バッタバッタの9月でした…。まだ終わってないけど。

今年の9月は天気悪かったっすね。お日様を見たのが25日以降だったぐらいに感じます。6月7月ぐらいに喧伝されていた東京の水不足は解消しているのですかね。まぁ、これだけ降っていれば、間違いなく水ガメは満タンだと思いますが…。

 

んで、今月は仕事がキツかったな。休みはあまり取れず、土日もイベント。一つは海外で、時差含め体力的に消耗しました。さらにもう一つは国内でしたが、雷雨により中断、そして中止。お客さんに無事お帰りいただくための準備やクローク対応など、緊急と突発事項が多くて、現場での判断に次ぐ判断で肉体的にも精神的にも参りました。何よりずっと待たされたお客さんが本当に気の毒だったなぁ。ただ、その雨の中、きちんと整列して順番を待つ方々を見ていると、本当に日本人のマナーの良さを感じます。

んで、そのイベントから帰ってきたらすぐに大物外タレの公演が3days、その後は私が個人的に入れていたライブ鑑賞などもあり(これは自業自得)、まぁゆっくり我が家にいたのは1日ぐらいっすかね。今週もまだ10月のイベントや企画の準備が続きます。

 

それに加えて体力を使うのが、我が家のわんこ、すずのすけ。まぁ、元気(笑)。丁度10か月〜11か月ぐらいになるのですが、最近じゃ体力も知恵もついて、言うこと聞かないし、モノ壊す…。結構真剣に怒っても尻尾振ってますからね。タフ(笑)。朝は4時半ごろからソワソワして遅くとも5時には朝の散歩。前の日が遅くったってお構いなし。ま、そうだよね。仕方ない。多分、1日5,6回は外に散歩&プチ散歩に出してるんじゃないかな。嫁も疲弊気味。早く落ち着いてくんないかなと思いつつ、寝顔見てると、まぁいいかと思えてきてしまうのが、惚れた弱みだよなぁと(笑)。ま、すくすく健康にそだってもらうことが第一ですからね。しばらくは頑張ろうと思います。

 

 

あと、ベースネタ的には、お誕生日に1本、自分へのご褒美として(という言い訳ね)買ってしまいました。10万以下の中古品。古いヤツ。tokaiではありません。これはまだ引き取りしてないけど、おいおいご紹介できればと。楽器屋さんで試奏しただけなので、まだ詳細な所感を持つには至っておりませんが、楽しみな個体です。

 

あー、早く10月も11月も12月も終わってお正月にゆっくりしたいなぁ。その前の年末系の予算仕事や家の大掃除は考えないようにしよう…(笑)。

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

Toots Thielemansの訃報。

 

今、大阪の出張先のホテルでこの訃報に接しました。とてもショックです…。

 

2011年にね、来日はラストになるという話を聞きつけ、ブルーノートのステージを観に行きました。そこに出てきたのは普通の優しそうなおじいちゃん。眼鏡の奥の瞳に温和な微笑みを浮かべながら、歩くのは一苦労だったけど、演奏はそれはそれはロマンティックで繊細で、そして知性溢れるものでした。

 

その姿はね、変な話ですが、本当に神々しくて、なぜか演奏を聴きながら、「ありがたい」って気持ちが沸き上がってきました。レジェンドと言われる人をリアルタイムで見ることはほとんどできませんでしたが、この方を拝見できて本当によかったと思います。帰りにCDを買い求めて頂いたサインは宝物になりました。

 

本当に残念です。ただ享年94歳、死因ははっきりしませんが、老衰とお書いてある記事もありましたので、そういう意味では大往生と言えるのかもしれません。

 

素敵な演奏を聞かせてくれたことは多分一生忘れないと思います。

心からご冥福をお祈りいたします。

 

最後に、ライブを拝見した後に書き記したエントリを上げておきます。いま読み返しても、その時の感動やその演奏する姿が蘇ってきます。本当に素敵な思い出をいただきました。

 

心からの感謝を込めて。

 

JUGEMテーマ:音楽

夏になってきてしまう感じの3連休…。

まだ、梅雨明け宣言のない東京ですが、この3連休後半はすでに夏本番とも言えそうな陽気でした。とにかく暑い…。これから先の時期を考えるともう本当にうんざりっす。今週末からフジロックですし、その後も10月末まではいろいろとバタバタしそうです。それが終わるともう年末だし、予算作んなきゃいけないし。その辺の事まで考えると、もう今年も終わりだなぁ、などと思ってしまいます。まだ7月なのに。

 

ということで、この3連休はなんとなく休めたので、個人的には充実してました。

まずは、織原さんと佐藤ハチさんのDUOを拝見できたこと。

 

 

JACOを演る、とのことでしたが、スタンダードやオリジナルもあり、バラエティに富んでました。何よりもハチさんの芸域の広さには脱帽です。当日持ち込んだ機材だけで、ウッドベース、フォデラ6弦、フィリップ・クビキのJB4弦(レア!)、コンパクトベース、アルトサックスにソプラノサックス。すごいよね。それを全部使いましたから。またサックス上手いっす。話を聞くと中学生ごろにブラバンでサックス始めて、エレベは高校になってから。ウッドは大学生になってから。それぞれでプロとして活躍できるクオリティなのですから、やっぱり音楽の神様に愛された人ですよね。BeBopの難しいユニゾンとかもサラッと弾いてらっしゃいしました。

 

織原さんはいつも通りのtokai初号機。ここにきて、育っている感じがしましたね。音に伸びがあるし、聴いてて気持ちいい。しかも本当にグルーヴする4ビート。エレベでジャズをやる見本かもね。尊敬してます!当日は遅刻してきてリハがほとんどできず、ハチさんがご立腹だったことだけ記しておきます(笑)。最後には高橋しょうくんも参加してのセッション。まぁ、皆さん達者ですな。

 

 

イベント終了後は酒飲みながら雑談。ドラム・パーカッションの石川智さんともお知り合いなれて良かった。KORG中原さんともゆっくり話せたし。あとフィリーズの帽子をかぶっていた青年がいたので、「よい帽子をかぶってるね!(jacoが愛用してた帽子)」と声を掛けたら、いきなり「ファンです。ブログをいつも読んでます!」と握手されました。ビックリ(笑)。やっぱりjacoが好きなようでブログも書いているようです。読んでみてくださいな。初号機触って織原さんともお話をして楽しんでいたようです。私もとても楽しんでしまった結果、終電に乗り遅れ途中までしかたどり着けませんでした(笑)。

 

んで、翌日にはマチャさん会がありまして、お呼ばれしてきました。当日参加メンバーはマチャさん、CYCOさん、はたさん、たーみーさんと私。この日のテーマははたさん御所有のU競灰鵐廚了鄙娉颪任垢諭まずはそれぞれがお持ちになったベースなどをつらつらと試奏会。

 

 

はたさんはfenderJVシリアルのフレットレス(右から2本目)にリッケンのクリス・スクワイヤーシグネチャー(一番右)。両方とも完璧な状態。音もいい。家の4号機よりも下があるし、キレますね!リッケンはもうあの音。状態がよくて弾きやすいし、言うことないなぁ。欲しい…(笑)。CYCOさんはまた珍しいSPECTORの後藤さんシグネチャーのプロト品。

 

 

シリアル番号#00番!超イカす。JJレイアウトでしかも超・軽量。本人がモニターとして使っていた逸品なので、出来は言わずもがな。いいもん、弾かせてもらいましたよ!さらにたーみーさんはヴィエレッテの箱モノ。

 

 

 

これね、初めて弾いたのですが、ネックの質感とかいいっすね。シトロンよりは箱モノ感が強くてよりアコースティック。弾いていて全然飽きないの。いい楽器だなぁ。あんまり見かけないけど、もっと普及してもいいのになぁ、なんて思ってました。デザインもいいし(サウンドホール、素敵)。あとはマチャさんちのカスタムショップJBがまたよかったなぁ。ガッツあるJB。音、太いし。

ここのお家は、音楽部屋があって、アンプもキャビも充実。ラインでも音出せるし。こんなお家住んでたら、ここから出ないような気がしますよ(笑)。んで、肝心のU胸鄙娉颪任垢…。コンプマスターのCYCOさん、絶賛(笑)。

 

 

正座してコンプと対面しながら、ツマミ弄って、これは良い!と。私はコンプリテラシーが低いので、細かい部分の言及ができませんが、氏は今まで数々のコンプを所有し、それをwebに上げて、それを指標として色んな方々が活用されてたサイトの管理人ですからね。その辺は本人からいつかレポートがあがるといいなぁと思っております(笑)。私メもオーダーは完了していますので、時期届くと思います。そしたら、つたないレビューをさせてもらおうかと思います。

 

んで、翌日、翌々日とゲストが家に来ましてね。

1人目は酒井太さん。ときどきこのブログにも登場するイケメン売れっ子ベーシスト(笑)。当日は2本、新兵器を持ってきてくれましてね。一つはTOKAIのPB。

 

 

 

いわゆるハードパンチャーですが、ロゴがスパロゴなの。しかも“ハードパンチャー”の文字もCBSロゴじゃないの。さらにネック裏には85のシール。非常にレア。そもそも85っていう型番は80年頃のカタログにひっそり載っているだけで、それ以降には出てないし、色も純正にはないオーダーカラーと思しきメタリックグリーンの落ち着いた色。さらにはピックガードだけ後付で68年?頃のホンモノがついている。見た目、完璧。さらに、弾いてみるとね、どっしりとした良い音がするんですよ。うちの64年と比べても、遜色ない、というかTOKAIのほうがいーじゃねーかと…。ちょっとショックなほど、良かったです…(笑)。

 

あともう1本も非常にレアな個体。カスタムショップのマスタービルダーモノで、5弦、さらにはレリック仕様。

 

 

 

これね、当然一般的なラインではなくて、プロの方のオーダーに基づいて作られたもの。さらにその方がその後も手を入れて、ブリッジや回路も変更されている模様。これがね、本当にいい5弦なんだよね。コッポロなどの5弦はそれはそれでとてもいい5弦だけど、音としてはやっぱりコッポロの音がする。この5弦はfenderの4弦の音がちゃんとする5弦なんですよね。弾いた時のニュアンスも当然fender。いわゆるハイエンド的な弾き心地、軽さはないんだけど、慣れ親しんだfenderの質感はバッチリ残ってる。マジで欲しいとい思いましたよ。こんなの作れるなら、ちゃんとfenderとして出してよ!と思わなくもないですが、元々のオーダーした価格を伺って、いや、それなら私には無理です、と即あきらめがつく金額でした(笑)。とにかく、この2本はいい買い物だったと思いますよ、酒井さん。飽きたら声かけてね(笑)。

 

んで、最後のゲストは先日もうちに来てくれた山本連くん(写真撮り忘れました)。そして前の日から一緒に遊んでいたという理由でドラムの福森康さんも一緒に来ました(笑)。この2人は井上銘さんや類家心平さんと一緒に組むことも多く、この21日にモーションブルーにも出演予定なんですよね。拝見にし伺いますので。

家ではベース弾いて、雑談して、DVD見て、帰っていった感じです(笑)。連くんのために6号機を少し手を入れることにしました。個人的に試したいこともいくつかあるので、その結果を見てまた弾いてみてもらう予定です。早めにあげますので。

 

そんなこんなで、久しぶりにベース的には充実した3日間でしたよ。

 

そうそう、金沢組の方々の楽しそうでしたね!FBをずっとチェックしてましたよ(笑)。盛り上がったみたいですね!またみなさんのお話を聞かせてくださいませ!

 

p.s

すずのすけにも会いに行ってきました。また修行に戻ったのですが、私が行くと本当に喜んでくれて、まったく訓練の成果が出せないという…。興奮しすぎ(笑)。でもうれしい!

 

 

JUGEMテーマ:音楽