャコはその一人だと確信できる映画だと思います。

 

先々週末からは大阪と名古屋でも上映が開始され、満席だったそうです。その評判のお陰か、上映エリアが拡大しております(札幌、金沢、東京(24日から新宿シネアートに変わります)、横浜、名古屋、静岡、大阪、福岡。多分東北でも上映ができると思います)。詳細はこちらに出ますので、ご興味のある方はこちらをご覧ください。

 

1人でも多くの方に彼の音楽を聴いてもらいたいし、その生涯を知っていただければと思います。引き続きよろしくお願いします!

 

p.s

デジマートに注文していたストラップが届きました。なんだかもったいなくて、包装から開けてません(笑)。

 

 

JUGEMテーマ:音楽