目で見て弾くか、目を閉じて弾くか。

相変わらず指は痛いし、最近は右手肘の通称“テニス肘”が悪化し、2回目の注射は全然効かない状態です。ベースを弾くことはそういう症状には良くは無いようで、2か月でも3か月でも弾かないで安静にしてぴたほうがいいそうです。が、やっぱり他に趣味もないし、弾いていしまいます。まぁ、独りでポツポツと弾いていることが多いのですが、それがストレス発散にもなってでしょうし、やっぱり楽しいんでね。

 

ということで、家ではもっぱらyoutubeかCDに合わせて適当に弾いているのですが、その時にね、目をつぶって弾くか、目で見ながら弾くか、で全然グルーヴやソロのメロディは違うんですよね。

 

目で追いながら弾いているときは、どこか弾いてやろう!的なよこしまな気持ちや間違いを恐れ置きに行く気持ちがあって、お世辞にも良いプレイが出来ているとは言い難いんす。周りの音を弾くことにも集中できてないしね。

 

それが目を閉じて、そして弾く音を歌いながらにして弾き始めると、そこからガラリと感覚が変わるんですよね。とても音楽的になる気がします。歌いながら弾くフレーズは当然自分の中にあるものだし、そういう意味では決して新鮮味があったり突拍子もないもの、弾いてやろう的なフレーズは出てきません。それに目もつぶっちゃってるから、ポジションも間違えたりします。でもね、やっぱり音楽的だと思うし、本来、器楽演奏とはこういう感覚のものなんだろうって感じられるんですよね。

 

昔も似たようなことは書いたし、みなさんにとっては当たり前の事だとは思いますが、まだまだ私自身の中では当たり前の動作、感覚になってないんで、そこを意識することがとても楽しく、また勉強になります。純粋に“話せる言葉”を増やしたいな、という気持ちにもなります。

 

目で指板を追う演奏は、スケール的になりがちだし、できないことをやってしまおうとする感覚が強いので、最近は目をつぶって歌いましょ、ということを意識しています。

 

とはいえ、譜面見ながらとかは当然できないので、ある程度進行が読めるとか、暗譜している曲に限られてしまうのですが…。プロってそれをしながら、演奏にも情緒があるわけで、さすがだなぁと思います。

 

部屋で一人で歌いながら弾いているのを、嫁はついに私が気がふれたか?と思っているでしょうね(笑)。ま、いいや。

 

JUGEMテーマ:音楽